えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    サルの身体能力の高さに驚愕する動画

    動画



    どうやらこのボスザルは自分より背の高い男性に脅威を感じて、攻撃してきたとか....

    怖いよ、これは怖いよ!地球がサルの惑星になったら人間は絶対にボコボコにされるじゃん!

    でもいったん(妄想を)冷静に考えてみよう。このサルの目的は果たして攻撃なのか、それとも威嚇なのか。つまり、攻撃であればサルは感情に身を任せて殺傷可能性を充分に高めた上で攻撃した、一方威嚇であったならばガラスがある事を承知の上でパフォーマンスとして攻撃した事になる。このサルの攻撃の目的が殺傷であったにせよ威嚇であったにせよ、僕は恐怖を感じずにはいられない。何に恐怖を感じるかっていうと、それは人間の反応だ。攻撃の直後に赤ん坊は泣き叫んだ。対照的に大人たちはバカ笑いをした。これはつまり、赤ん坊はこのサルの攻撃を威嚇として捉えたという事だ。一方大人はサルの攻撃は殺傷だと捉えたが、ガラスによって阻まれた愚かな行為だと思ったから笑ったんだ。僕はここに進化を重ねてきて知恵をつけた気でいる人類の愚かさをどうしても感じる。サルと人類の隔たりはガラスたった一枚分という所まで来ているかもしれないのにあほみたいに笑えるだろうか。いやむしろ大人は恐怖を笑いで紛らわせたと考えることもできるな。まぁどちらにせよ、人類の進化論の最終形態が現在の人間だったならば「猿の惑星」は案外リアリティのある未来の姿なのかもしれない。

    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。