えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    アカルイミライ

    考えさせられる邦画

    アカルイミライ 通常版 [DVD]
    メディアファクトリー (2003-06-27)
    Amazon.co.jp で詳細を見る


    監督/ 黒沢清
    CAST/ オダギリジョー 、浅野 忠信、藤 竜也


    眠ると未来の夢を見るという仁村雄二(オダギリジョー)は、いつもなにかにイラついていた。

    そんな彼にとって同僚の有田守(浅野忠信)は、心を許せる唯一の存在だった。ある日守は「嵐が来るかもな」と言い残し、突然姿を消す。そんな雄二の前に、守の父、真一郎(藤竜也)が現れ、雄二はいつしか彼のもとで働き始める。世代も考え方も違う二人だったが、次第に守の残したクラゲを東京の河川で繁殖させるということに熱中していくのだった。

    ある日、雄二は暴風吹き荒れる砂漠の中で一人歩く夢を見る……


    ストーリーは淡々としていたけど、各人のセリフ、クラゲの存在、ラストシーンなど黙示的なメッセージ
    がたくさんちりばめられていました。
    夜の水面に光る一見美しいが猛毒を持つクラゲの存在と
    本心をださない不器用な若者達の姿が重なって描かれていて面白かったです。

    明るい未来の可能性に満ちた若者たちはともすれば人を殺しかねない猛毒を
    持つ危険な存在でもある。若者よ今を大事に生きろよ 的なことなのでしょうか。

    印象的なセリフは屋根に上ってテレビアンテナを破壊したオダギリが藤に一言
    「上に登っても何もないことがわかりました」
    この一言でオダギリは何かに気づいたんでしょう。
    それが何かは分かりません。

    黒沢監督はクラーク博士のように「青年よ大志を抱け」なんて
    偉そうなことを言うんじゃなくて、
    「青年よ自力で気づけよ」みたいなことを言っているように思いました。

    ラストシーンはなんでやねんとつっこみたくりましたが、映画を理解する上でとても
    重要なシーンです。

    あとこの映画松山ケンイチのデビュー作らしいです。


    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。