えんためのぼやき


スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

The Muppets / ザ・マペッツ

笑える洋画

undefined

基本情報

出演 ジェイソン・シーゲル、エイミー・アダムス、クリス・クーパー、ラシダ・ジョーンズ
監督 ジェームズ・ボビン
脚本 ジェイソン・シーゲル、ニコラス・ストーラー
公開 2012年
あらすじ マペットショーが大好きなマペットのウォルターは、同じ町で育った人間のゲイリーと大の仲良し。そんなゲイリーにLA旅行に誘われたウォルターは、念願のマペットスタジオを訪れることに。しかし、その人気はすでに衰え、スタジオは廃墟のようになっていた。

予告編を見る

感想

日本だとマペットと言えば「セサミーストリート」が有名で、子供の頃、毎日TVから流れていた記憶がある。正直な話、当時からセサミーストリートはむちゃくちゃつまらない人形劇だなとずっと思っていた。色彩とかキャラづけは際立っていたけど、内容がひどくつまらないと感じていた。

続きを読む

スポンサーサイト
 

ミッドナイト・イン・パリ / おそらくウディ・アレン史上最高のロマンティックコメディ

笑える洋画

entry_img_230.jpg

基本情報

出演
キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン
監督・脚本
ウディ・アレン
公開
2012年
あらすじ
ハリウッドの売れっ子脚本家ギル、本当は小説を書きたいという自分の真意とは裏腹に、美しい婚約者イネズとの何不自由のない生活を捨て去ってまで小説の執筆には没頭できないでいた。そんな彼の婚前旅行は過去に多くの芸術家や文豪達に愛されたパリ。ギルの悩みとパリの華々しい過去がオーバーラップする時、彼は時を超え、自分が夢に描いていた夢想の都パリに辿りつくのだった。

予告編を見る

感想

面白い!ロマンティック・コメディといういまいちピンとこないジャンルを創り出したウディ・アレン。 この映画でようやくロマンティック・コメディというジャンルとはどういう映画なのかを知る事が出来た。

続きを読む

 

宇宙人ポール /本当のエイリアンは....!?

笑える洋画

entry_img_205.jpg

基本情報
出演
サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー、ブライス・ダナー、ジョン・キャロル・リンチ、シガニー・ウィーバー、セス・ローゲン
監督
グレッグ・モットーラ
脚本
サイモン・ペッグ、ニック・フロスト
公開
2011年
あらすじ
「未知との遭遇」「E.T.」など名作SFへのオマージュを散りばめながら、陽気な宇宙人のポールと冴えない青年コンビの珍道中を描くコメディ。SFオタクのイギリス人青年クライブとグレアムは、全米最大のコミックイベント、コミコンと米中西部のUFOスポットをめぐる旅を楽しんでいた。その途中、ネバダ州のエリア51を通りかかった2人は、ポールと名乗る本物の宇宙人と遭遇。ポールを故郷に帰すため奮闘することになる。

予告編を見る

感想

コラムニストの町山智浩さんが2011年のNo.1に選んだ映画『宇宙人ポール』
僕はわかっていました。こういう前評判の良い作品ほど期待し過ぎてはいけない事を!

期待値と現実との差の大小が作品の評価を狂わせてきた経験をいくつもしてきたからです。

この作品もきっと例外ではないはずだ、そう直感したので過度の期待を拭い去って鑑賞しました。
そして、結果的に年明け劇場鑑賞の初大笑いをさせていただきました!

宇宙人と逃避行するという設定が面白いのは当然ですが、それだけでなくオタクイギリス人とイケイケ宇宙人の掛け合いが所々で笑わせてくれました。この映画では常に笑の法則『緊張の緩和』が働いていて割りと日本的な笑いに近いような?気がします。
誰が観ても楽しめるので是非ご覧ください!

