えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    トウキョウソナタ

    考えさせられる邦画

    トウキョウソナタ [DVD]
    メディアファクトリー (2009-04-24)



    監督・脚本/黒沢清
    CAST/香川照之, 小泉今日子, 小柳友, 井之脇海, 井川遥, 津田寛治, 役所広司


    健康機器メーカー、総務課長として働く佐々木竜平は、人事部に呼び出され、リストラを宣告される。突然の出来事に、呆然としたまま帰宅するが妻、恵にリストラされたことを言い出せなかった。夕食時、小学校6年生で次男の健二はピアノを習いたいと言い出すが、竜平は反対。翌日から、会社に行くフリをして、毎日ハローワークへ通っていた。ある日、大学生の長男・貴が、世界平和のためにアメリカの軍隊に入りたいと言い出す…。


    個人がバラバラでそれぞれ秘密を持っている家族。
    でも、決して家族として破たんしているとは思えなかったです。
    家族ゲームでは松田優作によって家族はぶち壊されますが、このトウキョウソナタでは
    それぞれがそれぞれのコミュニティの中で自壊していきます。
    その様が怖いけど、よく描けていると思います。
    この映画のキャッチフレーズが
    「ぼくんち、不協和音」
    これがはまってました。監督が考えたのか、宣伝マンが考えたのか
    わからないけど

    不協和音とは、
    もっとも単純には、協和音は「きれいな和音」、不協和音は「濁った和音」と説明される。たびたび見受けられる誤解が、不協和音を「不快な」和音として理解することである。今日最も一般的に聴かれている不協和音は、決して「不快な」和音ではない。

    「濁ってるけど不快ではない音」

    まさにこの映画の中の家族はそんな良いとも、悪いともいえない
    不思議な連帯感がありました。
    それが現代の家族というコミュニティの姿なのでしょうね

    黒沢監督の映画は考えれば考えるほど深みにはまります。
    黒沢監督が話す特別授業受けたことあるんですけど、
    映画は「現実」と「非現実」描くっていうのを連呼してて、
    THE映画監督っていうくらい変な人でした。
    でも、天才ですね。やっぱり
    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。