えんためのぼやき


スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

モーターサイクル・ダイアリーズ  ~チェ・ゲバラの青春~

青春の洋画



出演: ガエル・ガルシア・ベルナル, ロドリゴ・デ・ラ・セルナ, ミア・マエストロ
監督: ウォルター・サレス

後に親しみをこめて“チェ”と呼ばれ、今もなお世界中から愛されている革命家ゲバラ。
まだ名もなき医学生だった頃の友との南米大陸縦断の旅が彼の未来を変えた!
人間味と情熱あふれる革命家の息吹が芽生える瞬間が心の極限を揺さぶり涙を誘う、真実の物語。

世界中の誰もが名を知っている革命家と言えばチェ・ゲバラ
彼の成し遂げたことを語るには、外すことのできない彼の青春時代が収録されています。

ただのロードムービーとして観れば普通の作品ですが、
ゲバラの実話だと思うと感慨深いものがあります。
この経験が彼を革命に突き動かしたのですから

ゲバラは裕福な家庭に育ちます。
いつの時代もそうですが幸せすぎるとその反動で未開の地へ憧れ、旅をしたい欲求に駆られます。
タイやインドに日本人旅行者が多いのもそういう衝動でしょう笑

ゲバラは現状からの変化を求め旅を始めますが、道中の様々な人々との出会いで
しだいに旅の目的が明確になっていきます。

自分達が「旅をしたいから、旅をする」のに対して、
道中に出会った夫婦は「生きるために、仕事を見つけるために旅をする」のです。

自分の周りの外の世界が想像以上に生々しいものであった事を認識したゲバラの
精神的な変化や成長が映画を通じて伝わってきます。

そしてゲバラの人間性も伝わってきます。旅の同行者であったアルバルト・グラナードはゲバラをこう言います。

何より素晴らしいと思うのは、チェの正直さだ―それに、否定的なものを肯定的なものに変えてしまう能力もすばらしかった。...彼は妥協しなかった。彼に見えていたものを共有し、それを信じなければ、(革命は)容易なことではなかった。

映画『My Best Friend』のプロデューサーであったクレア・ルインスが、今もゲバラが魅力的であり続けているのはなぜだと思うか、とグラナードに尋ねたとき、彼はこう答えている。

彼は、自分が公正と考えたもののために闘い、死んだので、若い人々にとって、彼は見習うべき存在になっている。そして、時が流れ、世界の国々がますます腐敗した連中に支配されるようになっているとき...チェの人格は、いよいよ大きく、偉大になってきていて、真似されるべき人物になっている。彼は崇められたりするような神ではなく、私たちが見習うことができる、常に最善を尽くした模範的な人間なのだ。(wikipediaより)

彼は国家転覆や殺人の為に革命を行ったのではなく、貧困や差別などの世界の不条理をただそうとするために革命を行ったのです。

彼の正直さに関しては映画からも素直に伝わってきます。

また、この映画を見て、一番思ったことは時間があるうちは若者は旅をすべきだと言う事です。
  • 異国での危機的状況
  • 自分を全く知らない人々との交友
  • 文化の違い、価値観の違い
  • 現実を目の当たりにする
こういうことを経験するとやっぱり何かが変わると思います。

大げさかもしれませんが、自分の立ち位置が世界規模でわかるようになるのかなと思います。
自分がいかに幸せか、自分がいかに小さいか、自分がいかに面白くないかがわかるはずです。

外の世界の面白さ、生々しさをもっと若者は知るべきかなと思いました。

今の世の中にはチェ・ゲバラのような人が必要です。

スポンサーサイト
 

INTO THE WILD

悲しくなる洋画

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]
Happinet(SB)(D) (2009-02-27)


監督/ショーン・ペン
原作/ジョン・クラカワー
CAST/ エミール・ハーシュ,マーシャ・ゲイ・ハーデン


大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は車や財布を捨て、自由を手に入れるための放浪の旅に出る。労働とヒッチハイクを繰り返し、アメリカからアラスカへと北上。アラスカ山脈の人気のない荒野へと分け入り、捨てられたバスの車体を拠点にそこでの生活をはじめる。

両親の確執や父親の偽りを幼いころから知りつつもともに暮らしてきた。心に両親への不信感と憎しみを抱え込みながらクリスは「真理を見つける」ために一人でアラスカの荒野を目指す。

よく一人旅のことを自分探しの旅というように言います。
でも本当は自分を探さない旅なんじゃないかと思うんです
(もともと百万円と苦虫女のフレーズなんですけど)

人は他人の目を通して自分を見るっていうように、
人との深いかかわりの中で自分を見つめ成長できるんだろうと思います

一人旅はいろんな人に出会えるのですが、深い関わりを築くことは難しいはずです。
つまり、自分をいくらでも偽ることができるのです。

しかし、そういう意味で言えば一人旅は「現実の自分」とは別の
「新たな自分」を見つける事ができる旅なのかもしれません。

クリスは自分の人生を憂い、「現実の自分」に目をそむけて
それとは違う別の新たな自分を見つけるために旅に出たかったのでしょう。

しかし、クリスは独善的で甘ったれなだけじゃないの?と一瞬思いました。
でも、そんな生半可な人間がお金焼いて車捨てて旅なんてできませんよね。

その「真理を求めて」という事の為にすべてを投げうつ事ができる信念は脱帽です。


ぜひ生きて帰ってきてほしかったなぁ

 

Big River

考えさせられる邦画

アリゾナの砂漠で出会った、国籍も境遇も全く違う3人の男女が、それぞれの人生に欠けていた“何か”を見つけ出すまでを描いたロードムービーだ。主演は日本を代表する若手俳優・オダギリジョー、「スタートレック」「NYPDブルース」など150本以上の作品に出演したキャリアを持つカヴィ・ラズ、モデルや女優として活躍するクロエ・スナイダー。第56回ベルリン国際映画祭のフォーラム部門でプレミア上映され、最も美しい映画と評された。

最も美しい映画というのは納得!!それぞれのカットが写真にしてポストカードにしたいぐらい(言い過ぎ!?)きれいでした。ただそれ以外の感想を持つのが難しい!!
日本人バックパッカーのテッペイ・アル中の祖父と共に移動式トレーラーで暮らすアメリカ人サラ・妻を捜しに来たパキスタン人アリ、国も人種も違う人が旅をするとこんな感じになるだろうなという感じです。

英語で最低限会話はできても、真の意味でわかりあうことはできないんでしょうね。
ストーリーはあまり判然としない感じでした。サラとテッペイは恋仲になるもなかなかわかりあえない。
アリは妻を発見したが、アメリカ人男性と暮らしていることが判明し、アメリカと自分の人生を恨む。
全体的にぼんやりとした映画です。
まだ物語が終わっていないような印象を受けました。テッペイの旅のほんの一部分なんでしょうね。
 
Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。