えんためのぼやき


スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

進撃の巨人

アニメ

久しぶりのブログ更新です! 更新していないブログに、下の方にまで広告を自動表示させる驚きの仕様変更に、げきおこぷんぷん丸という事で更新することにしました! 最近、映画はほとんど見れていないので、今、話題の進撃の巨人について書いて、忌々しい広告達とおさらばしたいと思います!

adgamen

続きを読む

スポンサーサイト
 

宇宙ショーへようこそ

アニメ

entry_img_190.jpg
基本情報
声の出演
黒沢ともよ, 生月歩花, 鵜澤正太郎, 松元環季, 吉永拓斗
監督
舛成孝二
脚本
倉田英之
公開
2010年
概要
舛成監督初の劇場作品となる本作のため、脚本の倉田英之、キャラクターデザインの石浜真史、音楽の池頼広らをはじめ、現在のアニメーション界をリードする気鋭のスタッフが終結!また新進ながら『おおきく振りかぶって』『黒執事』など人気作を多数発表し、注目を集めるA-1 Picturesが制作を担当。 「理屈抜きで楽しめる作品を目指した」といった舛成監督の言を裏付けるかのように、世界三大映画祭のひとつベルリン国際映画祭のジェネレーション部門にノミネートされるといった快挙を成し遂げた。

予告編を見る

感想

宇宙に想いを馳せている人間としてはこの映画のタイトルは見たいなぁと思っていました。しかし、絵をパッと見た感じ、萌え系なのかなぁと思って、見るのをためらっていました。ところが見てみると予想を上回るクオリティーで驚きです。テーマが宇宙という事でかなり贔屓していますが、個人的には「サマーウォーズ」よりも面白いなと思います。

冒頭の子供の雰囲気はトトロのさつきとメイを彷彿とさせ、なおかつ町の雰囲気や森の絵もとてもきれいなので、変な先入観がまず消えて、「ちゃんとした映画じゃん!」とすぐに思わせてくれました。

そこからまた一気に物語の展開がファンタジックになっていくので、劇場アニメでこのワクワク感はとても久しぶりです。

続きを読む

 

映画 鉄コン筋クリート

アニメ

entry_img_186.jpg
基本情報
出演
二宮和也, 蒼井優
監督
マイケル・アリアス
原作
松本大洋
公開
2006年
あらすじ
義理と人情とヤクザの"地獄の町"<宝町>。自由に飛び回る<ネコ>=2人の少年、クロとシロのたったひとつの住処。 しかしそこへ、開発という名の地上げ、ヤクザ、暴力、実態の分からぬ"子供の城"建設プロジェクト、 不気味な3人組の殺し屋の影、そして、<ヘビ>と呼ばれる男が現れ、町は不穏な空気に包まれる。宝町が大きく動くとき、二人の運命も大きく揺り動かされる―

予告編を見る

感想

以前テレビで観たような気がしますが、ほとんど覚えていなかったので、これが初見ということにします。 原作の漫画も未見です。 この映画のストーリーははっきり言って万人受けしないものです。シロとクロという子供のキャラを通して、善と悪、光と闇を浮き彫りにさせる構造はわかりやすい形で提示されています。しかし、クロが闇(イタチ)にひきずられていた理由は?シロの存在理由って何?とスッキリ完結しない所があり、物語のわかりにくさをもたらしています。


細かく考えてみると、「俺は貴様の照らした影じゃない」というイタチの言葉からわかるとおり、表面上は無力なシロを守るクロがいて、それがクロの生き甲斐でもあり、存在理由でした。しかし、本質的にクロはシロに対してある種の劣等感を抱いていたのではないでしょうか? すなわち、シロ(光)がいなければクロ(闇)は存在できないという、無意識のうちの劣等感を持っていたのです。


そんなクロがシロと隔絶された時、クロの中にあった劣等感や絶望を覆い尽くす混じりけのない闇である妄想世界の住人であったイタチが現出してしまいました。クロがシロへの依存状態を断ち切るために、クロが自分自身で存在理由を見つけられるために、イタチがクロをダークサイドへと誘うのでした。


クロが闇に飲み込まれているシーンは絵的にもスゴイどんよりした感じで、引き込まれる場面です。 一見してイタチは悪魔のような存在です。 しかし、考えてみるとイタチってクロにとって別段悪い存在ではないのかなとも思います。警察にもヤクザにも一目置かれていたクロにとって正義とか不正義とかって確かなものではないはずだし、自分のものだと思っていた街はどんどん変化していくし、結局のところ人間が理想とする秩序や規範律は宇宙の無限大の闇に広がる一筋の光の様な存在でしか無いのかもしれません。現実問題として、光であっても強力な重力に引き込まれるし、光では観測できない暗黒物質が空間を漂っているわけだし、光よりも速い物質があるらしいし…


