えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    ノーマンズ・ランド (ボスニア紛争)

    悲しくなる洋画

    ノー・マンズ・ランド [DVD]
    ポニーキャニオン (2002-12-18)



    出演: ブランコ・ジュリッチ, レネ・ビトラヤツ
    監督: ダニス・ダノヴィッチ

    解説:  1993年6月。ボスニア紛争の最前線。霧で道に迷ったボスニア軍の兵士たち。いつの間にか敵陣に入り込み、気づいたときにはセルビア軍の攻撃が始まっていた。唯一の生存者チキは、なんとか塹壕にたどり着き身を隠す。そこは、ボスニアとセルビアの中間地帯“ノー・マンズ・ランド”。偵察に来たセルビア新兵ニノと老兵士はボスニア兵の死体の下に地雷を仕掛けて引き上げようとする。その瞬間、隠れていたチキが二人を撃ち、老兵士は死に、ニノは怪我を負う。チキとニノの睨み合いが続く中、死んだと思われていたボスニア兵が意識を取り戻し……。(allcinema ONLINE)

    戦争映画は基本的に戦争の不毛さを意識させるものですが、この映画も同様に戦争の不毛さが際立って伝わってきます。しかし、この映画が他と違う点は、凄惨な映像ではなく、ボスニアとセルビアの中間地帯で織りなす人間模様を描くことで戦争を表現していることです。

    ボスニア人兵士のチキとセルビア人兵士のニノは「そっちが悪い」「そっちから始めた戦争だ」と互いにいがみ合い銃を向けあう。仕掛けられた地雷によって身動きの取れないチキの仲間は二人の様子を見て「もうたくさんだ、やめてくれ」と言う。
    3人を助けようとするも紛争に直接介入することのできない国連軍。
    何か特ダネを見つけようとする報道陣。

    戦争の緊迫した状況で何一つかみ合わない人間模様は滑稽でもあり悲惨でもある。
    大した戦闘シーンはないにもかかわらず、戦争の愚かさと悲痛さを描いたこの映画は
    間違いなく名作だと思います。
    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。