えんためのぼやき

ペルシャ猫を誰も知らない

悲しくなる洋画

イランロック

解説: 『亀も空を飛ぶ』などのイランのクルド人監督、バフマン・ゴバディが初めて故郷クルドを離れ、大都市テヘランを舞台に描く青春音楽映画。ポップ音楽の規制の厳しいイランで、さまざまな苦労をしながら音楽活動に情熱を傾ける若者たちの日常をゲリラ撮影で切り取る。主演の二人をはじめ、出演者には実在のミュージシャンたちが名を連ねている。ロックやフォーク、ヘビーメタルにラップなどの素晴らしい才能が眠るイランの多様な音楽シーンに驚嘆する。
シネマトゥデイ(外部リンク)

日本にいたらイランの情報なんてテロか石油の話ししかでてこない。
ましてやイランの音楽界の事なんて全く知る由もない。
イスラムの教えにより伝統音楽以外は厳しく統制されるという現状の中
イランの若者たちは、様々な場所で隠れて自分たちの音楽を練習する。

映画では主人公の二人がロンドンに行くためにバンドメンバー探しやコンサートの手配をしていきながら、イランの伝統音楽以外のロックやラップ、ヘビメタなど警察に隠れて活動する若者たちの現在を描いていく。

抑圧されているからこそ彼らの歌詞には説得力があり、メッセージ性がある

音楽への情熱、音楽の力、イスラム社会における自由とは
様々なことを再考させられる映画になっている

別に音楽で革命を起こしたいわけじゃない、ただ音楽を楽しみたいだけなのに、、、

彼らがいつかイラン国内で大観衆を前に胸を張ってコンサートをできる日が来るのだろうか

スポンサーサイト



 
同じカテゴリ内の記事

trackback


コメントの投稿

Secret

Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