えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

サンキュー・スモーキング ~話術で世間を煙に巻く~ 

考えさせられる洋画



<キャスト&スタッフ>
ニック…アーロン・エッカート
ポリー…マリア・ベロ
ジョーイ…キャメロン・ブライト
ヘザー…ケイト・ホームズ

監督・脚本:ジェイソン・ライトマン
原作:クリストファー・バックリー
製作:デイビッド・サックス

今や公共の敵となっている“タバコ”をめぐり、タバコ業界、政界、マスコミといったさまざまな立場の人間が火花を散らす社会派エンターテイメント!厳しさを増すタバコへの攻撃をかわすため、タバコ業界のPRマンとして連日マスコミの矢面に立って戦い続けていたニック・ネイラー。PRのため「映画の中でスターにタバコを吸わせよう」と提案し、ロサンゼルスに向かったニックは、順調にプロジェクトをこなしていくのだったが…。


渋谷ツタヤで行っている発掘良品のコーナーにあったので、借りて観ました。
予想以上に面白かったです。
タバコ業界を後ろ盾にお給料をもらうタバコアカデミーのスポークスマンを主人公にして、
ブラックに物語が進んでいくあたりがアメリカのユーモアを感じます。

タバコによって発がんリスクは高まり、その他にも様々な害悪を与えることは周知の事実です。
そんな中で、タバコ産業を活性化させ、タバコを宣伝する人間はもはや社会の敵と言って良いでしょう。
しかし、主人公のニックは巧みな話術と戦略で職務を全うします。

どんな議論の場でも一つだけ共通して言えることがあります。

否定することは「簡単」、しかし肯定することはとても「難しい」ということです。

タバコにおいても状況は同じです。
タバコ否定派というのは熟考するまでもなくタバコをズタズタに否定できます。
対して、タバコ肯定派はどんなに考えても勝算は無いように見えます。

ニックはこの状況を話術で乗り越え、タバコ否定派を煙に巻くのです。

ではニックの話に何故それほどの説得力があるのでしょうか?

それは彼自身がずっと一貫した立場をとり続けているからなんだと思います。

簡単なことのようですが、これはとても根気のいることです。
一貫性を維持し続けることは、しばしば自分のホントの利益とは明らかに反するような行動に私たちを駆り立てます。しかも、一貫している人のほうが、いちいち立場を変える人よりも人格的にも知的にも優れていると考えられるのが普通です。

一貫しているという事は時に真実を語るよりも人から信じられるのですね。

ちなみにこの一貫性の話は「影響力の武器」という本からの受け売りです。

とにもかくにもこの映画観る価値ありです。



影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
ロバート・B・チャルディーニ
誠信書房


スポンサーサイト
 

ジブリ音楽が心に響くのはなぜか?

音楽

久石譲 in 武道館 ~宮崎アニメと共に歩んだ25年間~ [DVD]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント (2009-07-03)


ジブリ音楽ほど皆に愛される映画音楽があるでしょうか?
正直、「君が代」以上に日本人に一体感という共感覚を思い起こさせてくれる音楽だと思います。
ジブリ音楽を聞くと、初めて宮崎アニメを観た時の清らかな感覚が蘇ってきます。
幼いころに出会ったあの感動体験にもう一度出会えることができるのです。

ジブリ音楽を聞くだけで、自動的に幼少時代のノスタルジックな思いが想起されるという
一種の洗脳状態にあるのでしょうか。

居酒屋にいても、その店のUSENでジブリ音楽が流されたら、それまでの話を途中で切りやめてジブリ談義に切り替えることもよくあります。

しかし、愛される要因は「ノスタルジー」だけでは無いと思います。
懐古的な思いを想起させるだけではなく、
音楽を聞いたその時々の感情にフィットする瞬間接着的な要素と、
聞いた後に残る充実感、その余韻がとても良いんです。

つまるところ、いつどんな時に聞いても心に沁みる普遍性があるんですね。

とくに「ハウルの動く城」のテーマ曲であった「人生のメリーゴーランド」は、タイトル通り「人生の壮大さ」、「はかなさ」を感じさせてくれる音楽で、大好きです。

何回も言いますが、これほどまでに映画の世界観とマッチした映画音楽は無いと思います。
久石譲さんはやっぱり偉人です。

武道館で行われた久石さんのライブは観る価値ありです。
ぜひ今度は生で聴きたいと思います。
 

イエロー・ハンカチーフ

感動できる洋画



出演: ウィリアム・ハート, マリア・ベロ, クリステン・スチュワート, エディ・レッドメイン, 桃井かおり
監督: ウダヤン・プラサッド

解説: 刑期を終えて出所した男が、偶然出会った若い男女と共に妻の元へ向かう姿をつづる山田洋次監督の名作『幸福の黄色いハンカチ』をリメイクしたロードムービー。舞台を北海道からアメリカ南部に移し、自信をなくし孤独を抱える人々が旅を通して再生していく様子を描く。オリジナル版で高倉健が演じた主人公にはオスカー俳優ウィリアム・ハート、共演に『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワート、『美しすぎる母』のエディ・レッドメインらが顔をそろえる。
シネマトゥデイ(外部リンク)

