えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    成瀬巳喜男の名作 『浮雲』 

    悲しくなる邦画

    浮雲
    監督…成瀬巳喜男
    出演…高峰秀子,森雅之

    解説:  「めし」「稲妻」の名匠・成瀬巳喜男監督が、とめどなく落ちぶれていく自堕落な男と、そうと分かっていながら結局どこまでも男に着いていってしまうひとりの女の宿命を描いた愛と悲劇の物語。戦時中、赴任先のインドシナで、妻ある男・富岡と出会い愛し合ったゆき子。終戦後、妻と別れて君を待っている、との言葉を信じ富岡のもとを訪れたゆき子だったが、富岡はいつまでたっても態度をはっきりさせようとしない。途方に暮れたゆき子は外国人の愛人となり、富岡のもとを去るのだったが……。(allcinema ONLINE)

    世界の成瀬の名作映画、小津安二郎監督は、『浮雲』を観て「私には撮れない」と言い、成瀬巳喜男監督を絶賛したそうです。是枝監督は「歩いても歩いても」をつくるときは成瀬映画を参考にしたと講義で言っていました。
    成瀬映画はこれが初めて見ました。恋愛映画はあまり見ないからどうなのかな~と思いましたが、すごいって言うのはわかる。

    評論家目線で言うと、カットに無駄がないし、役者の演技がすごい。

    普通目線で言うと、男と女のだらだらした愛が映画としての面白さと、つまらなさの境界線を行ったり来たりしてる感じ。こういう男と女の関係は日本映画でしか、しかも古い映画でしか見れない。だから、逆に自分的にはすごい新鮮に映りました。

    「花のいのちはみじかくて苦しきことのみ多かりき」

    映画の最後は原作者の林芙美子さんの詩で終わります。字のごとく、深い意味はないと思うけど、日本語のこのリズムと映画の空気が合っていて感慨ぶかくなる。

    美しいもの(愛)ほど、もろくはかないもの、もろくはかないからこそ美しい。だから映画になる。

    日本だな~

    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。