えんためのぼやき


スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

「変わったかたちの石」のPVを観る

音楽

entry_img_219.jpg

Favorite lyric

僕たちはそれでも
流されず 
もっと自由に生きるんだ
尖ってる自分らしさ
石のように在り続ける

基本情報
歌手
Kinki Kids
PV監督
行定勲
作詞
秋元康
作曲
マシコタツロウ
感想

行定勲監督がPVを製作したKinki Kidsの「変わったかたちの石」
テレビの堂本兄弟はたまに見る事はあってもキンキキッズの曲を好んで聴くという事は今までありませんでした。しかし、今回は行定監督のPVという事もあって少し興味を持ち聴いてみたところ…

続きを読む

スポンサーサイト
 

今度は愛妻家

感動できる&笑える邦画

基本情報
出演
豊川悦司, 薬師丸ひろ子, 水川あさみ, 濱田岳, 城田優
監督
行定勲
脚本
伊藤ちひろ
公開
2010年
あらすじ
かつて売れっ子カメラマンだったが、今はプータロー同然の生活を送る俊介。そんな夫に文句を言いながらも世話を焼いている、健康マニアの妻さくら。ある日俊介は、さくらに半ば強引に子作りのための沖縄旅行へ連れて行かれる。しかしその日を境に、二人に微妙な変化が訪れる。

予告編を見る

感想

今度は愛妻家は2010年にパレードと同時に公開された行定勲監督作品です。 予想ではセカチューのような世界観なのかなーと思っていましたが、全く違いました。

この映画も劇場で観たいと思った作品だったのですが、宣伝で「夫婦におくるラブファンタジー」のような事を言っていたので、なんか行きずらいなーと思ってスルーしていました。 この映画は原作が舞台作品なので、映画も舞台を見ているかのような長廻しの映像が続きます。 結末がわかった上で見れば、全体的に悲劇の物語ですが、登場人物のやり取りなど部分部分で見れば笑える喜劇です。

また、この夫婦の関係性はフェリーニの「道」であったような、粗暴な男と献身的な女性という構図と似ているなと思います。「道」では男は支えてくれる女性が亡くなってはじめてその慈愛の大きさに気づきラストシーンで涙すると言う物語ですが、「今度は愛妻家」で描かれたのも、より日本的な形での夫婦のコミュニケーションの齟齬が生んだ悲劇です。

個人的には共感する点や戒められる点はなかったのですが、感動できて、笑える映画としてとても良い映画です。 家庭を持ったら感想が変わってくるかもしれないですね。

 

恋のしくみ/ webドラマ

ドラマ

FIVESTAR WEDDINGのwebサイトで公開されている行定勲監督が作った、ドラマ『恋のしくみ』が結構面白いことが判明しました。特に第二章の恋のキューピット2人のやり取りが最高に面白いです。関西弁のキューピットいいっすね!
1話10分程度です。今のところ2話まで公開されています。

出演:濱田岳、三浦誠己
監督:行定勲


ドラマを見る

濱田岳 パリコレモデルと結婚してた!
地味にこのニュースは衝撃です
 

「パレード」映画から原作を、そして最後に舞台へ

怖くなる邦画

entry_img_108.jpg
基本情報
出演
藤原竜也, 香里奈, 貫地谷しほり, 林遣都, 小出恵介
監督・脚本
行定勲
原作
吉田修一
公開
2010年
あらすじ
第15回山本周五郎賞を受賞した吉田修一の小説を、行定勲監督が映画化した青春群像ドラマ。都内のマンションでルームシェアをする4人の男女は、さまざまな不安を抱えつつも怠惰な共同生活を満喫していた。そんな折、男娼のサトルが同居人に加わり…。

この予告編おすすめ→予告編を見る


(ネタばれしてます、観てない人はダメ、絶対)

続きを読む

 

きょうのできごと a day on the planet

青春の邦画



監督: 行定勲
CAST: 田中麗奈, 妻夫木聡, 伊藤歩, 柏原収史, 三浦誠己

うまく言われへんけど…。
京都の大学院に進学する友達の引越し祝いに集まった仲間たち。そして、そこにはいないけど気にかかる人。一方、テレビに映し出されるのは、ビルの壁に挟まって抜け出せなくなった男や座礁したクジラのニュース…。どこにでもいるような若者たちの一日。でも、そこには言葉では伝えきれない想いが溢れている。

行定監督おとくいの青春群像映画!!
ロックンロールミシンときょうのできごとと現在公開中のパレードが監督の青春群像三部作です。
行定監督は演出とか演技指導とかすごいうまいんだと思います。
いろんな俳優女優が出てるけどそれぞれがいままでみたことないくらい自然だった。

ゆるゆるの青春時代を心地よく表現していました。

今日という日は誰にでも訪れ、そして同じように過ぎていく。
その一日が自分の人生にどれほどの意味があるのだろう?

自分があと60年生きるとしてそれを日に換算したら21900日
自分の人生を豊かにする1日を何日過ごせるだろう?
まぁ大抵は不毛な1日なのかもしれない
でもそれは現在を生きている人が平等に経験していること

思い通りには生きていけない世の中だけど、
とりあえず今日思った通りに生きてみよう。

↑ポエムかっ!
 

ロックンロールミシン

青春の邦画

ロックンロールミシン [DVD]
東映ビデオ (2003-05-21)




監督/ 行定勲
原作/ 鈴木清剛
CAST/池内博之、りょう、加瀬亮、水橋研二


冴えない毎日を送る会社員の賢司は、デザイナーズ・ブランドを立ち上げようとしている高校の同級生・凌一と出会う。後日、賢司はふと凌一の部屋を訪問する。そこには凌一の他に専門学校の教師をしている椿とロンドン帰りのカツオがいた。賢司は3人と一緒にブランド名を考える。最終的に“ストロボラッシュ”に決まり、盛り上がる3人。それを見て賢司は羨ましく思うのだった。しかし、凌一ら3人もそれぞれ不安を抱えていた。やがて、上司との諍いから会社を辞めた賢司が仲間に加わる。賢司は夢を持って毎日を過ごすことに充実感を覚えるのだったが……。


行定監督の映画って役者がいいのか 間が良いのか カット割りが良いのか
よく分からないけど退屈なシーンなのに飽きない。行定組の力なのでしょう。

サラリーマンの日々に閉そく感を感じ、その折に自由に夢を追いかける友人の姿を目の当たりにし、
しだいに惹かれ共にその夢を追いかけて行く。しかし、現実は厳しく結局すべてをゼロにリセットする。

「理想と現実は違う」そんな身も蓋もない言葉が就職難の時代に生きる学生の脳裏によぎりました。
タイで来月から社会人で学生最後に一人旅という方がいてその人が
「好きな仕事と向いてる仕事は違うよ」
と試合を終えたボクサーのような達観した口調で言ったのを思い出します。

でも、その相克を経験した時また新たな世界が見えてくるのではないのでしょうか。
そんな事を思いました。

 
Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。