えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    福島原発にイスラエルの影

    ニュース

    福島第一原発にイスラエルの会社の「謎」

    確かかどうかはわかりませんが、福島第一原発の警備システムの一部を日本の企業ではなく、イスラエルの会社が請け負っているという。マグナ社は10年ほど前に設立された社員十数名の会社で、昨年から東京電力と技術導入のため協議していたとのこと。

    なぜこうも人を疑心暗鬼にさせるような情報ばかり出てくるのでしょう?
    イスラエル・原発というワードから連想させられるのは、あのウイルスしかありません。
    その名もスタクスネットです。去年一年のインターネットセキュリティ業界の一大ニュースとなりました。
    スタクスネットはイランのブシェール原発の稼働を遅らせたトロイの木馬型の最新ウイルスです。

    このウイルスの恐ろしいところは
    原発システムを製造するシーメンス社の特定のシステムを狙ったものであること、
    そのシステム以外のところでは何も影響は及ぼさないこと、
    感染したシステムを停止させ、理論上は爆発させることもできること、
    プログラムされた仕事を終了すると勝手に消滅すること、

    詳細はもっと複雑だと思いますが、簡単にいえばこんな感じです。
    さて、こんな精巧なウイルスを作ったのは誰なのかが一番の問題です。
    明るみにはなっていませんが、世界の有識者の憶測はかなり一致しています。

    それはアメリカとイスラエルではないかということです。

    国家的な規模でないと出来ないウイルスであったことやイランに核施設を持たせたくない国はどこかを考えると当然の話です。
    Israeli Test on Worm Called Crucial in Iran Nuclear Delay
    しかし、現在はウイルスは終息し、原発は電力供給を始めました。
    ブシェール原発、電力供給開始へ

    ただアメリカとイスラエルの関与の客観的証拠はないままで、イランの核開発をとどまらせる抑止力になるとすれば
    空爆より平和的な手段かもしれません。
    しかし、これはダイハード4で描かれたようなサイバー戦争の始まりでもあります。

    そんなこんなで裏で何をしているのか分からないイスラエルの会社が福島原発の警備システムを一年前に導入したっていう事実は、震災がどうだこうだの問題ではありません。
    スタクスネットが顕在化したのもちょうど一年前あたりですから、怪しすぎます。
    しかるべき説明をしてほしいものです。




    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。