えんためのぼやき


スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

東京家族

感動できる&笑える邦画

基本情報

出演 橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、妻夫木聡、蒼井優
監督 山田洋次
公開 2012年
あらすじ 名匠・小津安二郎の「東京物語」(1953)にオマージュをささげた家族ドラマ。「東京物語」の舞台を現代に移し、老夫婦と子どもたちの姿を通じて、家族の絆と喪失、夫婦や親子、老いや死についての問いかけを描く。

予告編を見る

感想

明けましておめでとうございます。2月末になってやっと新年初映画館に行きました。 初映画は「東京家族」です。小津監督の「東京物語」のアナザーストーリーのようなおもむきに久々に映画で感動できました。そして、妻夫木聡の横でこっそりエキストラ出演しているあの大物も見逃しませんでした....。

続きを読む

スポンサーサイト
 

のぼうの城 / 根っこがしっかりでくのぼう

感動できる&笑える邦画

entry_img_249.jpg

基本情報

出演 野村萬斎、佐藤浩市、山口智充、成宮寛貴
監督 犬童一心、樋口真嗣
公開 2012年
あらすじ 天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。その城には領民からでくのぼうをやゆした“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親(野村萬斎)という城代がいた。

予告編を見る

感想

戦国歴史エンターテイメントという枕詞通りの超大作! 犬童一心監督がこんな壮大な歴史映画を撮るなんて、一流の街大工さんがゼネコントップになるみたいな変わり身でしょうか。いや違うか…

続きを読む

 

夢売るふたり / 夢ってぼやけた輪郭でしかない

考えさせられる邦画

entry_img_240.jpg

基本情報

出演 松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、木村多江、安藤玉恵、江原由夏
監督・脚本 西川美和
公開 2012年
あらすじ 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。店は小さいながらも順風満帆だったが、火事で全てを失ってしまう。ある日、貫也は常連客と一夜を共にし、すぐに里子の知るところとなるが、その体験から里子は女性達からの結婚詐欺で金をだまし取ることを考案する。

予告編を見る

感想

オリジナルの脚本で勝負できる数少ない人物である西川美和監督の作品という事だったので、 さっそく観に行きました。 西川監督と言えば、これまで「蛇いちご」「ゆれる」「ディアドクター」といった作品の中で、人間の根っこの部分にある奇妙な自意識をその巧みなストーリーと映像の中で表現していました。そして、今作の「夢売るふたり」でもその練り込まれた脚本の中に人間の奇妙で滑稽な自意識を描いています。

続きを読む

 

この空の花 長岡花火物語 / 映像の魔術師の最強魔法がここに

感動できる&笑える邦画

entry_img_236.jpg

基本情報

出演 松雪泰子、高嶋政宏、原田夏希、猪股南、寺島咲、筧利夫
監督・脚本・編集・撮影台本 大林宣彦
脚本 長谷川孝治
主題歌 久石譲
公開 2012年
あらすじ 新潟県長岡市に暮らす昔の恋人だった教師の片山から、生徒が創作した「まだ戦争には間に合う」という名の舞台と花火を見てほしいと手紙で伝えられた地方紙記者の玲子。その機会を生かし、彼女は東日本大震災の被災者を迅速に受け入れた同地の様子も見て回ることに。市内を旅する中で不思議な出来事と人々に次から次へと遭遇する玲子は、それらすべてが空襲や地震から立ち直ってきた長岡の歴史と密接にかかわってくることに気付く。やがて彼女の旅は、過去、現在、未来といった時間を超越したものへと変わっていく。

予告編を見る

感想

もうとにかくすごい映画。 映画監督ではなく映画作家という肩書きで活動する大林監督の面目躍如というか、これが大林監督が突き詰めようとしていた映像だったのか~と少し茫然とした。 個人的映画体験史上No.1かもしれない。この映画の感想は、「スゴイ!」とか「ワンダーすぎる!」といった感情的で曖昧な語り口でしか表現が出来ないのが悔しい。世の中がいかに語りやすい映画に溢れていたのかを痛感した。