このように何一つ確かな事はないですが、何かに折り合いをつけないと生きずらい世の中であることは間違いありません。ダークサイドに落ちても、潔白な人間になっても、何らかの生き方の選択をすることは中途半端よりはいいのかもしれないですね。


続きを読む

 

MEMORIES / 大友克洋

アニメ

entry_img_183.jpg
基本情報
声の出演
山寺宏一, 堀秀行, 磯部勉, キートン山田
監督
大友克洋, 森本晃司, 岡村天斎
脚本
今敏
公開
1995年
概要
大友克洋の原作をアニメ化したオムニバス・アニメ作品。帰還途中の宇宙飛行士たちが朽ちた宇宙船に迷い込み、孤独に死んだ天才ソプラノ歌手によって作り出された幻に搦めとられる「彼女の想いで」(森本晃司監督)、ある薬を飲んだことから、その体で毒ガスを生産する殺人兵器となってしまった男の行く末をブラックユーモアで描く「最臭兵器」(岡村天斎監督)、移動砲台都市で、大砲を撃つためだけに働く住人たちの平凡な1日を淡々と描写する「大砲の街」(大友克洋監督)の3本。
感想

大友克洋監督といえば世界的にも有名な「AKIRA」(1988)です。 そして他の劇場映画で言えば、「スチームボーイ」(2004)などです。あと、一番知れ渡っているのは日清のカップヌードル用のアニメFREEDOM(2008)かもしれません。

MEMORIESは1995年公開の作品なのでAKIRA以後の劇場アニメ監督作品2本目と言う事になります。 本作は3本のオムニバス作品ですが、どれも構成や長さ的にもちょうど良い感じだと思うので、すんなり観れたかなと思います。大友克洋監督しかり、その他の2人の監督も当時は若手でしたが、現在ではクリエイター界の重鎮です。その意味でも今見て面白い映画かなと思います。

まず一本目は森本晃司監督、今敏脚本の「 -彼女の想いで-MAGNETIC ROSE」です。個人的には3作の中では一番好きな作品です。過去の想い出に囚われるオペラ歌手の残留思念が宇宙の大規模構造と共に肥大化して、恐ろしいシステムを持ったスペースデブリ(宇宙ごみ)になってしまうという、SFのお手本のような物語です。 宇宙規模で考えると、「人間てなんてちっぽけな存在なんだ」と考えがちですが、宇宙の長いサイクルを思えば、「現状の小さな変化が未来に大きな狂いを生じてしまう事もある」という考え方も出来ます。つまり、人間一人一人の行動や想いが宇宙の未来に大きな影響を与える事も可能なわけです。簡単に言えば、ちりも積もれば…と言う事ですね。

確かに、誇大妄想化した人間の想い出が宇宙の未知の力を借りて、幽霊システムと化し、生きている人間を惑わす恐ろしい物語なのですが、結局のところ、宇宙にとってのただのゴミの話なんだよなと思い返し、際限のない宇宙の大きさや物語の深さに辟易してしまいます。 そして、こういう物語が好きなんだなぁと改めて自分の嗜好を再確認しました。

2本目は、岡村天斎監督の「最臭兵器」です。岡村監督をググったら、カウボーイビバップ(絵コンテ)とか、Darker Than Black(監督)とか様々な事に関わっていて、驚愕しました。 最臭兵器では「世にも奇妙な物語」のような設定と、ありえない軍事力にアニメらしさを感じます。面白いけど、1本目の「彼女の想いで」が好きだったので、高揚感はありませんでした。

3本目は大友克洋監督の「大砲の街」です。これは完全に世界観や絵を楽しむ作品です。凄いのはほぼワンカットの作りです。場面が巻物を開いて追っているかのようにして変わっていきます。劇場の大スクリーンだったら、きっと感動していた事でしょう。

20.jpgfreedom.jpg

続きを読む

 

映画「トライガン」 ヴァッシュって尊い

アニメ

ヴァッシュ
基本情報
声の出演
小野坂昌也, 速水奨, 鶴ひろみ, 雪乃五月, 磯部勉
監督
西村聡
漫画
内藤泰弘
公開
2010年
概要
内藤泰弘原作による大人気SFガンアクションアニメが劇場版化!流砂に囲まれた町・マッカを伝説の大強盗ガスバックが狙っているという噂が流れ、町を守るため市長は荒くれ者を集めていた。そして続々と集まってくる賞金稼ぎたちの中に、ヴァッシュ・ザ・スタンピードの姿が…!
感想

