えんためのぼやき


スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

アルゴ / 悲劇的に準備して、超悲劇的に対処せよ!

考えさせられる洋画

entry_img_243.jpg

基本情報

出演 ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェ、カイル・チャンドラー、ロリー・コクレイン、クリストファー・デナム
監督 ベン・アフレック
公開 2012年
あらすじ 1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートとして名をはせるCIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、彼らを混乱するテヘランから救出する作戦を立案する。しかし、それは前代未聞で大胆不敵、そして無数の危険が伴うものだった……。

予告編を見る

感想

抜群の緊張感と実話という説得力によって、コブラツイストを食らったようなちょうどいい身悶え感のある映画でした。

続きを読む

スポンサーサイト
 

The Muppets / ザ・マペッツ

笑える洋画

undefined

基本情報

出演 ジェイソン・シーゲル、エイミー・アダムス、クリス・クーパー、ラシダ・ジョーンズ
監督 ジェームズ・ボビン
脚本 ジェイソン・シーゲル、ニコラス・ストーラー
公開 2012年
あらすじ マペットショーが大好きなマペットのウォルターは、同じ町で育った人間のゲイリーと大の仲良し。そんなゲイリーにLA旅行に誘われたウォルターは、念願のマペットスタジオを訪れることに。しかし、その人気はすでに衰え、スタジオは廃墟のようになっていた。

予告編を見る

感想

日本だとマペットと言えば「セサミーストリート」が有名で、子供の頃、毎日TVから流れていた記憶がある。正直な話、当時からセサミーストリートはむちゃくちゃつまらない人形劇だなとずっと思っていた。色彩とかキャラづけは際立っていたけど、内容がひどくつまらないと感じていた。

続きを読む

 

ハリウッドが贈るソーシャルフィルムがなうい!

動画

既に面白い!というよりかは面白いものになってほしい!という期待感の方が強いですが、インテルと東芝がスポンサーとなって行っている「The Beauty Inside」という映画が今なういです。 映画といってもYouTube動画での1話6~10分程のドラマ形式で日本語字幕も付いているので、気軽に観る事の出来るものになっています。

続きを読む

 

「ジョーズ」から始まった魚介系パニック映画市場を俯瞰してみる~sponsored video~

怖くなる洋画

ジョーズのブルーレイDVD発売記念という事で記事を書きたいと思います。

ジョーズ以降、サメ系映画というジャンルが確立され、数え切れないほどのサメ映画が誕生しました。 また、大作のエイリアン物や海獣映画などもジョーズの影響を色濃く受けている事と思います。 2011年になってもピラニア3D、ビーチ・シャーク、2012年にはシャークナイトという魚介系パニック映画が製作されており、アメリカの映画産業っていつまでたってもパイプ詰まりを起こさずに毎年流動しているなぁと感慨深くなりますね。

動画は記事下にあります。

続きを読む

 

ミッドナイト・イン・パリ / おそらくウディ・アレン史上最高のロマンティックコメディ

笑える洋画

entry_img_230.jpg

基本情報

出演
キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン
監督・脚本
ウディ・アレン
公開
2012年
あらすじ
ハリウッドの売れっ子脚本家ギル、本当は小説を書きたいという自分の真意とは裏腹に、美しい婚約者イネズとの何不自由のない生活を捨て去ってまで小説の執筆には没頭できないでいた。そんな彼の婚前旅行は過去に多くの芸術家や文豪達に愛されたパリ。ギルの悩みとパリの華々しい過去がオーバーラップする時、彼は時を超え、自分が夢に描いていた夢想の都パリに辿りつくのだった。

予告編を見る

感想

面白い!ロマンティック・コメディといういまいちピンとこないジャンルを創り出したウディ・アレン。 この映画でようやくロマンティック・コメディというジャンルとはどういう映画なのかを知る事が出来た。

続きを読む

 

戦火の馬 / 馬への手紙を書きました

感動できる洋画

基本情報
出演
ジェレミー・アーバイン、エミリー・ワトソン、デビッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストリュプ、トム・ヒドルストン
監督
スティーブン・スピルバーグ
原作
マイケル・モーパーゴ
脚本
リー・ホール、リチャード・カーティス
公開
2012年
あらすじ
1982年にイギリスで発表され、舞台化もされて成功を収めたマイケル・モーパーゴの小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化。第1次大戦下、農家の少年アルバートは毎日を共にしていた農耕馬のジョーイを軍馬として騎馬隊に売られてしまう。フランスの戦地に行くことになったジョーイを探すため、アルバートは徴兵年齢に満たないにもかかわらず入隊し、激戦下のフランスへと向かう。

予告編を見る

感想

馬が体現する高潔さ、愚直さ、誠実さ。
この姿を観て胸が熱くならないわけがない。
僕はこの映画の馬だけでなく、モデルとなったであろう現実世界の全ての馬達に謝辞を述べたいと思う。

続きを読む

 

