えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    紀子の食卓

    考えさせられる邦画

    紀子 ゆか
    基本情報
    出演
    吹石一恵, つぐみ, 吉高由里子, 光石研
    監督・脚本
    園子温
    公開
    2006年
    概要
    "一家団欒"という日常的風景に潜むウソを暴き、家族という虚構を演じる家族を通して、既に崩壊している現代家族の姿を浮き彫りにした衝撃の"ホームドラマ"。大きな物議を醸し出した02年の『自殺サークル』で描いた"ネット自殺"の真相に迫る作品ともなっており、カルロヴィヴァリ国際映画祭特別表彰など、海外の映画祭でも大きな賞賛を浴びた。紀子役を見事に演じ切り、女優として新境地を開いた吹石一恵は、プチョン国際ファンタスティック映画祭で最優秀女優賞を受賞。映画初出演で妹・ユカ役を演じた吉高由里子のフレッシュで個性的な魅力、クミコ役を演じたつぐみの怖いまでの存在感、父・徹三役を演じた日本映画界の名バイプレヤー・光石研の鬼気迫る演技が作品に圧倒的な厚みを与えている。

    予告編を見る

    感想

    この映画好きです。
    愛のむきだし」の園子温監督の2006年の映画ですが、「愛のむきだし」より個人的には面白いなと思いました。

    観ようと思ったきっかけは、渋谷の東急東横店にでかでかとドラマ「美丘」の広告があり、吉高由里子の顔アップを毎日のように見て、「美丘には吉高由里子の良さが出ていない!!」と心の中で叫んでいるうちに、
    蛇にピアス」の吉高由里子が今更になってすごいなと走馬灯のように思うようになり、蛇にピアスをもう一度観ようかと思ったのですが、ARATAのサディストぶりは思い出すだけでブルブルしてしまうので、代わりに何かほかの作品をと思い、この映画に出会いました。

    これがあって今の吉高由里子がいるのかわかり納得です。

    映画の最後では父、紀子、ユカがそれぞれ別々の決断を下し、自分の新たな役割を認識します。
    幸せな家族には一家団欒があり、笑顔があり、会話がある。そういう幸せな家族の輪郭ばかり追い求めて、気がつけば見せかけだけの家族が出来上がった。そんなものは少しの衝撃でいともたやすく崩壊する。

    家出した紀子はレンタル家族の仕事を通して、虚構の砂漠を歩き、その中で自分の役割を見出そうとする。
    ユカもまた紀子を追うように家出をしてレンタル家族の仕事を始める。
    父は家族の再生を求め娘達を探し求める。

    三人がレンタル家族として食卓を囲むとき、虚構と現実がぶつかりあい、三人はそれぞれが新たな出発を誓う。

    紀子は紀子として現実に生きることを誓い。
    ユカは名づけようのない新たな自分に生まれ変わる。
    父はまたゼロから家族を作り上げることを誓う。

    生きることとは役割を演じること、「あなたはあなたの関係者ですか?」
    あなたはあなたという役割を演じきれているのですか?

    世界にはシャンパンを注ぐグラスが必要なように、それぞれが役割を演じなければならない。
    与えられた役割を全うすること、それがたとえ殺人鬼に殺されることでも。

    役割からはみ出た人間は、地球から重力を奪われたように円(サークル)の外にはじかれ、
    ふわふわと虚構の砂漠を泳がなければならない。

    しかし、宇宙に出てはじめて「地球は丸かった」と認識できるように、虚構の世界からしか現実の輪郭は見えないのかもしれない。そのことを体現していたのがこの映画でいう自殺サークルなのだろうか?

    考えれば考えるほどズブズブとこの映画の中にめり込んでいく感覚は他の人にとってみたら、不快なのかもしれません。でも自分はこの感覚が好きです。

    園監督にハマった。
    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。