えんためのぼやき


スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

東京家族

感動できる&笑える邦画

基本情報

出演 橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、妻夫木聡、蒼井優
監督 山田洋次
公開 2012年
あらすじ 名匠・小津安二郎の「東京物語」(1953)にオマージュをささげた家族ドラマ。「東京物語」の舞台を現代に移し、老夫婦と子どもたちの姿を通じて、家族の絆と喪失、夫婦や親子、老いや死についての問いかけを描く。

予告編を見る

感想

明けましておめでとうございます。2月末になってやっと新年初映画館に行きました。 初映画は「東京家族」です。小津監督の「東京物語」のアナザーストーリーのようなおもむきに久々に映画で感動できました。そして、妻夫木聡の横でこっそりエキストラ出演しているあの大物も見逃しませんでした....。

続きを読む

スポンサーサイト
 

のぼうの城 / 根っこがしっかりでくのぼう

感動できる&笑える邦画

entry_img_249.jpg

基本情報

出演 野村萬斎、佐藤浩市、山口智充、成宮寛貴
監督 犬童一心、樋口真嗣
公開 2012年
あらすじ 天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。その城には領民からでくのぼうをやゆした“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親(野村萬斎)という城代がいた。

予告編を見る

感想

戦国歴史エンターテイメントという枕詞通りの超大作! 犬童一心監督がこんな壮大な歴史映画を撮るなんて、一流の街大工さんがゼネコントップになるみたいな変わり身でしょうか。いや違うか…

続きを読む

 

アウトレイジ ビヨンド / おい、大友!

怖くなる邦画

entry_img_248.jpg

基本情報

出演 ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、松重豊、小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾彬、神山繁
監督 北野武
公開 2012年
あらすじ 関東最大の暴力団組織・山王会の抗争から5年。関東の頂点を極め、政治の世界に進出するなど過剰に勢力拡大を進める山王会に対し、組織の壊滅を図る警察が動き始める。関西の雄ともいえる花菱会に目をつけた警察は、表向きは友好関係を保っている東西の巨大暴力団組織を対立させようと陰謀を企てる。そんななか、以前の抗争中に獄中死したはずのヤクザ・大友が生きていたという事実が持ち出され、突然出所を告げられる。

予告編を見る

感想

こんなもんよく撮れたな、この野郎…、少しぐらいシラけさせろや。

続きを読む

 

アルゴ / 悲劇的に準備して、超悲劇的に対処せよ!

考えさせられる洋画

entry_img_243.jpg

基本情報

出演 ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェ、カイル・チャンドラー、ロリー・コクレイン、クリストファー・デナム
監督 ベン・アフレック
公開 2012年
あらすじ 1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートとして名をはせるCIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、彼らを混乱するテヘランから救出する作戦を立案する。しかし、それは前代未聞で大胆不敵、そして無数の危険が伴うものだった……。

予告編を見る

感想

抜群の緊張感と実話という説得力によって、コブラツイストを食らったようなちょうどいい身悶え感のある映画でした。

続きを読む

 

映画「ライフ・イズ・デッド」 / ゾンビの世界だからって心まで腐らなくていいじゃないか!

感動できる&笑える邦画

entry_img_243.jpg

基本情報

出演 荒井敦史、ヒガリノ、川村亮介、阿久津愼太郎、しほの涼、永岡卓也、中島愛里、円城寺あや、小林すすむ
監督・脚本 菱沼康介
原作 古泉智浩
公開 2012年
あらすじ 段階を経てゾンビ化し、レベル5に達すると心臓も思考も止まりはいかいするアンデッド・ウイルス「UDV」。そんな奇病が世界にまん延し、日本の高校生・赤星逝雄(荒井敦史)も卒業間際で感染してしまうのだった。

予告編を見る

感想

すごい面白い。 何の気なしに日本発ゾンビ作品を観てみようと思って観たら、こんなに面白い作品があったとは。 2012年公開だなんて知らなかった。 自分にまでこの映画のプロモーションが届いていなかったのがなんとも悲しいことです。

続きを読む

 

この空の花 長岡花火物語 / 映像の魔術師の最強魔法がここに

感動できる&笑える邦画

entry_img_236.jpg

基本情報

出演 松雪泰子、高嶋政宏、原田夏希、猪股南、寺島咲、筧利夫
監督・脚本・編集・撮影台本 大林宣彦
脚本 長谷川孝治
主題歌 久石譲
公開 2012年
あらすじ 新潟県長岡市に暮らす昔の恋人だった教師の片山から、生徒が創作した「まだ戦争には間に合う」という名の舞台と花火を見てほしいと手紙で伝えられた地方紙記者の玲子。その機会を生かし、彼女は東日本大震災の被災者を迅速に受け入れた同地の様子も見て回ることに。市内を旅する中で不思議な出来事と人々に次から次へと遭遇する玲子は、それらすべてが空襲や地震から立ち直ってきた長岡の歴史と密接にかかわってくることに気付く。やがて彼女の旅は、過去、現在、未来といった時間を超越したものへと変わっていく。

