えんためのぼやき

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

リリィ・シュシュのすべて

考えさせられる邦画

リリイ・シュシュのすべて 通常版 [DVD]
ビクターエンタテインメント (2002-06-28)

基本情報
出演
市原隼人, 忍成修吾, 伊藤歩, 岩井 俊二, 大沢たかお
監督・脚本
岩井俊二
公開
2001年
あらすじ
ある地方都市、中学2年生の雄一(市原隼人)は、かつての親友だった星野(忍成修吾)やその仲間たちからイジメを受けるようになる。そんな彼の唯一の救いはカリスマ的女性シンガー、リリイ・シュシュの歌だけであり、そのファンサイトを運営する彼は、いつしかネット上でひとりの人物と心を通わしていくが…。

関連動画を見る

感想
いじめ・売春・レイプ、14歳が経験するには余りにも残酷すぎる現実を生きている中学生たち大人と子供の境目に生きる彼らは、大人たちが築いたモラルの壁をいともたやすく超えてしまう中学というコミュニティは彼らしだいで天国にも地獄にもなる
自分はこの映画を受け入れることができます。
なぜなら14歳というのは大人が定義できないほどに良い意味でも悪い意味でも怪物であるからです。

でも、年をとるごとにこの映画は受け入れられなくなってくると思います。
人間は年齢を重ねるごとに保守的になっていくからです。

「こんな過激な子供時代はあり得ない」「こんなつらい経験をした子供はロクな大人になれない」
この映画はどうしても他人とは思えない、自分と切り離して観ることができない映画なんです。
だからこそ賛否が分かれるのだと思います。

決して暗いだけの映画でもないと思います。
雄一や久野さんは強い大人になるのかもしれない、そういう含みを持たせて終わるからです。

またいつか観ようと思います。
スポンサーサイト
 

花とアリス

青春の邦画

花とアリス

出演: 鈴木杏, 蒼井優, 郭智博, 相田翔子, 阿部寛
監督: 岩井俊二

あらすじ: 幼なじみのハナ(鈴木杏)とアリス(蒼井優)。ハナは落語研究会に所属する高校生・宮本(郭智博)に一目惚れ。同じ部活に所属し、なんとか宮本に近づこうとするハナ。そしてある嘘をついたハナは、宮本と急接近する。しかし、その嘘がバレそうになり、さらに嘘をつくはめに。しかもその嘘がきっかけで宮本がアリスに恋心を抱いてしまい……。
シネマトゥデイ(外部リンク)

「いい映画だよ」と言われ観ました。
確かにいい映画でした。いやっ というより嫌なところが一つもない映画です。
和製ファンタジーみたいな?感じ

冒頭のシーンの花とアリスが降りる駅の名前が面白かった
思わず巻き戻ししました

映像と音楽が常に幻想的です。
特にアリスの家の散らかり方が美しいです笑

岩井俊二にしかできない映画だなぁと思います。
蒼井優のバレエのシーンはすごくいいです。

そりゃV6の岡田君も大森南朋も彼女を好きになりますよ

女の子にお勧め映画は?って聞かれたら「花とアリス」を勧めよう!

 

親知らずを抜きました

日記

3年ぶりに行った歯医者でその日のうちに右上の親知らずを抜きました。
仕事早すぎる。まさか今日抜くとは

麻酔が効き始めてから、先生が「機材入るか確かめるから」と歯を何かではさんでいて
ゴリゴリやってたら「あっ!?抜けちゃった」
10秒もかからず歯が抜けました。

日ごろの行いが良いとすぐ抜けるそうです。

しかし、戦いはこれからです。
右下の親知らずが神経に近いらしく大学病院で抜くことになりました。

自分「切開するんですか?」先生「あんまり聞かない方がいいよ笑」
先生「上手できれいな女性の先生紹介するから」

早く終わらせたいです。
 

ハッシュ!

考えさせられる邦画

ハッシュ! [DVD]
ハッシュ! [DVD]
posted with amazlet at 10.08.28
ハピネット・ピクチャーズ (2004-07-10)


基本情報
出演
田辺誠一, 高橋和也, 片岡礼子, 秋野暢子, 富士真奈美
監督・脚本
橋口亮輔
公開
2001年
あらすじ
ペットショップで働く直也。気ままなゲイライフを送りながらも充足感を得られずにいる。土木研究所で働く勝裕。ゲイであることを隠し、自分の気持ちをストレートにうち明けられない優柔不断さにうんざりしている。歯科技工士の朝子。傷つくことを怖れ、人生を諦めたような生活を送っていた。やがて、付き合い始めた直也と勝裕。平穏な時が流れようとしていたある日、二人は朝子との偶然の出会いから、その関係が揺らぎ始める。朝子は勝裕がゲイであることを承知の上で、「結婚も、お付き合いもいらない、ただ子どもが欲しい」とうち明ける。