劇場版トライガンを鑑賞しました。 ちなみに漫画原作は読まずに、アニメのみ観たことがあるだけです。

正直トライガンにはあまり面白みは感じてなかったのですが、ヴァッシュの信念に主人公キャラらしからぬ妙な違和感を持っていたので気になっていました。 ヴァッシュは絶対的な力を持っているにもかかわらず、その力を制裁の為ではなく、救済の為に使います。つまり、ラブ&ピースの信念のもと誰も死なずに争いを解決しようとするのです。たとえそれが極悪非道の人間であったとしてもです。よくありがちな主人公像かもしれませんが、ワンピースの場合だと人の生死はあまり語られません。しかし、トライガンではとにかく殺さないこと、死なないことがヴァッシュの一番の口ぐせであり、一番の関心事です。

多くの人は勧善懲悪を良しとします。そしてその延長で悪は死んでしまっても構わないと考えます。私も同じような考えです。しかし、ヴァッシュはそれさえも「駄目だ」と言います。その悪人を助けたことで、多くの人の命や日常が危険にさらされる可能性があったとしてもです。これがアニメを見ていた時の違和感でした。

今回の劇場版トライガンでもヴァッシュが命を救った強盗犯ガスバックによって生み出される憎悪の連鎖がヴァッシュを苦しめます。ガスバックが生かされることで、不幸を被った人間が沢山います。きっとヴァッシュもわかっていたことです。それでもガスバックの命を救う意味はあったのでしょうか?ヴァッシュの行為は真の意味で人助けに成っていたのでしょうか?ヴァッシュの唱えるラブ&ピースは人道主義者のきれいごとなのでしょうか?

ヴァッシュ

そんな事を考えていたらヴァッシュが行おうとしている事がとてつもなく尊いのではないかと思うようになりました。すなわち、ヴァッシュは人間のDNAに染みついている記憶を変えようとしているのかもしれません

悪い奴は消えてしまった方がいいと考えるのはごく普通の事です。人は利益の多い方を選択します。こいつを生かしておくと多くの命が危険にさらされるから、今ここで消した方が良いと考えるのは最大多数の最大幸福の為に必要なことです。しかし、それは異なる人種、民族という単位になった時、紛争や戦争が起こることになります。

現実にユーゴスラビア紛争ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争ではセルビア人、クロアチア人、ムスリム人同士の恐ろしい殺戮が起きました。たとえ子供や女性であっても、将来の敵を生み出すことになるから容赦なく殺していったのです。しかも一方の民族が虐殺したという話ではなく、お互いに民族の虐殺を行い、まさに血で血を洗う戦いとなったのです。他民族を無慈悲にも殺す理由は、今殺さなければ次に殺される、という長い対立の歴史によって醸成された記憶があるからです。そしてこの記憶はもうDNAに刻まれていると言って良いでしょう。だからまた恐ろしい紛争が起きてもおかしくないと思います。

ヴァッシュ

この世界に必要なのは誰も死なずに争いを解決するという感覚です。それはまさにヴァッシュが伝えようとしている事です。しかし、これは人間の自然な「悪は死んでも良い」という感覚を作り変えなければなりません。日本人も大多数がこの感覚であるはずです。僕もです。しかし、自分にとっての悪が他人にとっての善であることもあります。その逆もまたしかりです。 だから、この「悪は死んでもいい」というDNAに刻まれた感覚をいつの日か変化させなければならないのです。それが何百年かかろうとも、、、

トライガンの世界には何百年も生きることが出来るヴァッシュがいるからきっと大丈夫でしょう。 しかし現実世界にはヴァッシュの様な存在は居ません。一体あと何回紛争を繰り返したら、ヴァッシュと同じ感覚をもった人間が出来あがるのでしょうか、、、

しかしトライガン見てこんなこと考える自分きもいっすわ

ヴァッシュ
 

カウボーイビバップ ~天国の扉~

アニメ




ブラックラグーンの様なハードボイルドアニメを求めていたところ、最近になってカウボーイビバップを知りました。
そして、即効でハマり、アニメ版とこの映画版を見終わりてようやくカウボーイビバップの熱からさめることができました。

アニメにはあまりアンテナ張ってなかったのですが、こんな良い作品を知らずに生きてきたことが、恥ずかしくて
穴があったら入りたいくらいです。

窮地に陥っても、軽口を叩いて、ピンチを乗り越えるスパイクのようなハードボイルドな男、憧れます。
そして何より、無駄吠えをせず、大事なところでいつも気がきくコーギーのアイン、憧れます。

スパイクが軽口をたたけるのは世の中を知っているからです。
スパイクは昔は組織の為に働くエージェントでした。
組織で働くこと、規律の中で生きることを知っているからこそ、テキトーな生き方ができるものです。

私もいつか軽口を並べながらテキトーに生きるために、これから世の中を知っていこうと思います。

扉なんて無くて、そこには道しかないのです。
 
Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。