続きを読む

 

ミスター・ノーバディ

考えさせられる洋画

entry_img_226.jpg
基本情報
出演
ジャレッド・レト、サラ・ポーリー、ダイアン・クルーガー
監督・脚本
ジャコ・ヴァン・ドルマル
公開
2011年
あらすじ
2092年、化学の進歩で人間は永遠の命を持つようになっている。そんな中、118歳のニモは唯一の命に限りある人間だった。誰も彼の過去を知る者はいない。彼は“ミスター・ノーバディ”なのだ。病院のベッドで死を目前にしたニモの脳裏に、さまざまな人生の局面、岐路、選択が次々にフラッシュバックする。

予告編を見る

感想

最先端の量子力学や一般相対性理論が導く「実在」の面白さを知ってからというもの、時間遡行や平行世界を題材とするSF映画を観る時の気構えが大きく変わりました。もう単なるフィクションとしてではなく、実際に存在しえるかもしれない物語として捉えてしまうのです。そして、そういった作品の映画監督や脚本家も天才的な物理学者達の描き出す理論に胸を躍らせて映像作品を創っていたんだろうなと想像すると勝手に楽しくなってきちゃいます。

そして、この「ミスター・ノーバディ」もまた最先端理論が導くであろう世界の捉え方を基に物語が展開されていきます。

続きを読む

 

バグダッド・カフェ 完全版 / これぞ発掘良品だね!

感動できる洋画

entry_img_224.jpg
基本情報
出演
マリアンネ・ゼーゲブレヒト 、CCH・パウンダー、ジャック・パランス、クリスティーネ・カウフマン、モニカ・カローン
監督・脚本
パーシー・アドロン
公開
1987年
あらすじ
ドイツはミュンヘン郊外、ローゼンハイムからの旅行者ジャスミンは、アメリカ旅行中に夫と喧嘩をし車を降りてしまう。彼女は重いトランクを提げて歩き続け、モハーヴェ砂漠の中にあるさびれたモーテル兼カフェ兼ガソリンスタンド「バグダッド・カフェ」にやっとの思いでたどり着く。いつも不機嫌な女主人のブレンダ他、変わり者ばかりが集う「バグダッド・カフェ」。いつも気だるいムードが漂う中、ジャスミンが現れてから皆の心は癒されはじめる。あの不機嫌なブレンダさえも。そして二人はいつしか離れがたい思いに結ばれていくのだが……。

予告編を見る

感想

ずっと観たいと思っていた映画、ようやく観れました。TSUTAYAの発掘良品カテゴリに入り、大量入荷してくれたおかげです。決定してくれた担当者の方ありがとうございます。とても尊いことをしてくれました。

続きを読む

 

戦火の馬 / 馬への手紙を書きました

感動できる洋画

基本情報
出演
ジェレミー・アーバイン、エミリー・ワトソン、デビッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストリュプ、トム・ヒドルストン
監督
スティーブン・スピルバーグ
原作
マイケル・モーパーゴ
脚本
リー・ホール、リチャード・カーティス
公開
2012年
あらすじ
1982年にイギリスで発表され、舞台化もされて成功を収めたマイケル・モーパーゴの小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化。第1次大戦下、農家の少年アルバートは毎日を共にしていた農耕馬のジョーイを軍馬として騎馬隊に売られてしまう。フランスの戦地に行くことになったジョーイを探すため、アルバートは徴兵年齢に満たないにもかかわらず入隊し、激戦下のフランスへと向かう。

予告編を見る

感想

馬が体現する高潔さ、愚直さ、誠実さ。
この姿を観て胸が熱くならないわけがない。
僕はこの映画の馬だけでなく、モデルとなったであろう現実世界の全ての馬達に謝辞を述べたいと思う。

続きを読む

 

