えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    ジブリ音楽が心に響くのはなぜか?

    音楽

    久石譲 in 武道館 ~宮崎アニメと共に歩んだ25年間~ [DVD]
    ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント (2009-07-03)


    ジブリ音楽ほど皆に愛される映画音楽があるでしょうか?
    正直、「君が代」以上に日本人に一体感という共感覚を思い起こさせてくれる音楽だと思います。
    ジブリ音楽を聞くと、初めて宮崎アニメを観た時の清らかな感覚が蘇ってきます。
    幼いころに出会ったあの感動体験にもう一度出会えることができるのです。

    ジブリ音楽を聞くだけで、自動的に幼少時代のノスタルジックな思いが想起されるという
    一種の洗脳状態にあるのでしょうか。

    居酒屋にいても、その店のUSENでジブリ音楽が流されたら、それまでの話を途中で切りやめてジブリ談義に切り替えることもよくあります。

    しかし、愛される要因は「ノスタルジー」だけでは無いと思います。
    懐古的な思いを想起させるだけではなく、
    音楽を聞いたその時々の感情にフィットする瞬間接着的な要素と、
    聞いた後に残る充実感、その余韻がとても良いんです。

    つまるところ、いつどんな時に聞いても心に沁みる普遍性があるんですね。

    とくに「ハウルの動く城」のテーマ曲であった「人生のメリーゴーランド」は、タイトル通り「人生の壮大さ」、「はかなさ」を感じさせてくれる音楽で、大好きです。

    何回も言いますが、これほどまでに映画の世界観とマッチした映画音楽は無いと思います。
    久石譲さんはやっぱり偉人です。

    武道館で行われた久石さんのライブは観る価値ありです。
    ぜひ今度は生で聴きたいと思います。
    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。