えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    アタック・ザ・ブロック / スケール感に感動

    青春の洋画

    entry_img_232.jpg

    基本情報

    出演
    ジョディ・ウィッテカー、ジョン・ボヤーガ、アレックス・エスメイル、フランツ・ドラメ、リーオン・ジョーンズ
    監督・脚本
    ジョー・コーニッシュ
    公開
    2012年
    あらすじ
    「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のエドガー・ライトが製作総指揮を務め、ニック・フロストが出演。新人ジョー・コーニッシュ監督が手がけたSFパニックアクション。ロンドンの貧しい公共団地で荒んだ生活を送る不良少年たちは、毎晩騒いでは住民を困らせていた。そんなある日、街に凶暴なエイリアンが襲来し、不良少年たちは家族や友人を守り、街を救うために立ち上がる。

    予告編を見る

    感想

    タランティーノ監督が選ぶ2011年ベスト映画第7位にランクインしたこの映画、カジュアルに映画を消費したい人やサブカル好きの人達に結構おすすめかも。

    すっごくB級映画だけど決して退屈はしない、それはたぶんエイリアンに襲われる不良少年達の頼もしさと頼りなさが行ったり来たりしているために、どういう展開になるのかが一見簡単にわかりそうなのに実際はよくわからなかったからだと思う。さらに、エイリアンが強いのか弱いのかよくわからないし、怖い奴なのか怖くない奴なのかでさえもよく解らない。普通なら一番凝りそうなところであるエイリアンの実像をあえて曖昧にしているおかけで不良少年たちの一挙手一投足を全力で面白がる事でしかこの映画を楽しめないと気づき、注意力散漫にならず楽しみポイントにしっかりと集中する事が出来る。

    アタック・ザ・ブロック アタック・ザ・ブロック

    そして、なにより団地という極めて小さなコミュニティで繰り広げられるスケール感の小ささがちょうどいい。言うなれば39℃くらいの熱すぎずぬる過ぎずの湯船のちょうどよさだった。

    この世界観のスケーラビリティをここまで一貫して小さいままに保てる演出力をみると一流のB級映画と言っても過言ではないかもしれない。 いや、、、過言か。

    ともあれこの映画が持つ後味はかなり独特だし、やり尽くされた感のあるエイリアン襲撃映画の中でも群を抜いてスケール感が小さくまとまってる事に、人によっては感動すら覚える事があるかもしれない。

    物語としては極めて単純でわかりやすいんだけど、同じジャンルの映画と比較した時に、この映画の場合は作品としての立位置が妙に異質というか、他に類をみないというか、そんな映画だった。これは凄い映画という事なのだろうか? 誰かにこの心許ない疑念を確信に変えて欲しい。

    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    まとめtyaiました【アタック・ザ・ブロック / スケール感に感動】

    基本情報 出演ジョディ・ウィッテカー、ジョン・ボヤーガ、アレックス・エスメイル、フランツ・ドラメ、リーオン・ジョーンズ 監督・脚本ジョー・コーニッシュ 公開2012年 ...

    アタック・ザ・ブロック

    Data 原題 ATTACK THE BLOCK 監督 ジョー・コーニッシュ 出演 ジョディ・ウィッテカー  ジョン・ボイエガ  アレックス・エスメイル  サイモン・ハワード  ニック・フロスト 公開 2...

    アタック・ザ・ブロック

    エドガー・ライト製作総指揮によるSFパニック・アクション。 ガイ・フォークスの夜、団地の悪ガキたちがはからずもエイリアンと戦うというのが面白い作品なんですが、悪ガキたちは

    コメントの投稿

    Secret

    空夢 said:

    No title

    「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たち・・!」は
    大好きな映画です。
    最近サイモン・ペッグとニック・フロストが出演の
    「宇宙人ポール」を期待大で見ましたが
    ちょっと以前の2作品と違うなあ・・・とテンションが下がりました。
    やっぱりエドガー・ライトさんがらみでなかったからでしょうか。。。

    ところで、エドガー・ライトさんがらみのこの作品
    面白そうですね。
    絶対見逃せません!わくわく^^
    ぷっつん said:

    Re: No title

    実はまだホットファズとショーンみてないんですよねー。
    空夢さんイチオシなら、観るモチベーション急激に高まりました!

    ポールに無くてアタックザブロックにあるものがあるとすれば、
    それはイギリスという国の不完全さを赤裸々に表しているという事かもしれません。
    紳士なイギリスというイメージとは違う、ファンキーでガサツで理不尽なイギリスがうっすらと見える気がします。
    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。