えんためのぼやき


スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ノーマンズ・ランド (ボスニア紛争)

悲しくなる洋画

ノー・マンズ・ランド [DVD]
ポニーキャニオン (2002-12-18)



出演: ブランコ・ジュリッチ, レネ・ビトラヤツ
監督: ダニス・ダノヴィッチ

解説:  1993年6月。ボスニア紛争の最前線。霧で道に迷ったボスニア軍の兵士たち。いつの間にか敵陣に入り込み、気づいたときにはセルビア軍の攻撃が始まっていた。唯一の生存者チキは、なんとか塹壕にたどり着き身を隠す。そこは、ボスニアとセルビアの中間地帯“ノー・マンズ・ランド”。偵察に来たセルビア新兵ニノと老兵士はボスニア兵の死体の下に地雷を仕掛けて引き上げようとする。その瞬間、隠れていたチキが二人を撃ち、老兵士は死に、ニノは怪我を負う。チキとニノの睨み合いが続く中、死んだと思われていたボスニア兵が意識を取り戻し……。(allcinema ONLINE)

戦争映画は基本的に戦争の不毛さを意識させるものですが、この映画も同様に戦争の不毛さが際立って伝わってきます。しかし、この映画が他と違う点は、凄惨な映像ではなく、ボスニアとセルビアの中間地帯で織りなす人間模様を描くことで戦争を表現していることです。

ボスニア人兵士のチキとセルビア人兵士のニノは「そっちが悪い」「そっちから始めた戦争だ」と互いにいがみ合い銃を向けあう。仕掛けられた地雷によって身動きの取れないチキの仲間は二人の様子を見て「もうたくさんだ、やめてくれ」と言う。
3人を助けようとするも紛争に直接介入することのできない国連軍。
何か特ダネを見つけようとする報道陣。

戦争の緊迫した状況で何一つかみ合わない人間模様は滑稽でもあり悲惨でもある。
大した戦闘シーンはないにもかかわらず、戦争の愚かさと悲痛さを描いたこの映画は
間違いなく名作だと思います。
スポンサーサイト
 

蟹工船

悲しくなる邦画

蟹工船 [DVD]
蟹工船 [DVD]
posted with amazlet at 10.04.26
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2010-01-21)



監督: SABU
CAST: 松田龍平, 西島秀俊, 高良健吾, 新井浩文, 柄本時生

北海道の先、カムチャッカ沖でカニを捕り、船上で加工缶詰を作る蟹工船の博光丸。そこで働く労働者は、監督・浅川(西島秀俊)の暴力と酷使に耐えながら、低賃金で重労働についていていた。そんなある日、労働者たちは一斉蜂起するが、力及ばなかった。しかし、労働者たちの心に火がつき、再び支配する者に立ち向かおうとする。

自分は原作を読んでいないので対比はできませんが、かなり監督のオリジナリティが出た作品だと思います。
あぁ、でもSABU監督作品見たのは初めてか
貧乏な家庭に生まれ、金持ちに労働力を搾取され、自分の運命に抗えない時代の若者たちの悲観というものが描かれていました。若者は未来に絶望し、来世は金持ちの家に生まれようと決意して自殺しようとまでする。

しかしそんな中、新庄は労働条件を良くするために団結し、ハチマキをまいて全員で浅川に直談判する。浅川は労働条件の改善を承諾するも、すぐに軍の駆逐艦の兵隊によって鎮圧されてしまう。
浅川は労働者の代表者である新庄をピストルで撃ち殺し、残された労働者はまた過酷な労働に戻っていく。

新庄を失った労働者たちは思う「代表者なんか決めなければ良かった。それぞれが自分の意思で行動しないといけないんだ」「俺たちは不幸や命令や我慢に慣れすぎているんだ」
そして、またハチマキをまき反撃にでるところで映画は終わる。

絶望的な状況だけどお笑いのTKOも出ていてコミカルな感じもありました。
松田龍平のオーラはすごいですね。
西島秀俊さんも相変わらずの演技で、機械化した鬼のようでした
高良健吾も最近大人気でね、

そういえばSWITCHという雑誌で松田翔太の取材特集をやっていたので読んでみたら
どうやら高良健吾と松田翔太は今年夏公開の「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」という映画で共演したらしく、共演する際に兄の龍平から高良のことを良い奴だと聞かされていて、大親友になったとか。
そのエピソードがすごいドラマチックだったのでぜひ読んでみてください。
偉そうだけど松田翔太のこと見直しました。

脱線しましたが映画はなかなか見どころアリだと思います。
原作よんでみようかな
 
Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。