以下にアホみたいに真面目にエイリアン・ポールについて考えた事を書きます。ネタバレしているので注意して下さい。

続きを読む

 

映画 エリックを探して

笑える洋画

基本情報
出演
スティーヴ・エヴェッツ
監督
ケン・ローチ
脚本
ポール・ラヴァーティ
公開
2010年
あらすじ
郵便局員のエリックは、出て行った2度目の妻の連れ子のライアンとジェスと3人で暮らしている。ある日、パニック障害の発作を起こしたエリックは、交通事故を起こす。元気の無いエリックを局員たちが励ますが、エリックの気分は晴れない。その夜、エリックが部屋に貼られたサッカー選手エリック・カントナのポスターに愚痴をこぼしていると、突然、部屋にカントナが現れた。カントナはエリックに前向きに生きていくよう諭していく。

予告編を見る

感想

良い映画です。 この作品は巨匠ケンローチ監督のコメディ映画ですが、 コメディとはいうもののヒューマンドラマでもあります。

ダメダメな中年オヤジのエリックが前妻への未練や反抗期な息子達に悩んでいると、突如として尊敬するマンUのサッカー選手カントナが現れて、彼に前に進む勇気を与えてくれる。※注意;カントナは幻覚である。

正直なところカントナの事知りませんでしたが、どうやらマンUのスター選手でベッカムやクリスティアーノ・ロナウドの先輩に当たる人だそうです。

コメディとしての見どころは、息子を守るためにギャングに立ち向かうおっさん達の蜂起です。 ドラマとしての見どころは、ラストシーンで家族達が笑い合っているところです。 主人公のエリックが終始不幸な雰囲気を出しているから、最後にハッピーになってくれて凄いほっこりします。

そして、この映画からはケンローチ監督のサッカーへの想いが感じ取れます。 人々がサッカーに熱狂する理由、それは困難を打開していく力を感じることが出来るからだと思います。 人々は各々の人生にサッカーを投影して、ゴール(目標)を目指して走り続けるのです。 サッカー観戦の90分間というのは縮尺した人生を見ているようなものです。 ゴールと言うワードが「目標」を意味していることも何か感慨深いものを感じます。 ケンローチ監督もきっとサッカーに勇気づけられた一人なのだと思います。

続きを読む

 

映画 ヘアスプレー

笑える洋画



キャスト:ジョン・トラボルタ、ニッキー・ブロンスキー、アマンダ・バインズ
監督:アダム・シャンクマン

ジョン・ウォーターズ監督が88年に発表した青春映画「ヘアスプレー」は、02年にブロードウェイでミュージカル化され、トニー賞8部門を受賞した。そのミュージカルをジョン・トラボルタ、クリストファー・ウォーケンら豪華キャストで映画化。60年代ボルチモア、人気TV番組「コーニー・コリンズ・ショー」に憧れる、ちょっと太めの女子高生トレーシーは、番組レギュラーメンバーのオーディションが開催されると知り、喜び勇んで挑戦するが……。

最高に楽しくなれる映画でした。
ミュージカル映画はあまり見たことが無かったですが、これはとても良い映画だと思います。
人種の違いも体型の違いも、歌とダンスで吹き飛ばしてしまうところがとっても爽快です。

ダンスも60年代ならではのもので、ストリートやジャズとかの萌芽を感じさせてくれました。

抑圧と抵抗の歴史があったからこそ、すばらしい音楽・ダンスが生まれたのですね。
何回でも見れる映画です。
 

映画 「KICK ASS」 

笑える洋画



出演: アーロン・ジョンソン, クロエ・グレース・モレッツ, クリストファー・ミンツ=プラッセ, ニコラス・ケイジ
監督: マシュー・ヴォーン
NYに住むデイヴ(アーロン・ジョンソン)は、コミックオタクでスーパーヒーローに憧れる平凡な高校生。ある日、インターネットで買った自前のスーツとマスクを身に付け、自分もDIYヒーローとして街で活動を開始する。何の特殊能力も武器も持たない彼は、初出動であっさり犯罪者にやられてしまうが、懲りずにパトロールを再開。その時の活動の動画が見物人によって撮られ、やがて“キック・アス(Kick-Ass)”の名で街中に知られるようになる。だが、街のパトロールをしていたのは彼だけではなかった。キック・アスは高度な訓練を受けた父娘デュオ、“ヒット・ガール”(クロエ・グレース・モレッツ)と“ビッグ・ダディ”(ニコラス・ケイジ)に出会い、街の犯罪帝国を仕切るフランク・ダミコを倒すため共に戦うことを決意する……。

