えんためのぼやき


スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Stuxnet以後の世界が気になる

ニュース

entry_img_221.jpg

僕はテックな人間でもなければ、工学系の人間でもないので、細かい詳細は全くわからないけど、Stuxnet(スタクスネット)が気になる。それこそ10年後の世界を想像した時に、このStuxnetがもたらした事はとてつもないものなんじゃないかとSF映画的な妄想が膨らんでしかたない。

続きを読む

スポンサーサイト
 

アマゾン原住民の武器はインターネット

ニュース



クーリエジャポンで紹介されていたのが、アマゾンの原住民のAlmir Narayamogaさんについてでした。
クーリエジャポンがソースにした記事はチリのニュースサイトですが、スペイン語なので一切わかりませんので、類似した内容っぽい記事を見つけたのでそこからの情報を紹介します。

How an Indian chief technology used to protect the Amazon

Almir NarayamogaさんはSurui族のリーダーで、部族で初めて大学に行き、生物学を学び、アマゾンの生態系を守る活動をしています。
2011年のFast Company magazineが選ぶ世界のクリエイティブな人物100人にも選ばれています。

彼はアマゾンの違法伐採やその業者達による部族の虐殺などを糾弾するためにGoogleとYoutubeに助けを求めました。それに応じたGoogleはGoogleEarthを活用し、地図を作り上げ、部族の人々にGPS機能付きのスマートフォンを提供しました。それによって、部族が違法伐採などをする業者を目撃した時、その光景を画像に撮ることで、地理情報と共にGoogleEarthにアップロードして動かぬ証拠を得ることが出来るようになりました。つまりこれによって警察が違法業者を取り締まらざるを得ない状況にしたのです。

驚く事はこの部族が外界と初めて接触を持ったのは42年前だという事です。
つまり、この人たちは40年ちょっとの間に、一気に人類の技術革新の最たるものを導入したのです。

しかし、Almirさんの適応力すごいな

今年の4月にもアマゾンで未開の部族が発見されたとかいうニュースがありました。
本当なんでしょうか?

まとめ記事
 

スマートウォーター時代

ニュース

クーリエジャポンでも大きく取り上げられていたのがスマートウォーターの事について。
「20世紀の戦争が石油をめぐって戦われたとすれば、21世紀は水をめぐる争いの世紀になるだろう」
1995年、当時世界銀行の副総裁であったイスマル・セラゲルディン氏がこう言ったそうです。

人口増加や温暖化による渇水・洪水などの影響で将来的に[水]が貴重品になることは間違いありません。
仮に日本で水道代が高くなったらどうなるでしょう?
一般家庭は勿論のこと、水を商品として扱う企業は非常に苦しい状況になるでしょう。

世界に目を転じれば、国際河川での紛争の火種となったり、水質汚染で飲み水として利用できなくなったり、農作物が取れなくなったり、工場が稼働しなくなったりと、
水が巻き起こす問題は社会的でもあり、産業的でもあるのです。

水に対する意識を変えなければなりません。

問題は考えている以上に複雑です。
しかし、その分さまざまな取り組みの余地があることもわかりました。
スマートに水を管理する、スマートウォーターの時代が来ます。

続きを読む

 
Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。