えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    今度は愛妻家

    感動できる&笑える邦画

    基本情報
    出演
    豊川悦司, 薬師丸ひろ子, 水川あさみ, 濱田岳, 城田優
    監督
    行定勲
    脚本
    伊藤ちひろ
    公開
    2010年
    あらすじ
    かつて売れっ子カメラマンだったが、今はプータロー同然の生活を送る俊介。そんな夫に文句を言いながらも世話を焼いている、健康マニアの妻さくら。ある日俊介は、さくらに半ば強引に子作りのための沖縄旅行へ連れて行かれる。しかしその日を境に、二人に微妙な変化が訪れる。

    予告編を見る

    感想

    今度は愛妻家は2010年にパレードと同時に公開された行定勲監督作品です。 予想ではセカチューのような世界観なのかなーと思っていましたが、全く違いました。

    この映画も劇場で観たいと思った作品だったのですが、宣伝で「夫婦におくるラブファンタジー」のような事を言っていたので、なんか行きずらいなーと思ってスルーしていました。 この映画は原作が舞台作品なので、映画も舞台を見ているかのような長廻しの映像が続きます。 結末がわかった上で見れば、全体的に悲劇の物語ですが、登場人物のやり取りなど部分部分で見れば笑える喜劇です。

    また、この夫婦の関係性はフェリーニの「道」であったような、粗暴な男と献身的な女性という構図と似ているなと思います。「道」では男は支えてくれる女性が亡くなってはじめてその慈愛の大きさに気づきラストシーンで涙すると言う物語ですが、「今度は愛妻家」で描かれたのも、より日本的な形での夫婦のコミュニケーションの齟齬が生んだ悲劇です。

    個人的には共感する点や戒められる点はなかったのですが、感動できて、笑える映画としてとても良い映画です。 家庭を持ったら感想が変わってくるかもしれないですね。

    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    空夢 said:

    こんばんは、おじゃまします**

    この映画すごく気になっていました。
    内容は良く知らなかったのですが
    主演の二人の組み合わせが不思議に思ったからです。
    内容は分からないので雰囲気でなんですが
    どうも俊介とさくらが互いに惹かれあうタイプではないんじゃないかな・・・と
    そこに興味を持ちました。^^;
    でもこれが、本編を観ると二人がきっといい感じなんでしょうね。。。

    コミュニケーションの齟齬で幸せになれないなんて残念過ぎます。
    なんか・・・引き込まれそうな作品のようですね。
    やっぱりこれは観たいです!
    ぷっつん said:

    コメントありがとうございます!

    「コミュニケーションの齟齬」っていうのがこの夫婦の問題を言い得ているかわからないのですが、
    是非観てください!
    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。