えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    インセプション

    考えさせられる洋画

    基本情報
    出演
    レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レビット、
    監督・脚本
    クリストファー・ノーラン
    公開
    2010年
    概要
    「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督が、オリジナル脚本で描くSFアクション大作。人が眠っている間にその潜在意識に侵入し、他人のアイデアを盗みだすという犯罪分野のスペシャリストのコブは、その才能ゆえに最愛の者を失い、国際指名手配犯となってしまう。そんな彼に、人生を取り戻す唯一のチャンス「インセプション」という最高難度のミッションが与えられる。

    予告編を見る

    感想
    夢の世界に入り込んで、他人のアイデアを盗むという大それたテーマですが、よくできていると思います。
    この企画をしっかり映像化することができるというハリウッドがやはりすごいなと

    自分は夢を観たら覚えている限りで日記にしています。
    ネットで夢日記と検索すると気が狂うという風に言われていますが、未だに気は狂ってません。たぶん

    そして、たまに明晰夢と呼ばれるものを観ます。

    夢の中で自分の自由意思で行動できるようになるのです。
    「これは夢だ」と気づく事とはちょっと違うかもしれませんが、とりあえずなんでもできるようになります。

    ただ一つだけ制約されている事は、速く歩く事ができないことです。
    どんなに早く、歩こうと思ってももどかしくなるくらい一定スピードでしか移動できません。
    もちろん、自分の夢しか観たことないので、他の人にとっても同じかはわかりませんが

    なのでインセプションを観ていて、夢の世界でデカプリさん達が走っているところを観て、
    さすが一流は違うなと思いました笑

    この映画では夢の中で植えつけられた小さなアイデアが現実の世界で肥大化し、
    その植えつけられた人の現実の決断を左右することができるという何とも恐ろしい
    ストーリーになっています。

    しかし、心理学で証明されている理論によれば、小さなコミットメントやアイデアを植えつけられる事によって、より大きな決断を無意識的にしてしまうのです。

    例えば、カリフォルニアにある国道沿いの住人を対象にした実験があります。住人達は家の前庭に公共事業の看板を設置させてほしいという要請を受けました。その看板は「安全運転をしよう」と書かれた巨大すぎる看板であったため、多くの人はその要請を拒否しました。しかし、2週間前にあることをされた住人達の8割がその要請を承諾したのです。その住人たちは2週間前にある団体のボランティアから「安全運転するドライバーになろう」と書かれた小さなステッカーを玄関先に貼ってもらえないかと要請され、承諾していた住人達でした。小さなステッカーに同意したことによって、巨大な看板の設置に同意してしまったのです。

    このお話の怖いところは2週間前に訪問してきたボランティアが看板設置に関してのグルであったということに誰も気がつかないということです。

    看板設置を承諾した人は自分の善良な意思によって、承諾したと思っています。
    2週間前の小さなコミットメントによって自分の意思が操作されたとは思わないのです。

    まさにこの情報操作を夢の世界を舞台に繰り広げたのがデカプリさんとケン・ワタナベなんですね

    よく映像化できましたね
    あっぱれ
    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。