最初はグダグダな感じで始まり、後半一気に緊張感が増してきました。

この映画はただただ面白くて、残虐ですが
ひとつのテーマとして「大いなる力を持つ者は、大いなる責任を持つ」とは反対に
「大いなる力を持たない者は、責任を負わないのか?」という一般ピープルにはハッとさせられるフレーズがあります。ヒーローというのは正義とか善意の象徴で、特殊な能力なんか無くても、パッションさえあれば市民全員がヒーローになれるんだ!!という意気込みが感じられます。
しかし、本当に力を持っていたヒットガールは母親や父親の復讐の為に殺しまくっていたことを考えると、本物のヒーローとして強くなるには孤独が必要になるのかもしれません。

キック・アス2も製作中だそうなので、ヒットガールの成長が楽しみです。

 

サンキュー・スモーキング ~話術で世間を煙に巻く~ 

考えさせられる洋画



<キャスト&スタッフ>
ニック…アーロン・エッカート
ポリー…マリア・ベロ
ジョーイ…キャメロン・ブライト
ヘザー…ケイト・ホームズ

監督・脚本:ジェイソン・ライトマン
原作:クリストファー・バックリー
製作:デイビッド・サックス

今や公共の敵となっている“タバコ”をめぐり、タバコ業界、政界、マスコミといったさまざまな立場の人間が火花を散らす社会派エンターテイメント!厳しさを増すタバコへの攻撃をかわすため、タバコ業界のPRマンとして連日マスコミの矢面に立って戦い続けていたニック・ネイラー。PRのため「映画の中でスターにタバコを吸わせよう」と提案し、ロサンゼルスに向かったニックは、順調にプロジェクトをこなしていくのだったが…。


渋谷ツタヤで行っている発掘良品のコーナーにあったので、借りて観ました。
予想以上に面白かったです。
タバコ業界を後ろ盾にお給料をもらうタバコアカデミーのスポークスマンを主人公にして、
ブラックに物語が進んでいくあたりがアメリカのユーモアを感じます。

タバコによって発がんリスクは高まり、その他にも様々な害悪を与えることは周知の事実です。
そんな中で、タバコ産業を活性化させ、タバコを宣伝する人間はもはや社会の敵と言って良いでしょう。
しかし、主人公のニックは巧みな話術と戦略で職務を全うします。

どんな議論の場でも一つだけ共通して言えることがあります。

否定することは「簡単」、しかし肯定することはとても「難しい」ということです。

タバコにおいても状況は同じです。
タバコ否定派というのは熟考するまでもなくタバコをズタズタに否定できます。
対して、タバコ肯定派はどんなに考えても勝算は無いように見えます。

ニックはこの状況を話術で乗り越え、タバコ否定派を煙に巻くのです。

ではニックの話に何故それほどの説得力があるのでしょうか?

それは彼自身がずっと一貫した立場をとり続けているからなんだと思います。

簡単なことのようですが、これはとても根気のいることです。
一貫性を維持し続けることは、しばしば自分のホントの利益とは明らかに反するような行動に私たちを駆り立てます。しかも、一貫している人のほうが、いちいち立場を変える人よりも人格的にも知的にも優れていると考えられるのが普通です。

一貫しているという事は時に真実を語るよりも人から信じられるのですね。

ちなみにこの一貫性の話は「影響力の武器」という本からの受け売りです。

とにもかくにもこの映画観る価値ありです。



影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
ロバート・B・チャルディーニ
誠信書房


 