予告編を見る

感想

もうとにかくすごい映画。 映画監督ではなく映画作家という肩書きで活動する大林監督の面目躍如というか、これが大林監督が突き詰めようとしていた映像だったのか~と少し茫然とした。 個人的映画体験史上No.1かもしれない。この映画の感想は、「スゴイ!」とか「ワンダーすぎる!」といった感情的で曖昧な語り口でしか表現が出来ないのが悔しい。世の中がいかに語りやすい映画に溢れていたのかを痛感した。

続きを読む

 

ミッドナイト・イン・パリ / おそらくウディ・アレン史上最高のロマンティックコメディ

笑える洋画

entry_img_230.jpg

基本情報

出演
キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン
監督・脚本
ウディ・アレン
公開
2012年
あらすじ
ハリウッドの売れっ子脚本家ギル、本当は小説を書きたいという自分の真意とは裏腹に、美しい婚約者イネズとの何不自由のない生活を捨て去ってまで小説の執筆には没頭できないでいた。そんな彼の婚前旅行は過去に多くの芸術家や文豪達に愛されたパリ。ギルの悩みとパリの華々しい過去がオーバーラップする時、彼は時を超え、自分が夢に描いていた夢想の都パリに辿りつくのだった。

予告編を見る

感想

面白い!ロマンティック・コメディといういまいちピンとこないジャンルを創り出したウディ・アレン。 この映画でようやくロマンティック・コメディというジャンルとはどういう映画なのかを知る事が出来た。

続きを読む

 

バグダッド・カフェ 完全版 / これぞ発掘良品だね!

感動できる洋画

entry_img_224.jpg
基本情報
出演
マリアンネ・ゼーゲブレヒト 、CCH・パウンダー、ジャック・パランス、クリスティーネ・カウフマン、モニカ・カローン
監督・脚本
パーシー・アドロン
公開
1987年
あらすじ
ドイツはミュンヘン郊外、ローゼンハイムからの旅行者ジャスミンは、アメリカ旅行中に夫と喧嘩をし車を降りてしまう。彼女は重いトランクを提げて歩き続け、モハーヴェ砂漠の中にあるさびれたモーテル兼カフェ兼ガソリンスタンド「バグダッド・カフェ」にやっとの思いでたどり着く。いつも不機嫌な女主人のブレンダ他、変わり者ばかりが集う「バグダッド・カフェ」。いつも気だるいムードが漂う中、ジャスミンが現れてから皆の心は癒されはじめる。あの不機嫌なブレンダさえも。そして二人はいつしか離れがたい思いに結ばれていくのだが……。

予告編を見る

感想

ずっと観たいと思っていた映画、ようやく観れました。TSUTAYAの発掘良品カテゴリに入り、大量入荷してくれたおかげです。決定してくれた担当者の方ありがとうございます。とても尊いことをしてくれました。

続きを読む

 

戦火の馬 / 馬への手紙を書きました

感動できる洋画

基本情報
出演
ジェレミー・アーバイン、エミリー・ワトソン、デビッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストリュプ、トム・ヒドルストン
監督
スティーブン・スピルバーグ
原作
マイケル・モーパーゴ
脚本
リー・ホール、リチャード・カーティス
公開
2012年
あらすじ
1982年にイギリスで発表され、舞台化もされて成功を収めたマイケル・モーパーゴの小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化。第1次大戦下、農家の少年アルバートは毎日を共にしていた農耕馬のジョーイを軍馬として騎馬隊に売られてしまう。フランスの戦地に行くことになったジョーイを探すため、アルバートは徴兵年齢に満たないにもかかわらず入隊し、激戦下のフランスへと向かう。

予告編を見る

感想

馬が体現する高潔さ、愚直さ、誠実さ。
この姿を観て胸が熱くならないわけがない。
僕はこの映画の馬だけでなく、モデルとなったであろう現実世界の全ての馬達に謝辞を述べたいと思う。

続きを読む

 

The Mist ~霧が狂わせる決断~

怖くなる洋画

entry_img_216.jpg
基本情報
出演
トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローリー・ホールデン
監督・脚本
フランク・ダラボン
原作
スティーヴン・キング『霧』
公開
2008年
あらすじ
激しい嵐が過ぎ去った町に不気味な深い霧が立ち込め、住民たちは身動きが取れなくなってしまう。やがて霧の中に潜んだ正体不明の生物が彼らを襲いはじめ……。原作とは異なる衝撃のラストが全米公開時に大きな話題を呼んだ。

予告編を見る

感想

マイケルダラボンは最高峰のSF作品監督だと思う。この監督の場合はどうしても「グリーンマイル」や「ショーシャンクの空に」が代表作として名前が挙がるけど、これらの感動作品の方がむしろイレギュラーで、ホラーやSFがお家芸だったようだ。もちろん、スティーブン・キング原作という点では一貫しているのだけれども、凄い尊敬してる人がとんでもなく変態だったみたいな筆舌に尽くし難い裏切りをくらった。それでもグリーンマイルとは状況や雰囲気は異なれどその本質は同じだったように思う。

それにしても、なぜこんなにも人間の極限を描けるのか?それも単なる奇異な状況の中の恐怖じゃない。人間が極限の中で選び取る決断の恐怖だ。

続きを読む

 
Recent Entry

ジャンル別検索

Menu

おすすめタグ別カテゴリ

Response
Comments<>+-
Trackback <> + -
Link
おすすめブログ!!
映画情報サイト
ブログリンク集
BlogTool
  • にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
  • にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。