映画「存在の耐えられない軽さ」

考えさせられる洋画

entry_img_218.jpg
基本情報
出演
ダニエル・デイ=ルイス、ジュリエット・ビノシュ、レナ・オリン
監督
フィリップ・カウフマン
脚本
ジャン=クロード・カリエール、フィリップ・カウフマン
原作
ミラン・クンデラ『l'Insoutenable légèreté de l'être』(The Unbearable Lightness of Being)
公開
1988年
概要
「ライトスタッフ」で一躍有名になったP・カウフマンが68年のチェコ動乱、いわゆる“プラハの春”を題材にして描いた超大作。若者の間に芽生えた民主化要求の波がソ連軍の軍事介入で圧殺されていく中、プレイボーイの医師と二人の女の青春が鮮烈に描かれる。古いニュース・フィルムと本編の画調を完璧に合わせるという離れ技を、ベルイマン作品で鳴らした名カメラマン、スヴェン・ニクヴィストが見事にやってのけている。
あらすじ
有能な脳外科医で女好きのトマシュは、画家のサビーナをはじめ多くの女性たちと自由な関係を楽しむ奔放な独身生活を謳歌していた。そんなある日、ウェイトレスのテレーザと出逢い、同棲生活を始めるトマシュ。それでも彼の女癖は相変わらずだった。ソ連の軍事介入により、ジュネーブへと逃れる2人。しかし、テレーザはトマシュの女癖に堪えられずプラハに戻ってしまう。彼女を追ってトマシュもプラハに戻るのだが…。

予告編を見る

感想

「存在の耐えられない軽さ」
何だこの重々しいタイトルはっ!とまず思いますよね。果たしてこの映画を観てこのタイトルが言わんとしている事を理解できるのだろうか、と非常に疑心暗鬼になる哲学的なタイトルです。しかし、物語は決して重々しいものではなく、男女の恋愛を通して、人間の生き方を再定義してくれる作品だと思います。

続きを読む

 

The Mist ~霧が狂わせる決断~

怖くなる洋画

entry_img_216.jpg
基本情報
出演
トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローリー・ホールデン
監督・脚本
フランク・ダラボン
原作
スティーヴン・キング『霧』
公開
2008年
あらすじ
激しい嵐が過ぎ去った町に不気味な深い霧が立ち込め、住民たちは身動きが取れなくなってしまう。やがて霧の中に潜んだ正体不明の生物が彼らを襲いはじめ……。原作とは異なる衝撃のラストが全米公開時に大きな話題を呼んだ。

予告編を見る

感想

マイケルダラボンは最高峰のSF作品監督だと思う。この監督の場合はどうしても「グリーンマイル」や「ショーシャンクの空に」が代表作として名前が挙がるけど、これらの感動作品の方がむしろイレギュラーで、ホラーやSFがお家芸だったようだ。もちろん、スティーブン・キング原作という点では一貫しているのだけれども、凄い尊敬してる人がとんでもなく変態だったみたいな筆舌に尽くし難い裏切りをくらった。それでもグリーンマイルとは状況や雰囲気は異なれどその本質は同じだったように思う。

それにしても、なぜこんなにも人間の極限を描けるのか?それも単なる奇異な状況の中の恐怖じゃない。人間が極限の中で選び取る決断の恐怖だ。

続きを読む

 

映画 アマデウス

悲しくなる洋画

entry_img_208.jpg
基本情報

出演
F・マーリー・エイブラハム, トム・ハルス, エリザベス・ベリッジ
監督
ミロス・フォアマン
脚本
ピーター・シェーファ
公開
1985年
あらすじ
1825年、オーストリアのウィーンで、1人の老人が自殺を図った。彼の名はアントニオ・サリエリ。かつて宮廷にその名をはせた音楽家である。そのサリエリが、天才モーツァルトとの出会いと、恐るべき陰謀を告白する。「モーツァルトは殺されたのでは…」。19世紀のヨーロッパに流れたこのミステリアスな噂をもとにしたピーター・シェーファーの戯曲を、完ぺきに映画化。第57回アカデミー作品賞ほか、全8部門を受賞した。
感想

音楽家を描いた映画でここまで面白い映画は他に存在するのでしょうか?
かなりエンターテイメントを志向した映画である事は間違いないのですが、映画の題材になるモーツァルトの人生が特殊だったからこその映画だとも言えます。モーツァルトに関する歴史的な真実がどうであるにせよ、にわかクラシックファンにとっては、冷めかけていたクラシック熱を再加熱させてくれた映画となりました。

続きを読む

 

Scent of woman

感動できる洋画

entry_img_207.jpg
基本情報
出演
アル・パチーノ、クリス・オドネル、ジェームズ・レブホーン、ガブリエル・アンウォー
監督
マーティン・ブレスト
公開
1992年
あらすじ
学生のチャーリーは、アルバイトで盲目の退役軍人フランク(アルパチーノ)の世話をすることになった。フランクは無理やりチャーリーをニューヨークの旅に同行させる。旅行中、チャーリーの心は浮かない。彼はある事件に巻き込まれ退学の危機に陥っていたのだ。そんな中、フランクはこの旅の最後に俺は自殺をすると平然と言い出した・・

予告編を見る

感想

良い映画に出会えました。 近頃は少し癖のある映画ばかり見ていたので、ギュッと感動出来る整った映画を観れて良かったです。

盲人を演じたアルパチーノの鬼気迫る演技、そして、その役柄から表される大人としての振る舞い方は男のバイブルといえるかもしれません。

続きを読む

 
Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。