予告編を見る

感想

ゲイであるがために、人とうまく付き合えないために、一生孤独でいることを覚悟し、それを受け入れていた三人がしだいに心を通わせ、自分たちの前向きな世界を築き上げていくために歩いていく、そんな映画です。

ぐるりのこと」が高い評価を得た橋口亮輔監督の映画ですが、なんと監督自身がゲイであるとか!
これには驚愕しましたが、それによってリアルで細やかな人間描写ができたのだろうなと思います。

ゲイの主人公を描いた映画となると犬童一心監督の「メゾンドヒミコ」を思い出さずには居られません。
ゲイのオダギリジョーと孤独な女柴崎コウとの愛情でも友情でもない微妙な関係性がありました。
また、ゲイだからこその深い孤独と苦悩の過去はやはり普通の人々の抱えるそれとはまた違う深さがあります。

橋口監督の次の作品にも期待したいと思います。



メゾン・ド・ヒミコ 通常版 [DVD]
角川エンタテインメント (2006-03-03)
売り上げランキング: 17034
 

映画 おとうと

感動できる&笑える邦画

photo.jpg
基本情報
出演
吉永小百合, 笑福亭鶴瓶, 蒼井優, 加瀬亮
監督・脚本
山田洋次
脚本
山田洋次、平松恵美子
公開
2010年
概要
『学校』シリーズ以来、約10年ぶりとなる山田洋次監督による現代劇は、2008年に逝去した市川崑監督の『おとうと』にオマージュを捧げた作品だ『母べえ』でも共演した吉永小百合と笑福亭鶴瓶が、再度姉弟役を演じている。女手一つで娘を育ててきた姉と、大阪で芸人にあこがれながら破天荒な暮らしを送る弟との再会と別れを描きながら、家族とは何かを問う。もちろん、笑いと涙を交えながら。思えば『幸福の黄色いハンカチ』や『息子』をはじめとする諸作で、その時代その時代の家族の姿を追い続けてきた。いつの時代も変わらない家族の姿を描く一方で、鋭く切り取る現代社会が抱える問題―「看取り」「ターミナルケア」への問題提起にも着目してほしい。

予告編を見る


感想

久しぶりに正統派の邦画を見た感じがしました。
最近は凝った映像とか斬新なカットとかがちやほらされるけど、山田監督は寅さんの頃からのやり方でとても安心してほっこり見れる映画だと思います。

鶴瓶はディアドクターの演技の方が良かったかな?吉永小百合じゃなくて倍賞千恵子の方が良かったかな?と思ってしまう。しかし、それは結局、現代の寅さんが観たいだけという願望のあらわれです笑

市川崑監督のおとうとも見たことありますが、山田監督のおとうとはオリジナルの視点が盛り込まれてて非常に良かったと思います。

吟子の死んだ夫が鉄郎を娘の名付け親にした理由
そのことで吟子が鉄郎に負い目を感じているというエピソードは何とも言えない感情になりました。
こういう感情で心が揺さぶられることって今までなかったので、ありがとうございます山田監督!!っていう感じです。

なんでも出来る姉は落ちこぼれの弟なしには姉にはなりえなかった。
互いの人生にとって両者は絶対不可欠の存在だった。
それは時に鎖につながれているような苦痛でもあるし、切り離すことのできない愛おしいリボンのようでもある。
家族兄弟姉妹にしかないつながりが見えました。

個人的には加瀬亮と蒼井優の告白シーンもすごく良かった
恥ずかしくなった。

鉄郎が死んだ「みどりの家」のようなホスピスが実在するとしたら、尊すぎる。

石田ゆり子が最期に「楽になって、てっちゃん」と言ったときはゾクッとしました。
でも、これが人の死を何回も看取ってきて、死とは何かを知っている人のやり方なんだろうなと思いました。

最期に見どころは?と聞かれたら「自転車屋の笹野高史です」と言いたいです。
 

インビクタス

感動できる洋画

インビクタス


出演: モーガン・フリーマン, マット・デイモン, レレティ・クマロ, マット・スターン
監督: クリント・イーストウッド


あらすじ: 1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナール(マット・デイモン)は、一致団結して前進する。

誰が見ても感動できる非常に分かりやすい映画です。
アパルトヘイトが終結し、新時代への希望と不安を抱えた南アフリカを導いたネルソン・マンデラ大統領の指導力とラグビーを通じて国が一つになっていく姿を描いた快作です。

アメリカの人種差別撤廃を指導したキング牧師、そして南アの未来を切り開いたマンデラ。
時代の節目節目にこうした黒人の指導者が現れます。
オバマもきっとこういう指導者になることを願います。

