えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    カッコいい曲/白い部屋

    音楽

    野上智子さんというシンガーソングライターの曲です。
    かっこよくないですか?

    作詞作曲全て野上さんです。

    ピアノを楽譜見てたどたどしくしか弾けない自分にとって、
    作曲ってどのあたりの脳を使えばいいの?っていう風にいつも思います。

    今の世の中って誰でもネットを経由して正しい情報や良いコンテンツの情報を得られるはずだから
    世の中は素晴らしいコンテンツで溢れているはずなのに、今の日本の音楽産業になんか違和感覚を覚えている人が沢山いるのではないでしょうか。

    良い音楽で売ろうとしているわけでは無く、稼ぎやすいコンテンツで売っているというのが問題なのだろうけど、そんな事は何年も前から指摘されているわけなので、一体どこの構造が変化すれば、良質な音楽が世の中に出るのでしょうか?そもそも世の中に出るってことは「売れる」と言う事なのでしょうか?

    現状では音楽はデータダウンロードなどで客単価が下がっているので、薄利多売で行くしかありません。
    だから、キャッチーで影響力がある音楽が重宝されるのは当然です。
    キャッチーで影響力があるというのは例えば歌手のヴィジュアルが良いことやテレビで活躍する芸能人である事、カラオケで歌いやすい事などでしょう。

    正直この構造を「けしからん」と言って批判してもどうしようもない事ですよね。
    商売である以上、売れないかもしれないというリスクを冒すことなく、売りだす前からお金になると思われる人に目をつけるのは当然です。音楽の単価が下がっているので、売れない場合は壊滅的にお金にならないわけですから。

    この状況を客観的に捉えると、音楽性だけで勝負したいと思う人は稼ぎたいとかメディアに沢山露出することを目標とすべきではないのかもしれません。しかし、自分のフォロワーが増える事によるプロ意識というのがその人を更に輝かせる事もあるでしょうから、やはりいつの時代もスターは必要ですし、世間もそれを求めています。

    やはり問題なのは、稼ぎやすいアーティストと音楽性を持ったアーティストというのが必ずしも一致しないという点です。音楽にはカジュアルさ、つまり流行性や時代性を求めているけれども、だからと言って、音楽性が無いものには賛同しかねると思っている人たち、(選挙に置き換えれば無党派層の人たちでしょうか)に対する音楽が世間に欠如しているように思います。

    果たしてどこかにこの欠如を満たしてくれる解決策はあるのでしょうか?
    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。