えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    気球クラブ、その後

    考えさせられる邦画




    基本情報
    出演
    深水元基, 川村ゆきえ, 長谷川朝晴, 永作博美, 西山繭子
    監督・脚本
    園子温
    公開
    2006年
    あらすじ
    二郎(深水元基)が所属する“気球クラブ・うわの空”というサークルには、さまざまな想いを抱いた若者たちが集まっていた。5年後、ガールフレンドのみどり(川村ゆきえ)と微妙な関係を続けている二郎のもとに、リーダー村上(長谷川朝晴)の悲報が入る。これをきっかけに、バラバラになっていた仲間たちが再び集まる。

    予告編を見る

    感想

    よくある青春映画といえばそれまでですが、しかしやっぱり園子温監督が大好きな虚構と現実というテーマが中心になります。


    川村ゆきえは映画に出てもアイドルでしかないなという印象。
    永作博美はやっぱりすごいなという印象。
    石田いっせいはクスリなんかやらなければ良い俳優だと思うんだけどな という印象。

    久しぶりに集まった気球クラブのメンバーが全員でお互いのケータイの連絡先を消すシーンは自分にとっても身につまされる思いがありました。

    ケータイの交換しただけで人間関係が保たれているっていう風に思っているのは、
    明らかに間違いだなぁと思いました。
    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。