えんためのぼやき


スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

「変わったかたちの石」のPVを観る

音楽

entry_img_219.jpg

Favorite lyric

僕たちはそれでも
流されず 
もっと自由に生きるんだ
尖ってる自分らしさ
石のように在り続ける

基本情報
歌手
Kinki Kids
PV監督
行定勲
作詞
秋元康
作曲
マシコタツロウ
感想

行定勲監督がPVを製作したKinki Kidsの「変わったかたちの石」
テレビの堂本兄弟はたまに見る事はあってもキンキキッズの曲を好んで聴くという事は今までありませんでした。しかし、今回は行定監督のPVという事もあって少し興味を持ち聴いてみたところ…

続きを読む

スポンサーサイト
 

好きな映画音楽を聴く

音楽

entry_img_201.jpg

好きな映画音楽をまとめたいなと思ったので、自分の記憶を色々辿って、まとめました。順番は思い出した順です。テーマ曲でも劇中歌でも何でもありです。

一部ドラマ音楽も入っています。そして、これから随時、整理と更新をしていこうと思います。

映像作品の中の音楽やテーマ曲というのは、よりその音楽の中に入り込むことが出来るので、心に残りやすいものです。 多くの人とその印象を共有しやすいのも面白いですね。


もしおすすめの映画音楽が他にもあったら映画を含めて、是非コメントで教えてください!

続きを読む

 

No Scrubs / Covered by karmin

音楽

YouTubeの使い方って人それぞれだと思いますが、僕の場合はYouTubeアカウントをとって、好きなチャンネルをサブスクライブして、新たな動画がアップされるたびに観るというようになっています。チャンネルというのは誰でも開設できるものですが、やはり人気のチャンネルは決して多くはありません。今日はいつも購読しているチャンネルからの動画(音楽)を紹介します。


紹介するのはkarminというミュージシャンのチャンネルです。彼らはもうデビューしていてプロ?なので、オリジナルの曲も持っているのですが、彼らが人気の理由は有名アーティストのカバー曲が素晴らしいからです。毎回このチャンネルは観ていましたが、今回アップされたNo Scrubs-TLC がすごく良かったので記事にしてみました。 是非karminの歌声を聴いてみてください。原曲には無いラップまでつけてます!もちろん原曲知らなくても、カッコいい曲だとすぐにわかるでしょう。


動画は続きを読むから↓

entry_img_188.jpgAbout Karmin
karminはボストン・バークレー音楽大学で知り合い、クラッシックロックとジャズを学んだニックともともとのポップミュージックの土台にR&Bの影響を受けたエイミーによって結成された。2010年にはCDデビューを果たす。

続きを読む

 

カッコいい曲/白い部屋

音楽

野上智子さんというシンガーソングライターの曲です。
かっこよくないですか?

作詞作曲全て野上さんです。

ピアノを楽譜見てたどたどしくしか弾けない自分にとって、
作曲ってどのあたりの脳を使えばいいの?っていう風にいつも思います。

続きを読む

 

ジブリ音楽が心に響くのはなぜか?

音楽

久石譲 in 武道館 ~宮崎アニメと共に歩んだ25年間~ [DVD]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント (2009-07-03)


ジブリ音楽ほど皆に愛される映画音楽があるでしょうか?
正直、「君が代」以上に日本人に一体感という共感覚を思い起こさせてくれる音楽だと思います。
ジブリ音楽を聞くと、初めて宮崎アニメを観た時の清らかな感覚が蘇ってきます。
幼いころに出会ったあの感動体験にもう一度出会えることができるのです。

ジブリ音楽を聞くだけで、自動的に幼少時代のノスタルジックな思いが想起されるという
一種の洗脳状態にあるのでしょうか。

居酒屋にいても、その店のUSENでジブリ音楽が流されたら、それまでの話を途中で切りやめてジブリ談義に切り替えることもよくあります。

しかし、愛される要因は「ノスタルジー」だけでは無いと思います。
懐古的な思いを想起させるだけではなく、
音楽を聞いたその時々の感情にフィットする瞬間接着的な要素と、
聞いた後に残る充実感、その余韻がとても良いんです。

つまるところ、いつどんな時に聞いても心に沁みる普遍性があるんですね。

とくに「ハウルの動く城」のテーマ曲であった「人生のメリーゴーランド」は、タイトル通り「人生の壮大さ」、「はかなさ」を感じさせてくれる音楽で、大好きです。

何回も言いますが、これほどまでに映画の世界観とマッチした映画音楽は無いと思います。
久石譲さんはやっぱり偉人です。

武道館で行われた久石さんのライブは観る価値ありです。
ぜひ今度は生で聴きたいと思います。
 

ピアノブルースのすすめ

音楽



ピアニストのSilvan Zinggのピアノブルース動画です。
ブルースは良いですね。

弾けるようになりたいです。

この音楽を好きになったきっかけは「ピアノブルース」というマーティン・スコセッシ監督のドキュメンタリー映画でした。レイチャールズなどの有名なアーティストからブルースの起源をたどっていく映画です。

一つの文化を知るにはやっぱりその歴史を知らないといけないと思います。
特にブルースはアメリカ音楽の親みたいなもので、ブルースからジャズ、R&B、ヒップホップとかに派生していったわけですからね。


ピアノ・ブルース [DVD]
日活 (2005-03-04)
売り上げランキング: 67150


 

Mステ ~HY~

音楽

MステでHYの「時をこえ」を聴きました。
めっちゃ感動しました。

「命を大切に」っていう事を伝えたいと言っていましたが、
全然説教くさくなく、すごい真摯に伝わってきます。

おじい、おばあの姿を見たらわかるよね、必死に生きてきたことが

だから僕らが伝えよう歌おうていう感じで

歌詞に説得力がある

命を大事にっていう事を真正面から訴えているのではなく
自分たちが歌う理由をおじいおばあの姿を通して歌っていて
それが結果的に命の大事さを伝えることになっているのですごい感動しました。

命を大事になんてメッセージは当たり前すぎてあんまり好きじゃないけど
今回ばかりは感動しました。

HYは渋谷のクワトロでライブやっていたので最近気にかけていましたが
やっぱりイイバンドっすね!

時をこえ

聴けます。
 
Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。