えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    ロックンロールミシン

    青春の邦画

    ロックンロールミシン [DVD]
    東映ビデオ (2003-05-21)




    監督/ 行定勲
    原作/ 鈴木清剛
    CAST/池内博之、りょう、加瀬亮、水橋研二


    冴えない毎日を送る会社員の賢司は、デザイナーズ・ブランドを立ち上げようとしている高校の同級生・凌一と出会う。後日、賢司はふと凌一の部屋を訪問する。そこには凌一の他に専門学校の教師をしている椿とロンドン帰りのカツオがいた。賢司は3人と一緒にブランド名を考える。最終的に“ストロボラッシュ”に決まり、盛り上がる3人。それを見て賢司は羨ましく思うのだった。しかし、凌一ら3人もそれぞれ不安を抱えていた。やがて、上司との諍いから会社を辞めた賢司が仲間に加わる。賢司は夢を持って毎日を過ごすことに充実感を覚えるのだったが……。


    行定監督の映画って役者がいいのか 間が良いのか カット割りが良いのか
    よく分からないけど退屈なシーンなのに飽きない。行定組の力なのでしょう。

    サラリーマンの日々に閉そく感を感じ、その折に自由に夢を追いかける友人の姿を目の当たりにし、
    しだいに惹かれ共にその夢を追いかけて行く。しかし、現実は厳しく結局すべてをゼロにリセットする。

    「理想と現実は違う」そんな身も蓋もない言葉が就職難の時代に生きる学生の脳裏によぎりました。
    タイで来月から社会人で学生最後に一人旅という方がいてその人が
    「好きな仕事と向いてる仕事は違うよ」
    と試合を終えたボクサーのような達観した口調で言ったのを思い出します。

    でも、その相克を経験した時また新たな世界が見えてくるのではないのでしょうか。
    そんな事を思いました。

    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。