えんためのぼやき

映画「存在の耐えられない軽さ」

考えさせられる洋画

entry_img_218.jpg
基本情報
出演
ダニエル・デイ=ルイス、ジュリエット・ビノシュ、レナ・オリン
監督
フィリップ・カウフマン
脚本
ジャン=クロード・カリエール、フィリップ・カウフマン
原作
ミラン・クンデラ『l'Insoutenable légèreté de l'être』(The Unbearable Lightness of Being)
公開
1988年
概要
「ライトスタッフ」で一躍有名になったP・カウフマンが68年のチェコ動乱、いわゆる“プラハの春”を題材にして描いた超大作。若者の間に芽生えた民主化要求の波がソ連軍の軍事介入で圧殺されていく中、プレイボーイの医師と二人の女の青春が鮮烈に描かれる。古いニュース・フィルムと本編の画調を完璧に合わせるという離れ技を、ベルイマン作品で鳴らした名カメラマン、スヴェン・ニクヴィストが見事にやってのけている。
あらすじ
有能な脳外科医で女好きのトマシュは、画家のサビーナをはじめ多くの女性たちと自由な関係を楽しむ奔放な独身生活を謳歌していた。そんなある日、ウェイトレスのテレーザと出逢い、同棲生活を始めるトマシュ。それでも彼の女癖は相変わらずだった。ソ連の軍事介入により、ジュネーブへと逃れる2人。しかし、テレーザはトマシュの女癖に堪えられずプラハに戻ってしまう。彼女を追ってトマシュもプラハに戻るのだが…。

予告編を見る

感想

「存在の耐えられない軽さ」
何だこの重々しいタイトルはっ!とまず思いますよね。果たしてこの映画を観てこのタイトルが言わんとしている事を理解できるのだろうか、と非常に疑心暗鬼になる哲学的なタイトルです。しかし、物語は決して重々しいものではなく、男女の恋愛を通して、人間の生き方を再定義してくれる作品だと思います。

女性との交際においていわゆる自由奔放な「軽い男」と、そんな自由さに惹かれるものの、その[軽さ]をしだいに耐えられない[重荷]に感じてしまう「重い女」。この両者の軋轢、すなわち、お互いが感じる人生の重みの違いというのは、離婚していく夫婦がよく口にする「価値観の違い」とも表現できるのかもしれません。一般的な感覚として「軽い」というのは、チャラいという言葉と重なって、軽んじられます。しかし、この映画での「軽い」の意味としては、中身がスカスカということではありません。これは当時、力を持っていた思想に迎合せずに、自分の自由意思で生きて行こうとする人間の身のこなしの「軽さ」の事なのです。

この軽い男が持つ人生への楽観が、社会主義時代のチェコスロバキアの重々しい主義や思想とは対照的にすごく生き生きとしたものとして描かれていたのが印象的でした。厳密に言えば、生き生きとしているというよりも、鬱屈としたものを感じさせません。当時、理想を追い求めすぎて、国民に圧迫感を与えていた共産圏や社会主義圏のなかでは、軽い=自由というのが特にはっきりしたんじゃないかなと思います。

The Unbearable Lightness of Being1 The Unbearable Lightness of Being2

こう考えると「軽い」って実は魅力的なんだよねって事が理解できるかもしれないのですが、それでもやはりほとんどの人の意識の中に「軽い」と浅薄に思われる、だから「重い」方が良いんだっていう考えがしっかりと根を張っていると思います。 昔、すごく遊んでたような人が、人間の規範をとうとうと語る超お堅い人になったり、学生のうちは遊んでおけ!という人の心理も「重厚な価値観」の方がホントは尊いと思っている事の表れなのではないかなと。この映画はその価値観を間違っているとまでは言わないまでも、絶対的な真理ではないんだよって事を教えてくれているように思います。

人間は歳をかさねれば必ず責任と教訓によって、重くなります。それは成熟とも言えるけど、別の見方をすれば不自由さに気づかぬ内に隷属しているという事かもしれません。 ただし、この映画では軽く自由に生きていくのを礼賛しているのではなく、むしろ軽さが破滅をもたらしていることをすごく強調してます。大抵の場合、軽さによって跳ね返ってくる結果はその人にとっての破滅だったり破綻だったりするのです。しかもこの時、主義・思想を隠れ蓑にして言い逃れする事は出来ません。ここが自由な人間の負うべき責任としてしっかりと描かれています。しかし、そんな軽さによってもたらされた結果も軽く受け止める事、これこそが軽い男の真骨頂であり、同時に強い男なのかもしれないなと思わせてくれるわけです。 たぶん成功する起業家の人とかは強くて"軽い"男なんではないかなと思いますね。


