えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    夢売るふたり / 夢ってぼやけた輪郭でしかない

    考えさせられる邦画

    entry_img_240.jpg

    基本情報

    出演 松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、木村多江、安藤玉恵、江原由夏
    監督・脚本 西川美和
    公開 2012年
    あらすじ 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。店は小さいながらも順風満帆だったが、火事で全てを失ってしまう。ある日、貫也は常連客と一夜を共にし、すぐに里子の知るところとなるが、その体験から里子は女性達からの結婚詐欺で金をだまし取ることを考案する。

    予告編を見る

    感想

    オリジナルの脚本で勝負できる数少ない人物である西川美和監督の作品という事だったので、 さっそく観に行きました。 西川監督と言えば、これまで「蛇いちご」「ゆれる」「ディアドクター」といった作品の中で、人間の根っこの部分にある奇妙な自意識をその巧みなストーリーと映像の中で表現していました。そして、今作の「夢売るふたり」でもその練り込まれた脚本の中に人間の奇妙で滑稽な自意識を描いています。

    これまでの作品では胃が重くなるような男性心理をえぐり出していましたが、今回は夫婦の関係性、とりわけ女性心理をえぐり出しています。女性である西川監督が描く女性心理である以上、男の自分からすると有無を言わさず肯定しなけらばならないものなんじゃなかろうか、というある種の強迫観念がありまして、もちろんそれにあがなう気もさらさら無く、受け入れる事しかしませんが、一つ男が言える事があるとすれば、「浮気はアカンのです」という事でしょう。

    そして、もう一つどうしても感じてしまうのは人間誰しも「幸せ」っていう言葉にとても縛られているよなぁという事です。 ただ、実際多くの人が求めているのはその「幸せの輪郭」であって必ずしも「幸せの本質」までは見つめきれていないんだよなぁと。 幸せの輪郭と本質の不一致に振り回されてしまう、もしくは気が付いてしまう人は決して不健全な人ではないのに、集団心理の社会がその人達を不健全な人にしたがっているのは間違いだよなぁと、この映画を観てつくづく思いました。

    夢売るふたり1 夢売るふたり2

    また、個人的にこの映画を観て連想せずにいられないのが犯罪に関わる女性心理を考察している中村うさぎさんです。うさぎさんは東電OL殺人事件や木島香苗事件といった女性が関わる犯罪を通して女性達の心理の奥底を考察しています。幸か不幸か僕はうさぎさんの著書を何冊か読んでしまい、女性性に潜む難解さに圧倒された事があります。女性に限らずだと思いますが、人間の表側というのは裏側の正反対なのではなく、裏側に連続して現れている部分だったんだという事、要するに人って無自覚の差別意識や偽善やプライドにむちゃくちゃ支配されながら生きてるんだなという事をうさぎさんの文章は自身の体験から明らかにしています。

    その著書の中で一つ印象的な文章を引用すると、

    他人を侮蔑することで自分のプライドを支える、というのは、弱い人間が誰しもやってしまう自己正当化である。その卑劣な防衛手段を無自覚にやらかしてしまう人間は、果てしなく弱者を踏みにじり続ける。己のちっぽけな自我を守るためだけにね。(引用:『セックス放浪記 』)

    いじめ問題にも通じる心理だと思いますが、この映画にもこの文章が言うところの本質が重なっている部分があります。しかし、この映画での当事者はあくまでも個人ではなく夫婦という共同体です。つまり両者にはプライドの尺度や矛先に違いがあり、そこに多くの相入れない葛藤が存在していて、そこが映画として一つの見所です。また、侮蔑のまとになるべき他人との関わりの中に、夫婦それぞれが違った形で没入していく姿が描かれています。つまり、主人公の夫婦は自分達が他人にやっている事に対して決して無自覚なわけではないのです。その点が「夢売るふたり」という柔らかいタイトルからも解るように、夫婦を単なる冷酷詐欺人間とは思わせずに、生身の人間感を感じさせてくれるところでした。

    中村うさぎさんが人間、特に女性が陥る心の闇の真実を突き詰める達人であるとすれば、西川監督はその殺伐とした真実に少しの希望を持たせて娯楽にしてくれる達人という感じでしょうか。一人一人の登場人物に対するこだわりというか愛情というか、そこがやはり徹底しているからこそ描けるんだよなと思います。

    人によってはエピソード詰め込み過ぎだよと思う人も居たと思いますが、僕は西川監督も中村うさぎと同じライン上の人だったかという邪推が出来ただけで充分楽しむ事が出来ました笑
    西川監督が女王様という敬称で呼ばれる日も近いかもしれません。

    その他にも里子の身辺について様々に邪推を巡らせる事も一つの楽しみ方なのだと思います。で、最後の里子がいる場所は何かのメタファーなのかなぁと思い巡らしてますが、わかんないままです。脚本主義の監督だから必ず意味がありそうなんですけど、単行本にはヒントが描かれてそうですね。

    余談

    随分前に香川照之が雑誌の連載の中で「西川美和は怪物だ」と、とても邪悪な趣旨で書いていたのは単なる冷やかしではなく、正直な観察記録だったのだろうなぁと今更納得しました。

    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    夢売るふたり

    東京の片隅で小料理屋「いちざわ」を営んでいた夫婦、貫也と里子は、火事ですべてを失ってしまう。 再び自分たちの店を持つという夢を諦めきれないふたりだったが、資金は簡単には...

    『夢売るふたり』

    □作品オフィシャルサイト 「夢売るふたり」□監督・脚本・原案 西川美和□キャスト 松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、木村多江、安藤玉恵、       江原由夏、...

    夢売るふたり

    人間最大の謎は、男と女 製作年度 2012年 上映時間 137分 映倫 R15+ 脚本 監督 西川美和 出演 松たか子/阿部サダヲ/田中麗奈/鈴木砂羽/木村多江/伊勢谷友介/古舘寛治/小林勝也/香川照之/笑

    「夢売るふたり」感想(簡易版)

     「ディア・ドクター」の西川美和監督・脚本・原案。阿部サダヲ・松たか子主演。東京の片隅で、ふとしたきっかけから結婚詐欺をはじめた夫婦の悲喜を描く、クライム(?)ストーリ...

    映画:夢売るふたり 徐々に壊れていく、松たか子。

    西川美和の待望の新作。 というのは当ブログでは、 (2009年07月21日)映画:「ディア・ドクター」 評判に違わぬ、日本映画を切り拓く一作 (2009年08月03日)西川美和監督作品「ゆれる

    夢売るふたり(2012-115)

    夢売るふたり MOVIXさいたま 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。 店は小さいながらも順風満帆だったが、火事で全てを失ってしまう。 ある日

    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。