えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    重力ピエロ

    考えさせられる邦画

    重力ピエロ 特別版 [DVD]
    角川エンタテインメント (2009-10-23)

    基本情報
    出演
    加瀬亮, 岡田将生, 小日向文世, 鈴木京香, 吉高由里子
    監督
    森 淳一
    脚本
    相沢友子

    原作
    伊坂幸太郎
    公開
    2009年
    あらすじ
    遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では、謎の連続放火事件が発生していた。泉水と春は事件に深く踏み込み、家族を巻き込みながら次第に家族の過去にも近づいていくのだが……。

    予告編を見る

    感想

    「Laundry」の森淳一監督は、多くの伊坂作品の映画化が特異な物語だけを語ろうとして失敗している轍を踏まず、謎解きミステリーとしての仕掛けはほどほどにして、演技の質を高めることで登場人物に深みと奥行きを持たせるという映画作りの基本を真摯に実践し、型破りな物語に説得力を持たせることに成功した。芝居の見応えで堪能させる近年の日本映画には極めて珍しい快作である。(江戸木純)

    ↑確かに伊坂作品の「陽気なギャングが地球を回す」の映画版はどんなに寛容になっても"う~ん"となってしまう作品だったけど、重力ピエロは原作での様々なミステリーの伏線はほどほどにして、人物の描写が丁寧に描かれていたと思います。
    ただ、兄の泉水は自分的にはもっと毅然としていて弟の春とは両極をなすようなリアリストっていうイメージがあったからなんか加瀬亮のキャラとはちょっと違ってるんだよね

    伊坂作品は原作読んでから映画観ようって決めているのでやっと重力ピエロ観れました。
    タイトルの重力ピエロの意味は共感できました。
    空中ブランコをするピエロに重力なんて関係ない

    「楽しそうに生きていれば、地球の重力なんてなくなる」

    つまり、悲しいこと、つらいこと、苦しいことはホントは陽気に伝えなければならないということ
    久居譲さんの言っていた「シリアスなことほど、笑いがないと人の心に残らない」という言葉とリンクしていて、うんうんとうなずきました。

    伊坂作品はセリフが含蓄に富んでいるから面白いんですよね
    文学好きの人は内容が軽いとか言いますけど、僕はすごい伊坂ワールド好きです。

    ずっと、どこかの壁にグラフィティアート描きたい欲求がありましたが、この映画みて町中の落書きを消したい欲求に変わりました。犯罪因子の僕を救ってくれたありがたい作品です笑

    加瀬亮 岡田将生
    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    -

    管理人の承認後に表示されます

    コメントの投稿

    Secret

    tom said:

    No title

    訪問ありがとうございました。

    重力ピエロは
    大好きな映画です(^^)
    セリフや登場人物達が好きで
    何度も見てます。

    原作はまだ読んだ事ないので
    読んでみようと思います*
    ぷっつん said:

    Re:

    コメントありがとうございます!

    伊坂作品は是非本を読んでみてください!
    読みやすいし、面白いのでハマると思います。
    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。