えんためのぼやき

のぼうの城 / 根っこがしっかりでくのぼう

感動できる&笑える邦画

entry_img_249.jpg

基本情報

出演 野村萬斎、佐藤浩市、山口智充、成宮寛貴
監督 犬童一心、樋口真嗣
公開 2012年
あらすじ 天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。その城には領民からでくのぼうをやゆした“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親(野村萬斎)という城代がいた。

予告編を見る

感想

戦国歴史エンターテイメントという枕詞通りの超大作! 犬童一心監督がこんな壮大な歴史映画を撮るなんて、一流の街大工さんがゼネコントップになるみたいな変わり身でしょうか。いや違うか…

さらに同じ監督クレジットに名前を載せているのがガメラの特撮監督だった樋口真嗣さんです。 特撮博物館の衝撃もさるとこながらこの映画のCGやら特撮やら、あんまり意識的に見ていなかったのですが、たぶん凄かったと思う!

そして何より素晴らしかったのが野村萬斎さん! 萬斎さんが映る画面が無条件で楽しいものに見えるという伝統芸能の魔法にかかりました。 萬斎さんが演じた成田長親は個人的にとても大好きなリーダー像を体現していて、究極の「軽い男」なんです。 自分のルールブックにあれこれ経験則を書いてはいるけど、最後の一文に「このルールブックは必ずしも正しいとは限らない」という但し書きを太字でかけてしまうような「軽さ」と「正直さ」を持っている人間です。

sub1_large.jpg sub2_large.jpg

彼は名君かくあるべきという概念に縛られていないので、頭が柔らかい。それゆえ伝統や常識を破ることを何とも思いません。その分、側近の家臣たちは大変ですが、彼はどうしても憎むことのできないピエロキャラなのです。しかも、そんな役柄に拍車をかけて萬斎さんがピエロ顔でピエロ声なのです。もう「ピエロの城」なんです。 この役柄はホントに萬斎さんの面目躍如で、これが「芸能」なんだなぁと実感できました。 萬斎さんの為の当て書き映画をもっともっと観たいと思いましたね。

他にもお笑いのぐっさん演じる柴崎和泉守がゲームのキャラみたいに愛嬌があり、マスコット的立ち位置なのがはまり役です。 また佐藤浩市さんが往年の三船敏郎に似ていて、意識してるのかなぁと佐藤浩市さんが映る度に 何回も頭をよぎりました。

スポンサーサイト
 
同じカテゴリ内の記事

trackback


のぼうの城

期待どおり楽しめた作品で、キャスティングがイイ!

のぼうの城

 『のぼうの城』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作は、1年前に劇場公開される予定だったものが、3.11によって今頃公開の運びとなったものです。  物語の舞台は、およ

のぼうの城

「忍(おし)城」(現在の埼玉県・行田市)城主の従弟で、病の父に代わり城代を務める成田長親は、領民から“のぼう様(でくのぼうの意)”と呼ばれ親しまれていた。 天下統一目前...

まとめ【のぼうの城 / 根っこ】

基本情報 出演 野村萬斎、佐藤浩市、山口智充、成宮寛貴 監督 犬童一心、樋口真嗣 公開 2012

映画:のぼうの城

 “戦いまする”という台詞が印象的。歴史物は苦手なので躊躇していたのですが、評判もいいし見に行くことに。そんなわけで今回の記事はのぼうの城です。

のぼうの城(2012-144)

のぼうの城 MOVIX川口 天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には 最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。 その城

コメントの投稿

Secret

Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