えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
同じカテゴリ内の記事

    チュニジアの革命は一人の果物売りがきっかけだった~CBS News 60 minutes ~

    ニュース

    チュニジア

    If the Middle East is being transformed before our eyes today, it all began when a poor fruit vendor decided he just wasn't going to take it anymore.

    もし中東が以前より変わっているとすれば、それは一人の貧しい果物売り若者がすべてを投げ出した時から始まった。

    On the morning of Dec. 17, 26-yr.-old Mohammed Bouazizi was selling fruit from a cart as he did every day to support his family. He didn't have a license. But very few of the vendors did.

    26歳のモハメド・ブアジジはフルーツ(収穫物)を売りそれで家族を養っていた。彼はフルーツを売る許可を持っていなかったが、そのような売り手は稀なことではなかった。

    A municipal official, a woman, came by and confiscated his scale. It was worth $100 and Bouazizi knew he'd have to pay a bribe to get it back. This had happened to him before. But this time, he got mad. He complained and the woman slapped him. One slap in the face, and that's how the revolution began.

    ある時、町の役人がやってきて、彼のはかりを没収した。それは100ドル相当のもので、返してもらうには役人にお金(賄賂)を渡さなければならなかった。こんなことは以前からあった。しかし、このとき彼は頭にきて、役人に不平言うと、役人は彼をひっぱたいた。その平手打ちが革命の原因となったのであった。

    He ran, screaming, to the government office in the center of town. He wanted his scale back. That's all. But they wouldn't let him in. He went to a gas station, filled up a canister and went back to the government building. His friend Jamil, another fruit vendor, went with him. Jamil says Bouazizi stood in the middle of traffic, poured gas over himself and cried out, "How do you expect me to make a living?"
    Then he lit a match. He barely survived.

    ブアジジは叫びながら町の中央の役所に駆け込み、はかりの返却を求めた。しかし、役人は中に入れなかった。彼はガソリンスタンドに行き、缶にガソリンを入れ、役所に戻った。彼は道路の真ん中でガソリンを自分にかけ、こう叫んだ「どうやって僕に生きて行けというんだ!!」そして、彼はマッチに火をつけた。彼はその時はかろうじて生き延びた。

    "The symbol by just burning himself, using his body as a way to express that anger and need for dignity touched a lot of Tunisians," Zied Mhirsi told "60 Minutes" correspondent Bob Simon.

    彼の怒りを表現するために、そして尊厳を求めるために、自分自身に火をつけるという象徴的な行動が多くのチュニジア人に共鳴を呼んだのだ。

    Mhirsi is a doctor and radio show host who was active in the uprising. He worked with us on our story.
    "Do you think this revolution would have happened now if it hadn't been for Bouazizi?" Simon asked."I don't think so," Mhirsi replied, shaking his head.

    ブアジジの事件が無かったら、果たしてこの革命は今起きているのだろうか、と問われれば、ブアジジの為だけで革命が起きたのではないだろう。

    The anger spread to other towns in the interior of the country, where unemployment among university graduates was approaching 50 percent. The dictator Ben Ali did the only thing he knew how to do: he turned to his police.

    怒りは国内の他の町に広がり、そこでは大卒の非雇用者は50%に上っていた。それを鎮圧するため、指導者のベンアリは警察に指示した。
    "The turning point, the real one here was the real bullets. Tunisia is one of the most peaceful countries you can ever think of. Tunisia, people don't have guns. Even robbers don't have guns. And then here we have the ruler, the government asking its police to shoot its own people using snipers, shooting people with real bullets in their heads," Mhirsi explained.

    (革命に繋がる)ターニングポイントは警察がここで実弾を使用したことだ。チュニジアは最も平和な国の一つだ。泥棒でさえも銃は持たない。にもかかわらずここで統治者である政府が警察にスナイパーを使い自国民を殺すように指示したのであった。

    Hundreds of protesters were killed, but you wouldn't have heard anything about it on the state-run media. Twenty percent of Tunisians, however, are on Facebook, and Facebook had pictures.

    何百人もの人々が殺された、しかし、国営メディアはそれに関して何も報道しなかった。ただし、チュニジア人の20%を占めるフェイスブックユーザーはそれらの惨事を知ることが出来た。。

    Asked how Facebook was used to spread word of the unrest, Mhirsi said, "Facebook was the only video-sharing platform that was available to Tunisians. And seeing videos of people shot with real bullets in their heads on Facebook was shocking to many Tunisians."

    フェイスブックはチュニジアで利用可能な動画共有の唯一のプラットフォームであったのだ。実弾で人々の頭が打ち抜かれる映像は多くのチュニジア人に衝撃を与えたのだった。

    CBS News How a slap sparked Tunisia's revolution より(意訳してるとこ多少あり)

    ソーシャルメディアが革命をもたらしたと言われているけど、
    きっかけをひも解くと一人の若者の絶望があったのですね。
    スポンサーサイト
     
    同じカテゴリ内の記事

    trackback


    -

    管理人の承認後に表示されます

    コメントの投稿

    Secret

    Recent Entry

    ジャンル別検索

    Menu

    おすすめタグ別カテゴリ

    Response
    Comments<>+-
    Trackback <> + -
    Link
    おすすめブログ!!
    映画情報サイト
    ブログリンク集
    BlogTool
    • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
    • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。