えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    冷たい熱帯魚

    怖くなる邦画



    基本情報

    出演
    吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり
    監督・脚本
    園子温
    公開
    2011年

    概要
    埼玉の愛犬家殺人事件や他の猟奇殺人事件からインスパイアされて生み出された。強烈なエロス&バイオレンス映画ながら思わず笑ってしまうブラックコメディーの要素もあり、観る者を翻弄する衝撃の問題作。犯罪に巻き込まれていく主人公を演じる吹越満の熱演もさることながら、名脇役でんでんが、名だたる猟奇的キャラクターにも負けない存在感で圧倒する。

    予告編を見る



    感想

    夜中に観て良かったなと思います。
    かなりきついシーンがありましたが、直視できないほどではない?気がします。
    それはなぜかと聞かれても「DVDで観たから」としか答えようがありません。

    猟奇的な殺人が世の中には確かにある。
    それを描くとこの映画のようになる。
    つまり、この映画はリアルである。

    しかし、初めてこんなおぞましい光景を見ると非現実としか思えず、ただ茫然と観るしかない。
    だから最後まで観ることが出来たのかもしれません。

    あと、吹越さんのゲロシーンは観客の為のガス抜きの要素があったのかもしれませんね笑

    この映画を娘の視点で捉えなおしてみると、また違う面白さが出てくるかもなと思いました。

    これ以上は語れません。
    やっぱりキツイ映画です。

    にしても役者さんの演じた後の感想を聞きたいですね。
    メイキングとかあったら凄い面白そうだな
    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。