ちょっと、ここで一つ思い出した本があります。それは三島由紀夫の不道徳教育講座という非常にまともな本の中の文章です。

不道徳教育講座 (角川文庫)
三島 由紀夫
角川書店
売り上げランキング: 11479
この本の中で三島が「流行に従うべし」という不道徳を説いていた事を思い出しました。三島曰く、

一般的に浅薄な流行は、薄っぺらだからこそ普及し、うすっぺらだからこそすぐ消えてしまう。しかし、一度廃れてしまったのちに、思い出の中に美しく残るのは、むしろ浅薄な事物である。例えば外来文化の猿真似であった鹿鳴館が、明治の重厚な征韓論なんかより、美しい過去として残っているのだ。 考えない、白痴的、痴呆的流行ほど後になって、その時代の美しい色彩となって残るのだ。 (本の記述通りではありません

鹿鳴館と征韓論を比較して最もらしい事を言いやがって、この屁理屈王め、と思う人もいるかもしれません。笑

でも、これも「軽さ」の良さの一例なのかなとも思えます。重々しく考えない事や何物にも縛られない発想、そこから生まれる中身の無いような軽~い流行の方が、実は長く生き続けるんだぜ、という渋好みの人間には耐え難い事を提唱していますね。僕はこの文章読んだ時、胸にズキンと来ました。世の中のk-popブームをシカトしてクラシック音楽を拝聴して居た人間にとっては、軽い流行が実は美しい文化として残るだなんて耐えられない、と。

でも、渋好みの人がライトさを極端に忌避するのというのは事実で、例えばライトノベルは長年ボロカス言われてるし、最近ではソーシャルゲームのゲームの質もボロカスに、邦画の人気俳優使っただけの安易な作品もボロカス言われています。まぁ、そう言われるだけの実体が確かにありますけど…。しかし、その裏には好みの問題とか、作品の質とは全く関係ないところで、「軽いものは全部クソだっ!観なくても判るわっ!なんか文句あんのかバカ野郎ぅ!」みたいな意識があるはずです。三島由紀夫はこの渋好みの人がよく陥る俗物を条件反射で嫌う精神を「アホくさっ」と言っているのです。軽い流行を受け入れられないで居るといつの間にか時代に取り残されるよと。

もう一度自分自身の事で言うと、僕はk-popを完全にシカトしていたわけじゃなくて、k-popに浮かされる沢山の人々を無意識的に小馬鹿にしている卑小な自分がどこかに居たんです。それはつまり、軽い流行を重く捉えていたという事です。k-popという存在の軽さを勝手に耐えられない重荷に感じて居たのです。
「自分が好きになるものは徹底的に愛さなければならないんだ、だから愛すべき価値のあるものにだけ目を向けよう、k-popにその価値は無い!だから、k-popはクソだ。」こんな風に思っていたのだと思います。軽く捉えれば良いものを…。これは別にk-popにハマらないのがおかしいと言っているのではなく、k-popのような「軽さ」をむやみに蔑視する視線、この精神がまずいと言っているわけです。これが三島由紀夫に言わせれば、時代に取り残される人間だということです。客観的に考えてみてもこんな重々しい男は確かに嫌だなと思います。

なんか色々と"重く"考えたけど、"重い"価値観の鎧を脱いで、"軽く"生きていくのも悪くないよねって事です。この映画は(極めて個人的な印象ですが)「軽い」ことの自由さ、強さ、人間らしさを見せてくれる素敵な映画なはずなので、そういう視点で観ると凄く面白いなと思います。 自分自身、改めて自分の振る舞い方を考え直す事ができました。

スポンサーサイト
 
同じカテゴリ内の記事

trackback


-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

Secret

kitaco said:

No title

この映画を観た直後に「マイ・レフト・フット」を観まして、
ダニエル・デイ・ルイスの幅の広さに驚愕したものでした。
ラストシーンは忘れられません!
そして三島ですけれども、流石の三島視点ですね。
ぷっつん said:

Re:

マイ・レフト・フットの演技は彼の役者としての凄みが詰まってましたね。
三島由紀夫ほど重そうな男は居ないかなとおもいます笑
Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