えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    ONCE ダブリンの街角で

    感動できる洋画




    解説: アメリカでわずか2館の公開から口コミで動員数を増やし、最終的には140館での上映となった話題のラブストーリー。ダブリンの街角で出会ったストリート・ミュージシャンと音楽の才能を持つチェコ移民の女性が、音楽を通して惹(ひ)かれ合っていく様を描く。アイルランドの実力派バンド、ザ・フレイムスのフロントマン、グレン・ハンサードが主人公の男を演じ、同バンドの元ベーシスト、ジョン・カーニーが監督。男女のドラマを音楽に乗せて展開させる、ロマンチックな作品に仕上がっている。(シネマトゥデイ)

    あらすじ: ダブリンの街角で毎日のようにギターをかき鳴らす男(グレン・ハンサード)は、ある日、チェコ移民の女(マルケタ・イルグロヴァ)と出会う。ひょんなことから彼女にピアノの才能があることを知った男は、自分が書いた曲を彼女と一緒に演奏してみることに。すると、そのセッションは想像以上の素晴らしいものとなり……。
    (シネマトゥデイ)

    歌がまず良い! ストーリーもダブリンの空気感や歴史と現実を切り取っていて悪くない!
    製作費が1800万という事で映像が安いというかドキュメンタリーっぽくて最初は映画として不安になりましたが、
    二人のセッションシーンでそんな不安は吹き飛びました。
    こういう映画が日本にまで広がって観れるというのはホントに今の時代のグローバルの力ですね。

    いい歌や映画というのはなんとか世の中に出せば正当に評価されるもんです。

    ただ主人公の男の人は髭を剃った方がかっこいいんじゃないのかな?
    アイルランドだけにアイリッシュウルフハウンドに似てましたけどね笑

    髭の人
    ウルフハウンド.
    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。