えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    震災によって加速する企業のM&A

    ニュース

    震災で進む業界再編、M&Aの新たな展開

    ビジネスマン2

    ↑上の記事によれば、震災の影響によって企業がバリューチェーン(調達/開発/製造/販売/サービス)のさまざまな分野で、協力、提携することで、震災の影響を軽減していこう、復旧を早めよう、とする流れが生まれてくる。

    つまり、これまでのM&Aの主眼としては販路拡大や新規開拓などの営業面での規模拡大だったが、
    これからは、資材調達や物流などの一本化で共にコストを下げるためのM&Aが頻繁に行われる。

    また、キリンとサントリーの合併破談で破談の主な理由であった企業文化の違いというソフト面での不安が今回の非常事態における協力によって解消されるのではないかということも指摘されています。

    これはいわゆる映画「スピード」にあるような一時的な緊張状態による興奮を恋愛のドキドキだと勘違いするという吊り橋効果みたいな事でしょうか?笑


    そして、実際に企業間の協力の一つの例として、
    ペットボトルのキャップを共通化 供給不足を緩和
    が挙げられています。

    そして、最近明るみになったのはいすゞとフォルクスワーゲンとの提携交渉です。もちろん、震災前から交渉は進めていたとは思いますが、いすゞとしては震災の影響で何らかの心境の変化があったかもしれません。
    いすゞ:VWと提携検討 エンジンなど相互補完

    よく言われることですが、こういう非常時だからこそ攻めに転じる方が良いのかもしれません。
    前の記事に書いたTEDTalkでのモーガン・スパーロックは →TEDtalk モーガン・スパーロック

    If you take chances, if you take risks, that in those risks will come opportunity.

    リスクを取ればチャンスが回ってくる。といっていました
    こんなふざけた人間の言うリスクと企業のリスクを一緒にするなって感じですけど、
    一応彼も1000万ドル稼ぐ成功者ですからね。

    when you train your employees to be risk averse,
    then you're preparing your whole company to be reward challenged

    リスクを取らないように従業員に教え込んだら、会社全体を困難に向かわせるために準備している事になる。
    みたいな事も言っています。

    しかし、現実社会では、一方でリスクマネジメントが重要で、一方でリスクを畏れないことが重要
    そのバランスがすごい難しいと思います。

    昔の日本はリスクとれば割とスルスルっと成功出来たんでしょうね。
    でも今は根性だけじゃ生き残れない、しっかり学問と理論と論理で武装しないと世界では生き残れません。

    だから、今年一年は今後の日本企業がどうなっていくのかを見れる大きな試金石になるかもしれません。

    学生としては客観的に企業を判断できる良い時期であるかもしれませんね。
    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。