家族ゲーム

考えさせられる邦画

家族ゲーム [DVD]
家族ゲーム [DVD]
posted with amazlet at 10.03.26
ジェネオン エンタテインメント (2008-01-25)



監督/森田芳光
CAST/松田優作、伊丹十三、由紀さおり、宮川一朗太、辻田順一

息子の高校受験のためにと雇った風変わりな家庭教師がやって来たことで一家に巻き起こる騒動を描いた傑作ホーム・コメディ。「の・ようなもの」の森田芳光監督が、現代家庭の抱える問題をシュールなタッチでユーモラスに描く。横一列に並んでの食事シーンなど斬新な表現手法が話題を呼んだ。出来のいい兄とは反対に、問題児の中学3年の弟・沼田茂之。高校受験を控えて、家庭教師としてやって来たのは三流大学の7年生でなぜか植物図鑑を持ち歩く吉本勝という奇妙な男だった……。

今まで見たことのない衝撃的な作品でした。
家族団欒のシーンを一列のテーブルで表現することによって
その当時の「家族」にある心の距離感、正面に立ってコミュニケーションを
とろうとしないといった現象を表しているのでしょう。
その時代だったからこそリアルで露骨すぎるその演出が反響を呼んだのだと思います。

家族がそれぞれ平静を装いながら、生活し、会話しているという欺瞞に満ちたその日常が
はたから観たらまるでなにかを賭けてゲームをしているように見える。それがこの家族ゲームというタイトルの由来なのかなぁと思いました。
一列で食事シーンはドラクエで仲間を引き連れて歩くシーンの様にも思いました。

なにより印象的なのは松田優作演じる家庭教師吉本の不気味さです。
吉本は最後に形骸化した家族を真顔でぶち壊す。
それが面白くて奇妙で気持ちいい

「せっかく息子の受験を成功させてストーリーを進めてやったのに
クソみてぇな家族のままだからもうこのゲームリセットしちまおう」
的なことのように思います。

ただ、吉本自身が絶対的なイデオロギーを持った人でなく、
その時代が生み出した怪物のような人間だから観てる方は
何が正しくて何が答えなのかわからないんです。
吉本は悪魔なのか聖者なのか。

松田優作の作品は初めてみましたが、すごいですね
こういう宇宙人みたいな役ってすごい演じるの難しいと思うんですが、
見事だとおもいました。

どう感じるかは別として観てみてほしい作品です。

 

インスタント沼

感動できる&笑える邦画

entry_img_9.jpg
基本情報
出演
麻生久美子、風間杜夫、加瀬亮、松坂慶子
監督・脚本
三木聡
公開
2009年
あらすじ
♪♪♪“ジリ貧OL”に訪れた奇跡の物語♪♪♪意地の重さで沈んでいる自分に気づいたジリ貧OLハナメ(麻生久美子)。行方不明の父親を捜しに行くがそこにいたのはヘンテコな骨董屋の「電球」(風間杜夫)だった。「困った時は水道の蛇口をひねるといい」という電球の奇妙なアドバイスをきっかけに人生の調子を取り戻す。さあ、水道の蛇口をひねれ?! 想像できない驚異の展開が待っている!

予告編を見る

感想


ぶっ飛んだ映画です!!
麻生久美子面白いよね。映画「たみおのしあわせ」とか「おとなり」とかの印象とは全然違って
ウルトラスーパーアンリミテッドに変な奴を演じていました。
いちいちセリフとかが面白い、でも割と滑ってる。でも、麻生久美子だから可愛いし、映画になるのです。

「とにかく、水道の蛇口をひねれ!そしてしょうもない日常を洗い流すのだ~」
このセリフが一番好きですね
別に深くもなく、うまいこと言っているわけじゃないけど爽快感があります。

泥沼人生から抜けてなんとか陸地にはい出ても本当の答えは沼の中にあるのかも
いざそのことに気がついて沼を探そうとしても、沼は干上がってた。
じゃあ、インスタント沼で沼をよみがえらせよう!!

みたいな感じで心のなかで映画の印象をまとめました。
 
Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。