えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    しゃべれどもしゃべれども

    感動できる&笑える邦画

    基本情報
    出演
    国分太一.香里奈.森永悠希.松重豊.八千草薫.伊東四朗
    監督
    平山秀幸
    脚本
    奥寺佐渡子
    原作
    佐藤多佳子
    公開
    2007年
    あらすじ
    思うように腕が上がらず、壁にぶち当たって悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)。そんな彼の教室に、無愛想で口下手な美女・十河五月(香里奈)、大阪から引っ越してきたものの、勝ち気なためにクラスに馴染めない小学生・村林優(森永悠希)、毒舌でいかつい面相の元野球選手・湯河原太一(松重豊)が通い始める。

    予告編を見る

    感想

    落語好きな人も聞いたことないっていう人も楽しめる映画です。 自分は落語を良く聞くのでなおさら好きな映画です。 落語聴くって言っても寄席とかに行くのではなくて、i-podのオーディオブックで聞きます。現代っ子なので笑

    映画でピックアップされていた演目の「饅頭こわい」と「火焔太鼓」は自分の好きな演目だったのでテンションあがりました。耳で聞くだけで、実際にみたことないのでホントに落語見に行きたいです。 落語を一緒に行ってくれる人周りにいませんが…

    映画のストーリーに特に面白みはないんだけど、落語を通して人が変わっていくという事には共感できます。 実際、落語にはそういうパワーがあると思います。何度聞いても面白いし たぶん自分が話す事を多くの人に聞いてもらうという状況が凄く特別な事なんだと思います。しゃべくりが上手な人って、すごく心に不安を抱えている人が多いような気がしてて、不安を拭う為にしゃべるってるじゃないのかなと思う事があります。一方で対人関係に不安を持っていてしゃべる事が苦手な人って実はとても正常なんじゃないかなとも思います。それは不安の克服方法が後者の方が明確だからってことなんですが… とりあえず落語ききますかっ! 落語もっと若い人に広まってほしいですね

    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。