それはさておき、映画は非常に明快です。

ある時マンデラはラグビーチームのキャプテン・ピナールをお茶に招待します。
そこでマンデラはピナールに「リーダーとしての哲学」は何かを問う。
ピナールは当たり障りなく答える。
そんなピナールにマンデラは「自分の場合は他人の偉業に触れることだ」と言う。

そんなピナールはW杯直前にマンデラが30年間収監された監獄を見学する。
そしてそこでマンデラが書いた詩を思い出す。

ピナール私を覆う漆黒の闇
鉄格子にひそむ奈落の闇
私はあらゆる神に感謝する
我が魂が征服されぬことを

無惨な状況においてさえ
私はひるみも叫びもしなかった


マンデラ運命に打ちのめされ血を流しても
決して屈服しない激しい怒りと涙の彼方に
恐ろしい死が浮かび上がる
だが長きにわたる脅しを受けてなお
私は何ひとつ恐れはしない
門がいかに狭かろうと
いかなる罰に苦しめられようと
私が我が運命の支配者
私が魂の指揮官


何故、マンデラは30年も閉じ込められていたのに、人を許せるのか?
ピナールは自問する。

ピナールはしだいに自身のラグビーチームがただのスポーツチームでないことを認識する。
それは国家の団結を、未来をマンデラから託された新時代の南アの代表であった。

映画の最後、未来を背負った南アチームがW杯で優勝した時、握手を交わすマンデラとピナールの目は互いの目指す未来を見つめているような気がしました。

真の指導者とは何か?
それは敗北と挫折の味を知っているからこそ、人々をひきつけ、そして何事にも屈しない精神で導くことができるのではないでしょうか。

きれいごとはきらいですが、そのきれいごとを現実にする指導力とその思想には感服です。

 

Mステ ~HY~

音楽

MステでHYの「時をこえ」を聴きました。
めっちゃ感動しました。

「命を大切に」っていう事を伝えたいと言っていましたが、
全然説教くさくなく、すごい真摯に伝わってきます。

おじい、おばあの姿を見たらわかるよね、必死に生きてきたことが

だから僕らが伝えよう歌おうていう感じで

歌詞に説得力がある

命を大事にっていう事を真正面から訴えているのではなく
自分たちが歌う理由をおじいおばあの姿を通して歌っていて
それが結果的に命の大事さを伝えることになっているのですごい感動しました。

命を大事になんてメッセージは当たり前すぎてあんまり好きじゃないけど
今回ばかりは感動しました。

HYは渋谷のクワトロでライブやっていたので最近気にかけていましたが
やっぱりイイバンドっすね!

時をこえ

聴けます。
 

ペルシャ猫を誰も知らない

悲しくなる洋画

イランロック

解説: 『亀も空を飛ぶ』などのイランのクルド人監督、バフマン・ゴバディが初めて故郷クルドを離れ、大都市テヘランを舞台に描く青春音楽映画。ポップ音楽の規制の厳しいイランで、さまざまな苦労をしながら音楽活動に情熱を傾ける若者たちの日常をゲリラ撮影で切り取る。主演の二人をはじめ、出演者には実在のミュージシャンたちが名を連ねている。ロックやフォーク、ヘビーメタルにラップなどの素晴らしい才能が眠るイランの多様な音楽シーンに驚嘆する。
シネマトゥデイ(外部リンク)

日本にいたらイランの情報なんてテロか石油の話ししかでてこない。
ましてやイランの音楽界の事なんて全く知る由もない。
イスラムの教えにより伝統音楽以外は厳しく統制されるという現状の中
イランの若者たちは、様々な場所で隠れて自分たちの音楽を練習する。

映画では主人公の二人がロンドンに行くためにバンドメンバー探しやコンサートの手配をしていきながら、イランの伝統音楽以外のロックやラップ、ヘビメタなど警察に隠れて活動する若者たちの現在を描いていく。

抑圧されているからこそ彼らの歌詞には説得力があり、メッセージ性がある

音楽への情熱、音楽の力、イスラム社会における自由とは
様々なことを再考させられる映画になっている

別に音楽で革命を起こしたいわけじゃない、ただ音楽を楽しみたいだけなのに、、、

彼らがいつかイラン国内で大観衆を前に胸を張ってコンサートをできる日が来るのだろうか

 

グッバイ、レーニン!

