えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    リトル・ミス・サンシャイン

    笑える洋画

    リトル・ミス・サンシャイン [DVD]
    20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2009-11-20)



    出演: アビゲイル・ブレスリン, グレッグ・キニア, ポール・ダノ, アラン・アーキン, トニ・コレット
    監督: ジョナサン・デイトン, ヴァレリー・ファリス

    小太りの眼鏡っ子、オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は美少女コンテストで優勝すること。地方予選で繰り上げ優勝した彼女は、独自の成功論に取りつかれる父リチャード(グレッグ・キニア)や母のシェリル(トニ・コレット)、自殺を図ったゲイの伯父フランク(スティーヴ・カレル)らと車で決勝大会の会場を目指す。

    いやぁ、面白い映画でした。
    初め10分の印象は陰欝な映画かなと思ったけど、後半にかけて笑えて、気持ちよくなれる映画です。

    自分の自己啓発本の出版に躍起になる父親は家庭内でも自分の成功論を振りかざし、勝ち組だの負け組だのとウザい
    最悪だ

    母親は働き常にいそいそとしてウザい父親と口げんかの日々
    最悪だ

    自殺未遂で鬱気味のため療養に来たゲイの伯父
    最悪だ

    ヘロイン中毒の変態エロじじぃ
    最悪だ

    空軍学校に入るための願掛けで9ヶ月間家族と口を一切きかない息子
    最悪だ

    地元の美少女コンテストで繰り上げ優勝しカルフォルニアの本大会に燃える娘のオリーブ
    天使だ こんな家庭にも天使がいた

    とにかく最初の印象は最悪なんだけど、それがどんどん面白く愛らしくなってくる。
    オリーブのためにカルフォルニアに家族総出で行く
    車はオンボロの黄色いバンのため、途中で壊れてしまう。
    みんなでバンを押して加速しなければギアが入らないという状況で家族はいつの間にか団結していく

    美少女大会の様子はとんでもなく面白くて、なんだいい家族じゃないかと錯覚?してしまう笑

    コメディぽいんだけど家族だとか社会だとかの在り方を考えてしまう映画です。

    まぁ、そんなこと考えるのも馬鹿らしくなるぐらい面白いからいい映画なんだと思います

    リトルミスサンシャイン
    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。