えんためのぼやき

The Usual Suspects / ユージュアル・サスペクツ

怖くなる洋画

entry_img_199.jpg
基本情報
出演
スティーブン・ボールドウィン, ガブリエル・バーン, チャズ・パルミンテリ, ケビン・ポラック, ピート・ポスルスウェイト
監督
ブライアン・シンガー
脚本
クリストファー・マッカリー
公開
1996年
あらすじ
コカインの取引現場を何者かが襲撃し、密輸船が爆破して大量のコカインと9100万ドルが消えた。警察は唯一の生存者キント(ケヴィン・スペイシー)の尋問を始める。キントは、事件の黒幕は誰も顔を知らない大物ギャング、ソゼだと語り、彼がキートン(ガブリエル・バーン)ら5人のワルを集めて襲撃させたというが…。

予告編を見る

感想

面白かったです。

2回観たくなる作品でした。

何気なく借りた映画が面白いとホントにうれしいですね!

海外ドラマ「ホワイト・カラー」にハマった人間にはピッタリのクライムサスペンス映画でした。 知的犯罪者でもあり冷酷無比な実行犯でもあるカイザー・ソゼの完璧なまでの黒さに縮みあがってしまいましたね。


縮みあがったと言えばオリンパス事件でヤクザが絡んでいるという結構前の報道も衝撃でした。 きっとオリンパスの筆頭株主であった日本生命のファンドマネージャーやその他の株主たちも縮みあがった事だと思います。


実際の闇社会は一般ピープルの私達にとっては憶測でしかものを語れないので、映画をみて想像するよりほかはないですね!

とにかく、ウッドフォード氏、生き延びてくれ!!

ヤクザの中にカイザー・ソゼほどの人物がいない事を願います。


とにかくこの映画はおススメです!

スポンサーサイト



 
同じカテゴリ内の記事

trackback


コメントの投稿

Secret

Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