あらすじ: 刑期を終えて出所したブレット(ウィリアム・ハート)は、ひょんなことから若い娘マーティーン(クリステン・スチュワート)と、変わり者の青年ゴーディ(エディ・レッドメイン)と旅を共にすることになる。出所時に一通の手紙を妻メイ(マリア・ベロ)に出していたブレットは、彼女の気持ちを確かめるためメイの暮らすニューオーリンズを目指していた……。

山田洋二監督のオリジナル版と比べてしまえば、「ちょっとなぁ…。」という感じですが

もしこの映画をオリジナルを知らずに初見で観たらきっと感動していたに違いないと思います。

そもそもオリジナルがどうしてどうして名作かと言うと、

それは武田哲也と桃井かおりの夫婦漫才の様なやり取りでのお笑い要素と、
高倉健さんの悲運な人生とのギャップが感動の振れ幅を大きくしているからなんです。

ラストシーンでの黄色いハンカチを見た瞬間に感動の波がグッと押し寄せてくるんですね。

このリメイク版ではお笑い要素があんまり無いのでオリジナル以上の感動がきませんでした。

とはいえ、ストーリー自体はやはり感動できるものなので、黄色いハンカチが見えた瞬間は
とてもうれしかったです。

 

カウボーイビバップ ~天国の扉~

アニメ




ブラックラグーンの様なハードボイルドアニメを求めていたところ、最近になってカウボーイビバップを知りました。
そして、即効でハマり、アニメ版とこの映画版を見終わりてようやくカウボーイビバップの熱からさめることができました。

アニメにはあまりアンテナ張ってなかったのですが、こんな良い作品を知らずに生きてきたことが、恥ずかしくて
穴があったら入りたいくらいです。

窮地に陥っても、軽口を叩いて、ピンチを乗り越えるスパイクのようなハードボイルドな男、憧れます。
そして何より、無駄吠えをせず、大事なところでいつも気がきくコーギーのアイン、憧れます。

スパイクが軽口をたたけるのは世の中を知っているからです。
スパイクは昔は組織の為に働くエージェントでした。
組織で働くこと、規律の中で生きることを知っているからこそ、テキトーな生き方ができるものです。

私もいつか軽口を並べながらテキトーに生きるために、これから世の中を知っていこうと思います。

扉なんて無くて、そこには道しかないのです。
 

Kraak & Smaak

動画



青い塗装のドアとか階段のあるアパートっていいですね!

 

ウップス!な秀逸動画

動画

"oops" || appropriated digital video || 2009 || concept by Billy Rennekamp
// http://j.mp/oops-about
// http://billyrennekamp.com

A winner of the 2010 Vimeo Awards! http://vimeo.com/awards/about

Official Selection of the 2011 Sundance Film Festival! http://bit.ly/sundance2011


半年ぐらい前に作られたものですが、すごいです。
トランジションが自然なんだか不自然なんだかわかりませんが、見入ってしまいます。

ちなみに2010年のVimeoアワードの優勝作品で2011年のサンダンス映画祭正式出品作品です。
 

Chromeo - "Hot Mess"

動画

Director : Jeremie Rozan
DP : Mathieu Plainfosse
Producer : Mourad Belkeddar / Caviar Paris
Executive Producer : Gaetan Rousseau / Paradoxal



zapp&rogger みたいな音楽で懐かしい感じのダンスミュージックです。

動画も面白いです。
 

落語は人生をかけるもの by 世界のナベアツ

落語



よしもとニュースより

世界のナベアツが落語家に転身したようです。
桂三枝師匠の創作落語を見て、決心したとか

桂三枝の創作落語は僕も大好きです。
特に現時点で一番好きな演目は「仁義なき校争」です。

先生「鎌倉幕府はどうして潰れたのか知っている人はいるか?」

不良生徒「はい」

先生「じゃ じゃあ!?きっ!君」(汗)

不良生徒「鎌倉幕府はヤミ金で潰れました。」

先生心の声(なんてことを、それじゃあ、室町幕府がヤミ金業者ってことか!)
  
先生「その通り」

実際はもっともっと面白いです。

ナベアツが桂三枝師匠を超えられるかどうか気になるところです。
がんばって、落語をメジャーにしてほしいですね
 
Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。