えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ウォーキング・デッド ~ゾンビがいる日常の先へ~

ドラマ

entry_img_215.jpg
基本情報
出演
アンドリュー・リンカーン、ジョン・バーンサル、サラ・ウェイン・キャリーズ
監督
フランク・ダラボン
ドラマ公開
2010年
あらすじ
ジョージア州の郊外にて保安官をしているリックは、逃走犯追跡中に犯人の発砲した銃弾に倒れ、瀕死の状態に陥ってしまう。無事意識を取り戻すのだが、都市は既に壊滅、“ウォーカー”と呼ばれる死人が徘徊する黙示録的な世界を目の当たりにする。妻と息子が行方不明であると知ったリックは、アトランタに軍の避難所があり、CDCと呼ばれる疾病対策センターが問題解決にあたっていることを偶然出会ったモーガン親子から聞き、アトランタへ向かうのだが、そこは既にウォーカーによって占拠された後だった…。

予告編を見る

感想

「ショーシャンクの空」「グリーンマイル」のフランク・ダラボン監督と「ターミネーター」「エイリアン」のプロデューサーが作ったゾンビドラマっていうタレコミだけで盲信的に『面白いに違いない』と思ってしまうのは浅はかでしょうか? でも多くの人にとってこれは期待をかけるに値するタレコミなはずですよね! ということでさっそく全6話のシーズン1を観てみました。

観た感想としてはずばりこのドラマは多くの時間と多くのレンタル料を投資するに値する作品です。特に映画好きはハマるはず。なぜなら語れるだけの深さがあるからです。作家性のあるゾンビドラマを観るという新たな境地にいざなってくれます。

続きを読む

スポンサーサイト
 

サルの身体能力の高さに驚愕する動画

動画



どうやらこのボスザルは自分より背の高い男性に脅威を感じて、攻撃してきたとか....

怖いよ、これは怖いよ!地球がサルの惑星になったら人間は絶対にボコボコにされるじゃん!

続きを読む

 

バカバカしさの共有体験 をしよう

動画

entry_img_213.jpg別窓で開く

個人的に好きなYouTubeチャンネルであるImprov Everywhereのディレクター チャーリー・トッドさんが昨年の11月にTED.talkでプレゼンをしていました。日本語の字幕でご覧ください。
TED.talkって何?

彼が2002年に一番最初に企画したのが「地下鉄にズボンを履かずにパンツ姿で乗り込んでいく」という「No Pants Ride」。日本でやったら間違いなく警察の御用になるような企画ですが、彼がこの企画から見出した人間の反応が人間の心理の面白さをわかりやすくあらわしてくれています。

想像してみて下さい、パンツ姿の人が地下鉄に乗ってくる事を...
まず危険を感じるはずです。「ヤバい奴が来た」と思いながら表面では平静を装いつつも、心はそわそわしているはずです。

さて、次の駅でも同じようにパンツ姿の人が乗ってきたらどうでしょう? 「同じ種類のヤバい奴が偶然にも2人来た!?」と最初に抱いていた個人への猜疑心からだんだんと状況への好奇心に変わっていきます。

そこにまたしても次の駅でパンツ姿の人が乗ってきたらどう感じるでしょうか? もう、そこに居合わせた人同士で顔を見合わせて笑うしかありませんよね。

どんなに異質でありえない事でも周りの人と共有してしまえば馬鹿げた事として笑い飛ばすことが出来てしまうという人間の心理が凄くよくわかります。

そしてこのImprov EverywhereのFacebookファンページのコメントによると、これまでのベテランパフォーマーにインタビューなどをしたドキュメンタリーフィルムが来年の夏あたりに出来あがるらしいので、日本で観れるかどうかはともかく楽しみです!

www.improveverywhere.com
 

ダンシング・チャップリン

ドキュメンタリー

entry_img_211.jpg
基本情報
出演
ルイジ・ボニーノ、草刈民代、ジャン=シャル・ベルシェール、リエンツ・チャン、ローラン・プティ、ユージーン・チャップリン
監督
周防正行
振付
ローラン・プティ
公開
2011年
概要
「Shall we ダンス?」「それでもボクはやってない」の周防正行監督が、フランスの名振付師ローラン・プティによるチャールズ・チャップリンを題材としたバレエ「ダンシング・チャップリン」の舞台を映画化。チャップリン役を務めるルイジ・ボニーノや日本の草刈民代ら、世界のトップダンサーが舞台に臨むまでの60日間を追った「アプローチ」と、本番の演目を収録した「バレエ」の2幕構成。

予告編を見る

感想

この映画に収録されているダンシングチャップリンというバレエは世界最高峰のエンタメショーだ。この映画は2部構成で出来ており、第一幕は周防監督と演出家のローラン・プティとのインタビュー、草刈民代ルイジ・ボニーノなどの主要キャストの練習風景が収録され、第二幕ではスタジオで撮影された映画としてのダンシング・チャップリンが収録されている。

バレエを実際に観たことも無いし、ましてやチャップリンがテーマのバレエが存在することも知らなかったので、第一幕の練習風景やミーティング風景を観ている時には、一体どんな作品なんだろうと思いながらポカーンと眺めるほか無かった。そして、5分の幕間を挟み、第二幕が始まった途端、「こりゃすげーや」という興奮のショーが始まった。

続きを読む

 

映画「ヒミズ」

考えさせられる邦画

entry_img_210.jpg
基本情報
出演
染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、吹越満、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子、黒沢あすか、でんでん、村上淳、窪塚洋介、吉高由里子、西島隆弘、鈴木杏
監督・脚本
園子温
原作
古谷実
公開
2012年
あらすじ
ごく普通に生きることを願っていた祐一と、愛する人と守り守られ生きていくことを夢見る景子。ともに15歳の2人の日常が、ある事件をきっかけに絶望と狂気に満ちたものへと変わっていく様子を描く。

予告編を見る

感想

難しい、この映画をどう評価していいのかが凄く難しい。 総論賛成、各論反対という感じだ。 今までの園監督作品とは体裁は似通っているんだけど、これまでと少し違う結末へのアプローチの仕方に少しつまずいてしまった。嫌いな作品だったら基本的に感想なんて書かないので、嫌いではない。むしろ好きな作品だ。しかし、心から礼賛できないのも確かだった。

続きを読む

 

ボーイズ・オン・ザ・ラン

青春の邦画

entry_img_209.jpg
基本情報
出演
峯田和伸、黒川芽以、YOU、リリー・フランキー、でんでん、
松田龍平、小林薫
監督・脚本
三浦大輔
公開
2009年
あらすじ
玩具メーカーに勤めるサラリーマン・田西は、実家暮らしで彼女いない歴29年の冴えない男。同僚のちはるに密かな恋心を抱いているものの、積極的になれず全く相手にされていない。仕事先で出会ったエリート営業マンの青山の手ほどきで、ちはるとの距離を縮めようとする田西だが……。

予告編を見る

感想

なんだ面白いじゃないか!
この邦画は若手監督の初期の映画によくありがちなテーマだし、いかにもな日本のダメ男の物語だから、きっと月並みな作品だと思ってずっと素通りしてたというのに!

しかし、この爽快感は久しぶりだった。映画の状況としては全く爽快ではないけど、主人公がプライドをすべてへし折られて、それでも最後にがむしゃらに走るシーンにほんの少しの希望と爽快感を感じずには居られなかった。

続きを読む

 
Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。