考えさせられる洋画

グッバイ、レーニン! [DVD]
グラッソ(GRASSOC) (2004-10-16)



出演: ダニエル・ブリュール, カトリーン・サーズ, チュルバン・ハマートヴァ
監督: ヴォルフガング・ベッカー


解説:  1989年、東ベルリン。テレビ修理店に勤める青年アレックス。彼の父は10年前に家族を捨て、西側に亡命した。一方、母クリスティアーネは、その反動からますます愛国心を強めていく。そんなある日、秘かに反体制の考えを持っていたアレックスが反社会主義デモに参加。その結果、警察と衝突するところを偶然目撃したクリスティアーネはショックで心臓発作を起こし、昏睡状態に陥ってしまう。その間にベルリンの壁が崩壊、統一ドイツは資本主義国家となる。やがて8ヶ月後、クリスティアーネは奇跡的に覚醒するのだが…。(allcinema ONLINE)

アレックスは母親にショックを与えないために、ドイツが統一したことを隠し通すことを決める。
外側では変わりゆく人、物、思想をしり目に母が寝る部屋でだけは東ドイツ時代であることを演出するアレックスの奔走ぶりは微笑ましくもあり、荒唐無稽にも思える。

母のために作り上げた世界が、しだいに自分の望む世界であることに気がついたアレックス。
本当は虚構の世界なのに、母の中ではまぎれもない現実であることが、アレックスに「現実の曖昧さ」を認識させ、最後はアレックスの望む形で東西ドイツが統一する。

ある日突然、国の主義が変わったとき一体どれくらいの人がそれに順応できるのだろう?
家具も変わり、車も変わり、食品も変わることに「資本主義になったから」と納得できるだろうか?

はたして資本主義が勝つことがドイツにとって良かったことなのだろうか?

東ドイツの人々が経験したそういう違和感を知ることができる映画でした。

撤去されるレーニン像と母親が対峙するシーンは見ものです。
あの瞬間に母親は自然な形で社会主義と決別できたのかもしれない。

ダニエル・ブリュームはいい俳優です。
なんか若者の悶々としたパワーをかんじます。
 

世界の名作 「道」 フェデリコ・フェリーニ監督 

悲しくなる洋画



出演: ジュリエッタ・マシーナ, アンソニー・クイン, リチャード・ベースハート, アルド・シルヴァーナ
監督: フェデリコ・フェリーニ

解説:  大力自慢の大道芸人ザンパノが、白痴の女ジェルソミーナを奴隷として買った。男の粗暴な振る舞いにも逆らわず、彼女は一緒に旅回りを続ける。やがて、彼女を捨てたザンパノは、ある町で彼女の口ずさんでいた歌を耳にする……。野卑な男が、僅かに残っていた人間性を蘇らせるまでを描いたフェリーニの作品。(allcinema ONLINE)

じわじわと、考えれば考えるほどに感動できる映画です。
ザンパノの悲しみ、ジェルソミーナへの憐れみ、観客はどちらにも感情移入できる。

ジェルソミーナは旅の途中、楽しい結婚式の華やかな雰囲気を楽しむが、子供たちに連れられ、その会場の家の二階にいる知恵遅れの少年を観たとき、物珍しさと同時に自分と似ている何かを感じたのだろう。
自分も彼と同様に幸せな時間を人と共有することなく、二階で一人ぼっちの人生なのでは?と不安に駆られる。

ジェルソミーナはそんな自分の無力さ、憐れさを嘆きながらも、「小石でも必ず何かの役に立っている」綱渡りが得意な羽をはやした大道芸人のイルマットからの言葉を信じ、「ザンパノは私がいなければ一人ぼっちよ」と言って、粗暴で信仰心のかけらもないザンパノへの慈悲を見せる。

しかし、ザンパノがイルマットを殺した。いつもおどけていたイルマットの死を直近で目撃したジェルソミーナは事あるごとに、「彼の様子が変よ」「あなたは私がいなければ一人ぼっちよ」と言うようになり、とうとう頭がおかしくなる。その様子を見たザンパノは自分の罪から目をそむけたい一心でジェルソミーナを捨てて去ってしまう。

月日はたち、ザンパノは海辺の町でジェルソミーナの死を知り、浜辺で一人号泣するのであった。

ザンパノは何故泣いたのか?

それはイルマットを殺した罪を、ジェルソミーナを見捨てた罪を後悔したからである。そして、なにより、現実の自身の孤独の大きさを知ったとき初めてジェルソミーナが自分に対して注いでくれた慈悲の大きさに気づいたからであったからだろう。吠えるだけしか知らない犬が人間になった瞬間かもしれない。

フェデリコ・フェリーニ監督は【神の愛は信じぬ者にも及ぶ】という思いで作ったそうです。
キリスト教を知らなくてもその意味はわかると思います。

だけど個人的にはザンパノに慈愛を気付かせるためにッジェルソミーナの人生はあったのか?と思う方が切なくなります。

ほんと名作です。
 
Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。