えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    映画「モテキ」 / 最強の女優達が共演

    感動できる&笑える邦画

    entry_img_225.jpg
    基本情報
    出演
    森山未來、長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子、新井浩文、金子ノブアキ、リリー・フランキー
    監督・脚本
    大根仁
    原作
    久保ミツロウ
    公開
    2011年
    あらすじ
    派遣社員を卒業し、ニュースサイトのライターとして正社員になった幸世に、ある日突然「第2のモテキ」が到来。新たに目の前に現れた女性たちと過去の女性たちとの間で揺れ動く幸世は……。

    予告編を見る

    感想

    毎年必ず「100年に一度の味わい」が大量生産されるボジョレーヌーボー。

    それと同じように芸能界に毎年出現する期待の俳優達。

    競争の激しい世界にもかかわらず、原価償却のスピードもとてつもなく速い世界に身を置く俳優達だが、この映画「モテキ」の俳優陣の中で個人的に2人の傑出した存在を再確認した。

    まず第一に長澤まさみはやはり最強だという事、彼女は間違いなく100年に一度、と冠しても何ら遜色の無い女優だと思った。演技力とかではなく、その存在として。

    そして、個人的に最も光輝いていたと思う人、それは麻生久美子だ。やはり演技力云々の議論を超えた上で、その存在として輝いていた。

    moteki2.jpg moteki4.jpg

    もちろんこの二人の存在感は大根ひとし監督の秀逸な演出力によってデフォルメされたものなんだけど、それを自覚した上でも圧倒されてしまった。 しかし、よくよく考えれば、この二人に対して抱く特別感は森山未来の演じた幸世の感情をそっくりそのまま自分の感情へコピー&ペーストしただけで、大根ひとし監督の演出にどっぷり浸かったという事を意味している。そんな事を考えてしまうと急激に冷めて来てしまうので考えないようにしているが、やっぱり大根ひとしも凄いと言わざるを得ない。

    物語の内容としては、男のエゴイスティックな妄想でしか無いんだけど、やはり大根ひとし監督の演出によって侮蔑感なく平穏に興奮できるものだった。あとそれぞれのシーンが良い意味で既視感があったように思う。色んな映像作品の面白いシーンや凝った演出がちりばめられているんだろうなと感じる事が沢山あった。この映画は「クリエイティブは模倣だ」という事を最大限に表明してくれているんじゃないかなと思う。 現代の日本の娯楽映画としてはかなり面白い作品だった。

    ただし、後半でリリーフランキーが麻生久美子に掛けた言葉は自称セックスコンサルタントのイタイ男みたいで要らないと思った。あそこでリリーさんのあのキャラが無駄におとしめられた様な気がする。それが狙いなんだろうけど…

    moteki1.jpg moteki3.jpg
    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    こでんまる said:

    No title

    麻生久美子さんにも注目します!!
    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。