映画「存在の耐えられない軽さ」

考えさせられる洋画

entry_img_218.jpg
基本情報
出演
ダニエル・デイ=ルイス、ジュリエット・ビノシュ、レナ・オリン
監督
フィリップ・カウフマン
脚本
ジャン=クロード・カリエール、フィリップ・カウフマン
原作
ミラン・クンデラ『l'Insoutenable légèreté de l'être』(The Unbearable Lightness of Being)
公開
1988年
概要
「ライトスタッフ」で一躍有名になったP・カウフマンが68年のチェコ動乱、いわゆる“プラハの春”を題材にして描いた超大作。若者の間に芽生えた民主化要求の波がソ連軍の軍事介入で圧殺されていく中、プレイボーイの医師と二人の女の青春が鮮烈に描かれる。古いニュース・フィルムと本編の画調を完璧に合わせるという離れ技を、ベルイマン作品で鳴らした名カメラマン、スヴェン・ニクヴィストが見事にやってのけている。
あらすじ
有能な脳外科医で女好きのトマシュは、画家のサビーナをはじめ多くの女性たちと自由な関係を楽しむ奔放な独身生活を謳歌していた。そんなある日、ウェイトレスのテレーザと出逢い、同棲生活を始めるトマシュ。それでも彼の女癖は相変わらずだった。ソ連の軍事介入により、ジュネーブへと逃れる2人。しかし、テレーザはトマシュの女癖に堪えられずプラハに戻ってしまう。彼女を追ってトマシュもプラハに戻るのだが…。

予告編を見る

感想

「存在の耐えられない軽さ」
何だこの重々しいタイトルはっ!とまず思いますよね。果たしてこの映画を観てこのタイトルが言わんとしている事を理解できるのだろうか、と非常に疑心暗鬼になる哲学的なタイトルです。しかし、物語は決して重々しいものではなく、男女の恋愛を通して、人間の生き方を再定義してくれる作品だと思います。

続きを読む

 

映画 アマデウス

悲しくなる洋画

entry_img_208.jpg
基本情報

出演
F・マーリー・エイブラハム, トム・ハルス, エリザベス・ベリッジ
監督
ミロス・フォアマン
脚本
ピーター・シェーファ
公開
1985年
あらすじ
1825年、オーストリアのウィーンで、1人の老人が自殺を図った。彼の名はアントニオ・サリエリ。かつて宮廷にその名をはせた音楽家である。そのサリエリが、天才モーツァルトとの出会いと、恐るべき陰謀を告白する。「モーツァルトは殺されたのでは…」。19世紀のヨーロッパに流れたこのミステリアスな噂をもとにしたピーター・シェーファーの戯曲を、完ぺきに映画化。第57回アカデミー作品賞ほか、全8部門を受賞した。
感想

音楽家を描いた映画でここまで面白い映画は他に存在するのでしょうか?
かなりエンターテイメントを志向した映画である事は間違いないのですが、映画の題材になるモーツァルトの人生が特殊だったからこその映画だとも言えます。モーツァルトに関する歴史的な真実がどうであるにせよ、にわかクラシックファンにとっては、冷めかけていたクラシック熱を再加熱させてくれた映画となりました。

続きを読む

 

Scent of woman

感動できる洋画

entry_img_207.jpg
基本情報
出演
アル・パチーノ、クリス・オドネル、ジェームズ・レブホーン、ガブリエル・アンウォー
監督
マーティン・ブレスト
公開
1992年
あらすじ
学生のチャーリーは、アルバイトで盲目の退役軍人フランク(アルパチーノ)の世話をすることになった。フランクは無理やりチャーリーをニューヨークの旅に同行させる。旅行中、チャーリーの心は浮かない。彼はある事件に巻き込まれ退学の危機に陥っていたのだ。そんな中、フランクはこの旅の最後に俺は自殺をすると平然と言い出した・・

予告編を見る

感想

良い映画に出会えました。 近頃は少し癖のある映画ばかり見ていたので、ギュッと感動出来る整った映画を観れて良かったです。

盲人を演じたアルパチーノの鬼気迫る演技、そして、その役柄から表される大人としての振る舞い方は男のバイブルといえるかもしれません。

続きを読む

 
Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。