えんためのぼやき


スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

映画 鉄コン筋クリート

アニメ

entry_img_186.jpg
基本情報
出演
二宮和也, 蒼井優
監督
マイケル・アリアス
原作
松本大洋
公開
2006年
あらすじ
義理と人情とヤクザの"地獄の町"<宝町>。自由に飛び回る<ネコ>=2人の少年、クロとシロのたったひとつの住処。 しかしそこへ、開発という名の地上げ、ヤクザ、暴力、実態の分からぬ"子供の城"建設プロジェクト、 不気味な3人組の殺し屋の影、そして、<ヘビ>と呼ばれる男が現れ、町は不穏な空気に包まれる。宝町が大きく動くとき、二人の運命も大きく揺り動かされる―

予告編を見る

感想

以前テレビで観たような気がしますが、ほとんど覚えていなかったので、これが初見ということにします。 原作の漫画も未見です。 この映画のストーリーははっきり言って万人受けしないものです。シロとクロという子供のキャラを通して、善と悪、光と闇を浮き彫りにさせる構造はわかりやすい形で提示されています。しかし、クロが闇(イタチ)にひきずられていた理由は?シロの存在理由って何?とスッキリ完結しない所があり、物語のわかりにくさをもたらしています。


細かく考えてみると、「俺は貴様の照らした影じゃない」というイタチの言葉からわかるとおり、表面上は無力なシロを守るクロがいて、それがクロの生き甲斐でもあり、存在理由でした。しかし、本質的にクロはシロに対してある種の劣等感を抱いていたのではないでしょうか? すなわち、シロ(光)がいなければクロ(闇)は存在できないという、無意識のうちの劣等感を持っていたのです。


そんなクロがシロと隔絶された時、クロの中にあった劣等感や絶望を覆い尽くす混じりけのない闇である妄想世界の住人であったイタチが現出してしまいました。クロがシロへの依存状態を断ち切るために、クロが自分自身で存在理由を見つけられるために、イタチがクロをダークサイドへと誘うのでした。


クロが闇に飲み込まれているシーンは絵的にもスゴイどんよりした感じで、引き込まれる場面です。 一見してイタチは悪魔のような存在です。 しかし、考えてみるとイタチってクロにとって別段悪い存在ではないのかなとも思います。警察にもヤクザにも一目置かれていたクロにとって正義とか不正義とかって確かなものではないはずだし、自分のものだと思っていた街はどんどん変化していくし、結局のところ人間が理想とする秩序や規範律は宇宙の無限大の闇に広がる一筋の光の様な存在でしか無いのかもしれません。現実問題として、光であっても強力な重力に引き込まれるし、光では観測できない暗黒物質が空間を漂っているわけだし、光よりも速い物質があるらしいし…


このように何一つ確かな事はないですが、何かに折り合いをつけないと生きずらい世の中であることは間違いありません。ダークサイドに落ちても、潔白な人間になっても、何らかの生き方の選択をすることは中途半端よりはいいのかもしれないですね。


続きを読む

スポンサーサイト
 

花とアリス

青春の邦画

花とアリス

出演: 鈴木杏, 蒼井優, 郭智博, 相田翔子, 阿部寛
監督: 岩井俊二

あらすじ: 幼なじみのハナ(鈴木杏)とアリス(蒼井優)。ハナは落語研究会に所属する高校生・宮本(郭智博)に一目惚れ。同じ部活に所属し、なんとか宮本に近づこうとするハナ。そしてある嘘をついたハナは、宮本と急接近する。しかし、その嘘がバレそうになり、さらに嘘をつくはめに。しかもその嘘がきっかけで宮本がアリスに恋心を抱いてしまい……。
シネマトゥデイ(外部リンク)

「いい映画だよ」と言われ観ました。
確かにいい映画でした。いやっ というより嫌なところが一つもない映画です。
和製ファンタジーみたいな?感じ

冒頭のシーンの花とアリスが降りる駅の名前が面白かった
思わず巻き戻ししました

映像と音楽が常に幻想的です。
特にアリスの家の散らかり方が美しいです笑

岩井俊二にしかできない映画だなぁと思います。
蒼井優のバレエのシーンはすごくいいです。

そりゃV6の岡田君も大森南朋も彼女を好きになりますよ

女の子にお勧め映画は?って聞かれたら「花とアリス」を勧めよう!

 

映画 おとうと

感動できる&笑える邦画

photo.jpg
基本情報
出演
吉永小百合, 笑福亭鶴瓶, 蒼井優, 加瀬亮
監督・脚本
山田洋次
脚本
山田洋次、平松恵美子
公開
2010年
概要
『学校』シリーズ以来、約10年ぶりとなる山田洋次監督による現代劇は、2008年に逝去した市川崑監督の『おとうと』にオマージュを捧げた作品だ『母べえ』でも共演した吉永小百合と笑福亭鶴瓶が、再度姉弟役を演じている。女手一つで娘を育ててきた姉と、大阪で芸人にあこがれながら破天荒な暮らしを送る弟との再会と別れを描きながら、家族とは何かを問う。もちろん、笑いと涙を交えながら。思えば『幸福の黄色いハンカチ』や『息子』をはじめとする諸作で、その時代その時代の家族の姿を追い続けてきた。いつの時代も変わらない家族の姿を描く一方で、鋭く切り取る現代社会が抱える問題―「看取り」「ターミナルケア」への問題提起にも着目してほしい。

予告編を見る


感想

久しぶりに正統派の邦画を見た感じがしました。
最近は凝った映像とか斬新なカットとかがちやほらされるけど、山田監督は寅さんの頃からのやり方でとても安心してほっこり見れる映画だと思います。

鶴瓶はディアドクターの演技の方が良かったかな?吉永小百合じゃなくて倍賞千恵子の方が良かったかな?と思ってしまう。しかし、それは結局、現代の寅さんが観たいだけという願望のあらわれです笑

市川崑監督のおとうとも見たことありますが、山田監督のおとうとはオリジナルの視点が盛り込まれてて非常に良かったと思います。

吟子の死んだ夫が鉄郎を娘の名付け親にした理由
そのことで吟子が鉄郎に負い目を感じているというエピソードは何とも言えない感情になりました。
こういう感情で心が揺さぶられることって今までなかったので、ありがとうございます山田監督!!っていう感じです。

なんでも出来る姉は落ちこぼれの弟なしには姉にはなりえなかった。
互いの人生にとって両者は絶対不可欠の存在だった。
それは時に鎖につながれているような苦痛でもあるし、切り離すことのできない愛おしいリボンのようでもある。
家族兄弟姉妹にしかないつながりが見えました。

個人的には加瀬亮と蒼井優の告白シーンもすごく良かった
恥ずかしくなった。

鉄郎が死んだ「みどりの家」のようなホスピスが実在するとしたら、尊すぎる。

石田ゆり子が最期に「楽になって、てっちゃん」と言ったときはゾクッとしました。
でも、これが人の死を何回も看取ってきて、死とは何かを知っている人のやり方なんだろうなと思いました。

最期に見どころは?と聞かれたら「自転車屋の笹野高史です」と言いたいです。
 
Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。