えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    南極料理人

    感動できる&笑える邦画

    nannkyoku.jpg


    昭和基地からもはるか遠くに離れた、ペンギンもいなければウイルスさえ存在しない、地の果てにある南極ドームふじ基地。日々研究に励む南極越冬隊員を支えるべく、料理人・西村が単身赴任でやってくる。孤立無援の僻地で、西村はフォアグラ、伊勢エビ、松坂牛など…絢爛豪華な高級食材による数々の料理をふるう! 実話を基に、南極越冬隊の男たちの生活と人間模様を描いたハートウォーミング・ストーリー。


    映画としてどうこうという以前に、なにより実話っていうのがすごい!!
    その状況自体が非現実なんで、なんでも面白く感じてしまう。
    個人的に好きなシーンはピーナッツの箸受け笑
    演出なのか実話なのかわからないけど、家でやりたいなと思いました。

    あときたろう演じるタイチョーが着ているパジャマの柄がホッキョクグマだったのはちょっとおもしろかった。
    でも、こんなところに面白さ感じてるのおかしいよね自分。

    でもいつもエンドロール見てるとスタイリストとか美術スタッフとかフードコーディネーターの人達の名前がいっぱいあって、その人達も自分の個性とかこだわりを映画に反映させているんだなぁ と思うと映画って面白いって思うんです。監督と俳優だけのものかと思いがちだけど、実は裏方の人の力に依るところが多いんだと思います。

    まぁ、やっぱり一番の見どころは料理かな。料理を撮る映画っていいんですよね!!
    本来映画を見てると感情が揺さぶられるものですけど、おいしそうな料理が映画に出てくると食欲っていう人間の本能が揺さぶられるんです。現実に見る以上に映画で見る料理はおいしそうなんですよ
    しかも凝った料理じゃなくてご飯とみそ汁が一番いい!!

    役者がみそ汁すする音がまた心地いいんですよね
    食事は舌と香りだけで取るものじゃないんです。耳と目も相当重要な役割を果たしている!!

    この映画を見てこういう感想を持ちました。

    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。