えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    アウトレイジ ビヨンド / おい、大友!

    怖くなる邦画

    entry_img_248.jpg

    基本情報

    出演 ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、松重豊、小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾彬、神山繁
    監督 北野武
    公開 2012年
    あらすじ 関東最大の暴力団組織・山王会の抗争から5年。関東の頂点を極め、政治の世界に進出するなど過剰に勢力拡大を進める山王会に対し、組織の壊滅を図る警察が動き始める。関西の雄ともいえる花菱会に目をつけた警察は、表向きは友好関係を保っている東西の巨大暴力団組織を対立させようと陰謀を企てる。そんななか、以前の抗争中に獄中死したはずのヤクザ・大友が生きていたという事実が持ち出され、突然出所を告げられる。

    予告編を見る

    感想

    こんなもんよく撮れたな、この野郎…、少しぐらいシラけさせろや。

    任侠映画や仁義なきシリーズは全く見たこと無いのですが、アウトレイジは間違いなくヤクザ映画史の大きな柱の一本になったんだろうなと感じました。この映画はいわゆる暴力の無常感とか虚無感とかを描いているわけでは無くて、たけし視点で観たヤクザの人間観察のようなものなのかなぁと思います。 ヤクザたちはきっと麻薬や覚せい剤を服用せずに、脳内にノルアドレナリンを分泌して闘争本能を高める事が出来るんですよね。ホルモン分泌ための自己暗示の言葉として声量を上げて「がたがたうるせぇな! この野郎ぅ!」と啖呵を切って脳内麻薬に身をまかせるんだろうなぁと。そこだけ見れば超人として畏敬の念でも抱いてしまいそうです。そしてまた、そういうセオリーで動いている人たちの中にいるからこそ啖呵を切らない無言のヒットマンが異様にカッコよく見えて来て、ちょっとしたヒーローに見えてしまうというエンターテイメントのカラクリにも面白いなと感じずにはいられないわけです。 (高橋克典はクソほど良い役貰ったな、この野郎ぅ!)

    outrage1.jpg outrage2.jpg

    また、今回は人の消し方が一段とクリエイティブなところがあって、不謹慎極まりないと感じつつも、自分の事で無い限り娯楽として処理できてしまうのが人間なんだなぁと実感です。そんな人間の不道徳な性分に否応なく対面させられるこの暴力映画を貴重な映画体験として受け入れることにします…

    しかし、受け入れると言いつつも、そう簡単には礼賛しちゃダメだよね!?っていうギリギリで着地出来ない感覚もあったりして、そういうのを含め、改めて秀逸な映画なんだなぁという確信を強めつつもあります。

    こういう暴力映画が刺激する人間のエゴイスティックな感性はあと何世代後かの人間には無くなるものなんでしょうか?そういうのが最近気になります。

    余談

    映画を観終わってから金田時男さんという素人があのキーパーソンを演じていたという情報を知って驚きました。 (素人があんなオーラで演じたらプロの役者のメンツ立たねぇじゃねぇか!?どう落とし前つけんだ、バカ野郎ぅ!)

    ↑こういう文体で書きたい病に駆られるのは赤ん坊に反射的に笑顔返ししてしまうのと同じくらい自然なことだと思ってますけど (`^´)

    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    アウトレイジ ビヨンド

    Data 監督 北野武 出演 ビートたけし  西田敏行  三浦友和  加瀬亮  中野英雄  松重豊  小日向文世 公開 2012年 10月

    アウトレイジ ビヨンド

    5年前の抗争後、関東最大の暴力団“山王会”の新会長に就任したのは加藤だった。 山王会の力は今や政界にまで及んでおり勢力は拡大するばかり。 巨大ヤクザ組織の壊滅を企てる警

    まとめ【アウトレイジ ビヨン】

    基本情報 出演 ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、松重豊、小日向文世、高橋克典、

    コメントの投稿

    Secret

    空夢 said:

    No title

    ぷっつんさん「アウトレイジ ビヨンド」楽しまれたようですね。
    今回もやはり殺し殺されのハイテンション作品でしょうか。
    前作は途中で「これってコメディ??」と思わされるくらい
    この人達のスイッチの入り方にいい意味で呆れるばかりでした。(笑
    今回は高橋克典さんが良い役をもらっているようですね。
    高橋さんは意外と良い役者さんなのに、それを活かせる役柄に
    あまり恵まれていないなあ・・・とかねがね思っていたので
    ついに来たか!と言う感じで記事を読ませて頂きました。
    楽しみです。

    北野映画は見終わったあと
    煙に巻かれた(言い方が少し違うかもしれませんが)感じを受けるのは
    なぜなんだろう・・・。^^;

    「がたがたうるせぇな! この野郎ぅ!」☆☆☆!!
    私も一度言ってみたいです。^^
    ぷっつん said:

    ≫空夢さん

    もちろんハイテンションではあるんですけど、同時に廃テンションみたいな印象もあったりします。
    たけし演じる大友が少しトーンダウンしているところがあるので。
    あと高橋さん自体はこの役に欲求不満かもしれません 笑

    > 北野映画は見終わったあと
    > 煙に巻かれた(言い方が少し違うかもしれませんが)感じを受けるのは
    > なぜなんだろう・・・。^^;

    煙に巻かれた感じ、分かる気がします。自分の世界とかけ離れているのに、同じ日本人が演じる世界だから上手くどん引き出来ない感じですかね?

    > 「がたがたうるせぇな! この野郎ぅ!」☆☆☆!!
    > 私も一度言ってみたいです。^^

    落ち着きましょう笑
    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。